公開日:2013/5/21 最終更新日:2020/09/11
  • 25

手動コーヒーミルの選び方【おすすめと比較】

手動コーヒーミルの選び方【おすすめと比較】
コーヒーミルには、手で回してコーヒー豆を挽く手動コーヒーミルと電動で挽く電動コーヒーミルの2つがある。

それぞれメリット・デメリットがあるけれど、
今回は「手動ミルがほしい!」と思った時の選ぶポイントを紹介しようと思う。

そして、私がおすすめする手動ミルも合わせて紹介、比較しておく。

手動ミルの選び方

手動コーヒーミル
  1. 『良い手動ミル』とは何か
  2. 手動ミルの性能の違い
  3. 手動ミルの使い勝手とデザイン
  4. 用途によって選ぶ
  5. 手動ミルのおすすめ

『良い手動ミル』とは何か

手動コーヒーミル
手動コーヒーミルを選ぶ時、コーヒーの『』への影響として一番重視すべき点粒の均一性だ。


粒の均一性というのは挽いたコーヒー粉の粒の大きさがどれだけ揃っているのかということ。
なので、コーヒー豆をどれほど均一な粒度で粉にできるかということがコーヒーミルにとっては重要視される。

一般的にコーヒー粉の粒度が均一であるほど、雑味のない美味しいコーヒーが抽出できると言われている。
というのも、コーヒーは挽いた小さなコーヒー粉1粒の中にも、様々な味の成分が含まれている

そのため、粒の大きさが違うと、抽出される成分が均一にならないのだ。


例えば、大きめの粒から抽出されたコーヒーは美味しいコーヒーでも、
小さく挽かれたコーヒー粉からは抽出されすぎてエグみが出てしまうかもしれない。


なので、性能だけ見れば、良いコーヒーミルとは『粒を均一に挽けるコーヒーミル』ということで間違いない。


そして、性能以外では『デザイン』と『使い勝手』の2つが挙げられると思う。

特にこの『使い勝手』の部分も重要なポイントだ。

どんなに高性能でも使いやすいと感じるポイントは人それぞれ違うし、
さらに、用途によっても選ぶコーヒーミルは変わってくる。
アウトドアや旅行に持っていくなら、軽くて丈夫なミルがいいしね。

手動ミルの性能の違い

手動コーヒーミル
例えばamazonで『手動コーヒーミル』と検索してみると様々な手動ミルが表示されると思う。
デザイン、大きさなどはもちろん、価格も数千円のものから3万円を超えるものまである。

どうしてそんなに価格が違うのか?』と不思議に思ったことはないだろうか。

もちろん高ければいいというものではないし、コーヒーミルにかけれる価格も人それぞれ違うと思う。
デザインで選ぶもよし、価格で選ぶもよし、性能で選ぶもよし、用途で選ぶのももちろんよし。
ただ、3万円を超えるようなミルは『どうしてそんなに高いのか』を知っていると
コーヒーミルを選ぶ際に大いに役に立つと思うので、合わせてその理由を紹介できたらと思う。
まず、コーヒーミルを選ぶ際、性能において重視すべきポイントは『ミル刃』と『構造』だ。

ミル刃の種類と比較

まずはミル刃について説明する。

ミル刃には、セラミック製のものと金属製のものの2種類ある。
ミル刃の材質(セラミック・金属)
ミル刃の材質(セラミック・金属)
金属製のミル刃セラミック製のミル刃には、それぞれに長所・短所がある。

コーヒーミルを選ぶ時にこの刃の材質を最優先するという人は少ないかもしれないが、
いくつかのミルで悩んだ時に知っていると役立つ。
金属のミル刃
  • 金属製のミル刃はセラミック刃に比べて、『鋭利』で切れ味が優れている
  • その反面、刃こぼれしやすいとも言える
  • 金属臭がする
  • 摩擦熱が発生しやすい
  • 静電気が発生しやすい
セラミック刃
  • セラミック刃は加工が難しく、金属刃に鋭利でなく、切れ味が劣る
  • 熱伝導性が低いので静電気の発生が金属製に比べて少ない
  • 水洗いできる
  • 硬度が高く、摩耗にも強い
上の特徴を見ていると、セラミック製の方が良さそうに感じるが
実はいわゆる高性能と言われている高価なミルは、金属製のものが多い。

というのも、粒を均一にするために、潰すのではなく、切るようにコーヒ豆を粉砕するようにしているためである。
頭の中でなんとなくイメージすると分かりやすいが、潰すよりも切るほうが均一になるからだ。

つまり、切るようにコーヒー豆を粉砕するためには、鋭利な刃が必要不可欠というわけだ。
さらにそれを実現するためには、鋭利でありながら、それでコーヒー豆を粉砕しても刃こぼれすることが少ない密度の高い高品質の金属を使用することが必要になる。
そうやって加工の難しい高品質なステンレスを鋭利に加工しているというのが、評価が高く高性能とされているミルには多い。
こういうミルは挽くのも早く、力も驚くほど必要ない。

ただ、上記のそれは、あくまで参考であり、水洗いできて扱いの楽なセラミックを好む人も多いと思うし、
それこそ、そこまで高性能を求めないならセラミックを選んだほうがいいような気がする。


また、刃の形状については、電動ミルは刃に様々な形状や特徴があるが、
手動ミルの刃は基本的にコニカル刃というものになる。
ミル刃の形状
手動コーヒーミルの刃
これは臼式と呼ばれる構造の1つで、ギザギザした円錐型の刃が重なり合って回転することでコーヒー豆を粉砕する。

段階的に細かくしていくので、粗挽きよりも細挽きの方が粒の均一度が高く、得意としている。

基本的には上の写真の構造の形状のものがほとんどだが、
下の写真のようにコマンダンテなど研究した独自の刃の形状を使用しているものもある。
コマンダンテ コーヒーミルの刃

構造で重視すべきこと

コマンダンテ
手動ミルの構造において重視されるべき点は、軸の安定性だ。


ミル刃を回転させる際、軸がブレてしまうと、粒の均一度もブレてしまうからだ。

性能がいいミルは特に軸を安定させるためにベアリング(軸受)という軸を固定する部分のパーツを増やしたりしていることが多い。

コーヒーミルの説明欄などでよく「ベアリングを2つ使用」と書いてるのを見かけることもあると思うが、
それらは軸を安定させ、均一度を安定させるためなのである。
ということで、コーヒー豆を均一に挽くためのミルの性能については、
ミル刃』と『構造』を重視すればいいことが分かったと思う。


次に、使い勝手とデザインの2つを見ていく。
例えば、初めてコーヒーミルを購入したのに、使い勝手が悪いと使わなくなってしまう。
自分の生活スタイルや性格に合ったコーヒーミルを選ぶことはとても重要だ。

手動ミルの使い勝手デザイン

カリタ 手動コーヒーミル
『使い勝手』と『デザイン』、どちらも密接に関わっていることなので、ここでは一緒に説明していく。

挽きやすさ

手動ミルで挽きやすいかどうかは、ハンドル安定性で決まる。
ミルのハンドル
ハンドルの長さ1つでも、挽きやすさは全く違ってくる。
各メーカーで、長さを決めるのにも何度も試行錯誤を重ねた上で決めていると思うが、
その使いやすさは好みもあるので使ってみないと正直分からない。

さらに、ツマミの部分の大きさデザインも様々で、ここも好みによって分かれるところだと思う。
ミルのハンドル
こういった円筒形もあれば、逆三角形もある。
ミルのハンドル
ちなみに、私はいろいろ使ったことはあるものの、逆三角形が一番使いやすくて好きだ。


そして、安定性に関して言えば、置いて使うなら、重いほど挽きやすい。
このカリタのダイヤミルなんて両手で持ってズシッと思いのだけれど、挽く時は、力はあまり必要ない。
カリタ ダイヤミル
軽いと抑える力が必要になるので、その分の力が必要になる。
カリタ クラシックミル
それと、ホッパー(豆を入れる部分)は上の写真のようにオープンになっているものと蓋があるものがある。
コーヒーミル 持ちやすさ
好みだと思うけど、私は挽きやすさというより、
置いている間ホコリが入ってしまうのが気になるので蓋があるタイプがいい。

また、手で持って使うタイプなら、持ちやすさが重要。
コーヒーミル 持ちやすさ
私でいうと、細いほど持ちやすいので挽きやすくて好きだけど、細い分、容量は小さくなる。
コーヒーミル 持ちやすさ
見た目は置いて使うタイプの方が置いていて絵になるものが多いけど、
挽きやすさで考えるなら、持って使うタイプの方が使いやすく感じる。

使いやすさ

さらに挽きやすさ以外で使いやすさを考えるなら、
挽き具合の調節のしやすさ』と『掃除のしやすさ』の2つが重要になってくる。
挽き具合の調節のしやすさ
手動ミルは内側のコニカル刃と外側の刃の隙間の間隔を調整することで挽き具合を調整する。
手動ミル 挽き具合の調節部分
筒状のものは通常本体の底部にあるダイヤルを回転させて調整するが、
その他にも上のネジを回して調節するものなどがある。
手動ミルにおいては挽き具合を調節する際、少し挽いてみて確認して、、という
少し面倒くさい作業が発生する。
挽き具合を頻繁に変えるなら調節が楽なものを選ぶことをおすすめする。
次に掃除のしやすさ。
私はあまりそこまで神経質に毎日掃除するタイプではないけれど、
コーヒーの粉がコーヒーミルに残っていると、そのコーヒー豆が酸化して、味にも多少影響を及ぼす、、と言われている。
掃除はしやすいにこしたことはない。
掃除(しやすさ)
コーヒーミル 掃除
手動ミルは基本的に特に工具など使わず、手で分解して掃除する。
構造はシンプルなものから少し複雑なものまでいろいろあるけど、一度覚えてしまえばどれもそんなに大変ではないと思う。
コーヒーミル 掃除
私は、時間がある時にYouTubeやテレビなどを見ながら掃除する。
そうやってるといつの間にか終わってる。
私だけかもしれないが、掃除はちょっと楽しかったりする。

手動ミルのデザイン

手動ミル
せっかく豆から挽いて楽しむコーヒータイム。
どうせなら、デザインだって気に入ったのを選びたい。

人によるとは思うけれど、私にとってはデザインはかなり重要な問題だ。
使っていてニヤニヤしてしまうコーヒーミルを使いたい。
私の場合、コーヒーに限らず木を使われた器具があたたかみがあって好きだけど、
スケルトンにすればコーヒー豆が挽かれるところを見ることができるし、ステンレスでも質感や色によって全然違う。

そしてつまみやハンドルの、本体の太さ、重さなどのデザインによって挽きやすさも変わってくるのでデザインが好みでありながら、自分が挽きやすい、使いやすいコーヒーミルを探すことになると思う。

コーヒーミルは、通常、、、ではあるが、一度買うとそれを使い続ける。と思う。
この辺が曖昧な表現なのは、コーヒーにハマってくると、
必ずと言っていいほどみんなコーヒーミルにはまることが多いからだ。
なぜか次々にさらなるいいコーヒーミルが欲しくなるのよね、、、。

だが、通常は一度買えば何年もそれを使うことになると思うので、
やっぱりデザインも使い勝手もいいお気に入りのコーヒーミルをじっくり選んで買う価値はあると思う。
特に最近はコーヒーミルがほんとにたくさん販売されているから、デザインで選ぶとなるとほんと悩ましい。
幸せな悩みだ。
挽きやすさの部分と少し重複するところがあるかもしれないが、デザインでは以下のポイントがあると思う。
Point 1 ハンドル
横に回すのが一般的だが、カリタのダイヤミルやROKのコーヒーグラインダーのように縦に回すタイプもある。
横に回すタイプの方が一般的だが、一概にどちらがいいというわけでなく…好み。
だが、縦に回すタイプは持ち運びできない。
Point 2 
ホッパー(コーヒー豆をいれるところ)に、があるミルとないミルがある。
蓋がないミルの場合、挽いている時に豆が飛んだりすことがある。(特に浅煎りのコーヒー豆の場合)
蓋がない方が挽いている時の香りを楽しめるという方もいるかもしれないが、
蓋をあけて挽けるコーヒーミルを選べばいいし、
私は置いている間にホコリなどが入ってしまう方が気になるので基本的に蓋があるものをおすすめしている。
Point 3 重さ
手動ミルには、持ち運びにも便利な筒状のタイプと、置いて使うタイプがある。
インテリアとしておくなら、サイズも少し大きめの置いて使うタイプのものが可愛い。

置いて使うタイプのコーヒーミルはある程度重さがあったほうが挽きやすい。
というのも、結構力をいれて回す必要があるので、しっかりと固定させたいから。
なので、軽くても持ちやすく、力を入れやすい構造なら、重くなくても、もちろん良い。
一方で筒状のものは家で使うだけならいいが、アウトドアで使うならあまり重いと負担になることもある。

用途によって選ぶ

コーヒーミルは用途によっても選び方は大きく違う。

一番多いのはアウトドアや旅行先でコーヒーを挽いて飲みたいという用途だろうと思う。

特に最近増えているアウトドアで楽しむコーヒー。
持ち運びのしやすさはもちろん、軽さ丈夫さサイズ選びも重要になってくる。

例えば、私が愛用しているミルの1つコマンダンテは、すごく引きやすくて優秀だけど、粉受け部分がガラスなのでアウトドアにはあまり向かないかなと思っている。
コマンダンテ 手動ミル 粉受け
そしてサイズ(容量)は意外に重要だ。
手動ミル サイズ比較
いつも挽く容量より小さいミルを買ってしまったら、何度も挽かなければならなくなって面倒だし、
かと言って大きすぎたら、手荷物になってしまうし、本体が大きくて使いづらいかもしれない。
何事もバランスだと思うけど、サイズ(容量)の確認はお忘れなく。

おすすめのコーヒーミルと比較

新しい手動コーヒーミルが次々に各メーカーより販売されているが、
ここではまず、定番手動ミル有名高性能ミルアウトドア向きコーヒーミルなどを紹介するとともに私のおすすめも紹介していく。

定番のコーヒーミル

定番のコーヒーミルメーカーと言えば、日本メーカでいうとKalitaHARIOだろう。
海外を挙げるとキリがないが日本で手動ミルで知られているのは
コマンダンテや伝統あるザッセンハウスなどだろうか。
その他私がよく見ているメーカーなども合わせて私の定番として、ここでは紹介していく。
Kalita カリタ
歴史あるコーヒー器具メーカー Kalitaカリタ)。
手動ミル・電動ミルともに種類が多いが、特に手動ミルはクラシックなものからカジュアルなものまで種類が多く、エントリーミルとしてもおすすめ。
国内の信用できるメーカーというところも大きい。
Kalita(カリタ) ダイヤミル
Kalita ダイヤミル
カリタ ダイヤミル
Kalita/カリタ コーヒーミル KH-10
Kalita コーヒーミル KH-10
カリタ コーヒーグラインダー KH-10
Kalita(カリタ)コーヒーミル『KV』シリーズ
Kalita コーヒーミル KV-1N / KV-2B
カリタ コーヒーミル KV-1N / KV-2B
HARIO ハリオ
HARIOというとV60透過ドリッパーが有名だが、ハリオのセラミック スリムは世界中で評価が高く有名だ。
刃はセラミック刃で水洗い可能。お手入れが簡単で価格も2,000円台ととてもリーズナブルだ。
アウトドアにも使え、エントリーミルとしてもいい。万能感がある。もちろんハリオはその他にも多くミルを出している。
HARIO セラミック スリム
HARIO セラミック スリム
ハリオ コーヒーミル MSS-1TB
昔ながらの手動ミルで名前があがるのが「ザッセンハウス」と「プジョー」だろうか。
ZASSENHAUS ザッセンハウス
120年以上の歴史を持つザッセンハウスのコーヒーミルは、ドイツの職人によってひとつひとつ作り出されている。
ザッセンハウス ミル ラパス、ミル サンティアゴ、ミル ブラジリアなどアンティークのような木を使用したデザインはたまらない。
ZASSENHAUS ザッセンハウス コーヒーミル
ZASSENHAUS コーヒーミル
ザッセンハウス
PEUGEOT プジョー
プジョーのコーヒーミルの歴史は古く、ヨーロッパでは手挽きコーヒーミルの代名詞となるほどだったとか。
強靭な刃と螺旋を組み合わせた二重螺旋構造で、軽快でスムーズな挽き心地が魅力。
また、プジョーのアンティークのコーヒーミルはなんとも言えぬ良さがあって、好きな人にはたまらない。私は飾るためだけに欲しかったりもする。
PEUGEOT コーヒーミル
PEUGEOT コーヒーミル
プジョー

高性能のコーヒーミル

コーヒーの粉を均一に挽くためにこだわっている高性能コーヒーミル。
その分価格が2万〜4万円ほどすることが多い。
均一に挽けるのはもちろんだが、力もさほどいらず回転数も少なくあっという間に挽き終わる。でも、それだけの価値があるコーヒーミルだと思う。
COMANDATE コマンダンテ
世界中で評価が高く最高峰と名高いコーヒーミル『コマンダンテ』。
刃にはニトロブリューという特殊な金属を使用していて、加工は難しく職人の技の賜である。
そのため常に品薄でなかなか手に入りにくい。

デザインも木を使用していて、私も持っているがすごく気に入っている。
COMANDANTE コマンダンテ コーヒーグラインダー
COMANDANTE COFFEE GRINDER
コマンダンテ コーヒーグラインダー
1Zpresso Zpro
台湾のメーカーである1ZpressoのメインモデルがZpro。
一番の特徴は挽き具合の調節を本体底部でなく、外側上部でできること。
つまりのところ、とにかく簡単に挽き具合を調節できるのが魅力だ。もちろん粒も揃っている。
1zpresso Zpro コーヒーグラインダー
1Zpresso Zpro Coffee Grinder
1Zpresso Zpro コーヒーグラインダー
ROK Coffee Grinder GC
手動のエスプレッソメーカーが有名なイギリスのメーカーROKのコーヒーグラインダー。
高性能だが、特にエスプレッソ向きだ。(エスプレッソ以外は少々均一度が劣る)エスプレッソに関しては、ふっわふわの細かい粉が出来上がるのでエスプレッソメインの人におすすめ。デザインも個性的で私はすきだ。
ROK Coffee GrinderGC
ROK Coffee Grinder GC
ROK コーヒーグラインダーGC

アウトドアにおすすめのコーヒーミル

アウトドアでのコーヒーミルと言えば、PORLEXポーレックス)のものがよく挙がる。
今はいろんなコーヒーミルが発売されているので評価は様々だと思うが、こういう筒状でシルバーでアウトドア向きのコーヒーミルの先駆けは日本においては、このポーレックスだと思う。
そして、さらに現在はアウトドアブームも相まってたくさんのアウトド向きのコーヒーミルが発売されている。
ここでは私が実際に使ってよかったものや、よく目にする定番のアウトドアコーヒーミルを紹介する。
PORLEX ポーレックス
セラミック刃を使用しているので、金属臭の無いコーヒーそのものの風味を楽しむことができ、持ち運び用にも便利な軽量・コンパクトタイプ。更にミニサイズもある。
PORLEX ポーレックス
PORLEX コーヒーミル
ポーレックス コーヒーミル
Timemore NANO
Timemoreのコーヒーミルの中で一番コンパクトなサイズ『NANO』。
Timemoreからはいくつかコーヒーミルが発売されているが、私はデザインもこのNANOが一番好きだ。
サイズは本当にコンパクトで最低限の容量で約15gまで。
私が1人用のミルとしてアウトドアに行くならこれを選ぶ。
1Zpresso Q2モデル
上でも紹介した1Zpressoのアウトドア向きのコーヒーミル。
性能はほぼそのままに、サイズが小さく。挽き具合の調節はZproと違って本体底部で行う。
アウトドアでこれだけ高性能のミルなら最高。
RIVERS リバーズ
日本のドリンクウェアメーカーRIVERS。ステンレスボトルなどが有名だが、コーヒーミルも発売している。
RIVERSのものはアウトドア向きのものがとても多い。
そしてほどよくカジュアルでシンプルなデザインに人気も高い。
RIVERS コーヒーミル
RIVERS コーヒーミル
リバーズ

私の気になるコーヒーミル

個人的に好きだなぁと思うものを紹介。
Camano Coffee Mill カマノ コーヒーミル
ブルッス夫婦によってスタートしたレッド・ロースター・トレーディング・カンパニーによるハンドメイドのコーヒーミル。
1つ1つ丁寧に作られたコーヒーミルは、下がメイソンジャーのガラス瓶になっている。デザインがすごく好み。
Camano Coffee Mill カマノ・コーヒーミル
Camano Coffee Mill
カマノ・コーヒーミル
いかがでしたか?
最近はとにかくたくさんのコーヒーミルが販売されているため、悩むことも多いと思う。
私のおすすめは、、最初はなんとなく、、でレビューの良いミルを買うのもいいと思う。
使っていくうちに「こういうのがいいな」とか、「ここがね、、」とかいろいろ感じたら、また買えばいい。
まずは、実際にミルを使ってみるということをとにかくおすすめします。
Total 226Share

見てくださって、ありがとうございます。

amazon コーヒー用品
YOUTUBE始めました。
NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2020/10/30
    ブルーボトルコーヒー2020年ホリデーギフトコレクション! テーマは『Winter Blooms』
  • 2020/10/30
    【暮らし】クチポールのカトラリーと、木のマドラーとおたま。 大好きなLULUのプリン。
  • 2020/10/28
    スタバファンにはたまらない限定品も! スターバックス【ORIGAMI】で始めるおうちカフェ。
  • 2020/10/27
    ROKのコーヒーミル【ROK Coffee Grinder GC】 その性能と使い勝手レビュー!
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報メディア。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
  • YouTube
    暮らしの中でコーヒーを。 
    コーヒー器具も紹介してます。
    その他VLOG、旅行など。
  • Instagram
    カフェや暮らしなど。
  • Twitter
    記事の更新情報を主に。
  • Facebook
    レビュー記事などを中心に記事更新の投稿を。
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.