美味しいコーヒーの淹れ方

美味しいコーヒーを淹れると一言で言っても、
淹れ方使う道具の違いはもちろん、使う水お湯の温度など様々な要素が合わさってコーヒーの味が決められる。

例えば、私が5分前に淹れたコーヒーと全く同じ味を淹れたくても、
同じような味にはなるけど、全く同じ味にはならない。
プロのバリスタがいれてもそれは同じ。
微妙な温度の違いとか、淹れ方とか。
同じような味にはなるけど、全く同じ味にはならない。
それだけコーヒーの味は多様に変化する。

しかも、使うコーヒー豆によっても味が変わるから、
いつもと同じように淹れても自分好みの味わいにはならない
かもしれない。

さらに、自分の体調によっても美味しいと思うコーヒーは変わってきたりする。

だから、ドリップはこうやってお湯を注いで、
次はこうしてああして、、というのを覚えるというより
淹れたコーヒーが思い浮かべた味と違った時、近づけるための方法を知っている
というのが個人的にはベストなのかなと思う。

ここでは、『自分好みの美味しいコーヒー』をいれるために必要な
コーヒーを美味しく淹れるための情報をまとめたいと思う。

コーヒーの味は何で決まる?

コーヒーの味を決める要素コーヒー豆自体の味淹れ方水の味の3つ。

コーヒー豆自体の味は、生豆の品質焙煎度鮮度の3つで決まる。
淹れ方では、挽き具合抽出方法使用するコーヒー器具お湯の温度によって味が変化する。
コーヒーで使用する水は軟水か硬水という要素の他に、カルキ臭などがあるかといった単純な水の美味しさが影響する。

こう言われると、なんだかいちから全部勉強するのが面倒に感じるかもしれない。
そういう時は、「自分がこうしたいな。」と思ったところから調べていくといい。

たとえば、「浅煎りのコーヒーを淹れたけど、もう少し苦味もだしたいな、、」と思ったらその方法を調べる。
よく写真や動画で見かけるような膨らんだコーヒーってどう淹れるんだろう。」と思ったらその方法を調べる。
私たちが目指すのは、お店でだすコーヒーじゃなくて家で自分が楽しむコーヒー。

そして、自分がそこで満足していたら、もうそれは自分にとって最高のコーヒー。
というのが私のコーヒーに対する考え方。

ぜひ気軽に、なんとなく、こんな感じかな〜ってコーヒーを家で淹れて楽しんでほしい。

コーヒーの味を決めるポイント

コーヒーについての詳細は、このあと出てくるページで見てもらえたら嬉しいけど、
そんなのいいからとりあえず基本知っておきたい!という方のために、最初に基本事項をまとめをのせておく。

  • ドリップのときの粉とお湯の分量は、コーヒー粉 6g – 8gに対して100ml(私は6gに対して100ml)
  • 酸味を出したい時:お湯の温度を下げる・挽き具合を粗くする
  • 苦味を出したい時:お湯の温度を上げる・挽き具合を細くする
  • 濃くしたい時:挽き具合を細くする・ゆっくり時間をかけてコーヒーを淹れる・コーヒー豆の量を増やす
  • 薄くしたい時:挽き具合を粗くする・手早くコーヒーを淹れる・コーヒー豆の量を減らす

コーヒー豆の選び方

コーヒー豆の焙煎度による違い
焙煎度による味の違い soon!
焙煎度によってコーヒーの味がどう変わるのか
自分好みの味わいを知る上でかかせない焙煎度について

コーヒーのおいしい淹れ方

コーヒーを淹れる
抽出方法による味わいの違い soon!
透過式と浸漬式では何が違う?
特徴やメリット・デメリットをわかりやすく。
コーヒー器具
コーヒー器具・コーヒーの道具
使用する抽出器具によってもコーヒーの味は大きく変わる。
コーヒーミルやドリッパーなどコーヒー器具の最新情報やレビューを。
お湯の温度
お湯の温度による味わいの変化
温度がかわるとコーヒー味はどう変わる?
お湯の温度による味わいの変化をわかりやすく。

水によるコーヒーの味の変化

アイスコーヒー

急冷式アイスコーヒー
急冷式アイスコーヒー
急冷式とは、淹れたてのコーヒーを急速に冷やしてできあがるアイスコーヒーのこと。
ドリップで淹れる急冷式アイスコーヒーの淹れ方を紹介。
アイスコーヒー器具
アイスコーヒー器具
水出しコーヒー器具(コールドブリューワー)だけでなく急冷用においてもいろいろなアイスコーヒー用の器具がある。
私がおすすめするアイスコーヒー器具を紹介。レビューも。
アイスカフェオレ
アイスカフェオレ、3つのレシピ
ブラックのアイスコーヒーも美味しいけど、アイスカフェオレもやっぱり美味しい。
3つのアイスカフェオレの淹れ方を紹介。