• 1

アイスコーヒーのいろんな淹れ方と、いろんな道具。

家で、美味しいアイスコーヒーを!
the Best Iced Coffee of your life!
アイスコーヒー

自分にとって、美味しいアイスコーヒーとは?

そんなことより、早く美味しいアイスコーヒーの淹れ方を!」と思われるかもしれませんが
美味しいアイスコーヒーを淹れるためには、絶対に知っておかないといけないことですので、少しだけお付き合いを。


アイスコーヒーに向いているコーヒーは、深煎りだけじゃない!

よく、本やネットなどのメディアでは、アイスコーヒーには深煎りのコーヒー豆が向いていると書かれています。

何を隠そう、私もその影響でアイスコーヒーには、深煎りの、つまり、苦味が強めのコーヒーが向いていると思っていました。


では、なぜ深煎りのコーヒーが向いていると言われているかというと、
アイスコーヒーは、酸味が強く出やすく、豆の苦味や甘みを感じにくいから。

なので、苦味が強く酸味が少ない深煎りのコーヒーを選ぶのがおすすめとされているというわけです。
ガムシロップやミルクを入れる場合は、深煎りの方が相性がいい、、というのもある気がします。


ですが、私の場合、夏になると、深煎り・浅煎りに関係なく、その時に買っているコーヒーでアイスコーヒーをいれています。
私は基本的にブラックで飲みます!

そうやって飲むうちに、私は深煎りのアイスコーヒーよりも、浅煎りのアイスコーヒーの方が好きだなァということに気づいてきました。
最近では、コーヒー専門店でも、水出しコーヒーバッグに深煎りのコーヒーでなく
浅煎りのコーヒーを使っているところも見かけるようになってますし、
特にサードウェーブ系のロースターでは、浅煎りのアイスコーヒーを出しているところ、多いと思います。


つまり、何が言いたいかというと、結局は、自分の好み!


美味しいアイスコーヒーをいれる1番大事なことは、
好みのコーヒー豆でアイスコーヒーを淹れること
だと私は思っています。


アイスコーヒーは、酸味が強く出やすく、豆の苦味や甘みを感じにくいということを念頭に置きつつ、
ぜひいろんなコーヒーでアイスコーヒーを試してみてほしいです。


  • アイスコーヒーは、酸味が強く出やすく、豆の苦味や甘みを感じにくい

私の好きなアイスコーヒー用のコーヒー豆

ちなみにですが、私の好きなアイスコーヒー用のコーヒー豆は、
ナチュラルという精製方法の香りや風味が強めの浅煎りのコーヒーです。

産地は、正直どこのコーヒーも好きなんですが、
アイスコーヒーで、「おっ!美味しい!」と思うのが多いのは、エチオピア、、かな。


この辺は好みなので、参考程度にどうぞ。


アイスコーヒーの淹れ方は、大きく分けて2種類!

アイスコーヒーの主な抽出方法としては、大きく以下の2種類。
  • 急冷式ドリップ
  • お湯でドリップしたコーヒーを急速に冷やす
  • 水出しコーヒー
  • 水でゆっくりとコーヒーを抽出
    まろやかなコーヒーが抽出できる

急冷式ドリップコーヒーとは。

急冷式のドリップとは、その名の通り、ドリップしたコーヒーを、氷で急速に冷やす!ただそれだけ。

ドリップする時に、コーヒーサーバーに氷をいれておいてもいいし、
濃い目にドリップしたコーヒーを、氷の入ったグラスに一気に注いでもOK!


急冷ドリップアイスコーヒー

とりあえず、淹れたてのコーヒーを急速に冷やす!
これに尽きます。


ちなみに、この時のコーヒー器具は、基本的にいつも使ってるドリッパーとコーヒーサーバーで構いません。

ですが、急冷しやすいように工夫されたアイスコーヒーメーカー(ドリッパー&コーヒーサーバー)も発売されていますので、参考にどうぞ。



そして、詳しい急冷式のドリップコーヒーの淹れ方はこちらへ。


水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)って何がいいの?

さて、瞬く間に広まった水出しコーヒー
コールドブリューコーヒーとも呼ばれます。

水出しコーヒーを一言で言うと、お湯でなく、水でコーヒーを抽出する
この一言。
そのまんま、、。

メリットは、簡単で誰でも同じ味に仕上がること。
デメリットは、時間がかかること。

また、水出しコーヒーは、コーヒーの味がまろやかなのも特徴のひとつです。


水出しコーヒー(コールドブリューコーヒー)の淹れ方

水出しコーヒーを淹れる方法としては、大体以下の3つ。
  • 水で点滴のようにゆっくりドリップ(器具が必要)
  • 水出しコーヒーポットを使う(器具が必要)
  • コーヒーパック使う(必要なのはパックだけ)


水で点滴のようにゆっくりドリップする方法

これは、ウォータードリッパーという専用の器具が必要です。

大体の仕様として、水をコーヒー粉の方へ点滴のように、ゆっくりゆっくりと落とすことでドリップするようになってます。

ウォータードリッパー

使い方としては、コーヒー粉をセットして少量の水でコーヒー粉を湿らせた後、
水をセットして、あとは待つだけ
です。

ちなみに、上のイラストはiwakiウォータードリップコーヒーサーバー
お値段も手頃で、美味しく淹れられます。
私も持ってます。





最近は、色んなメーカーからも発売されています。



水出しコーヒーポットを使う方法

水出しコーヒーポットは、目の細かいフィルターが内蔵されているポットのこと。
水出しコーヒーポット

コーヒーを粉入れに入れて水に浸しておくだけで、水出しコーヒーが出来上がります。

内蔵されているフィルターは、メッシュ状やステンレスのものがあり、何度でも使えるようになっています。

一方、ペーパーフィルターじゃないので、微粉と呼ばれる細かい粉状のものが出ます。

なので、少し粉っぽい感じがするのも事実です。
フレンチプレスのような感じ。
ここは、好みかな。

器具は、多くのメーカーから発売されていて選択肢が多いです。



コーヒーパック(お茶パックでもできる)を使って水出しコーヒーを作る

そして、最後は最もお手軽なコーヒーパックを使って作る水出しコーヒーの方法。

コーヒーパックは、お茶パックの大きいバージョンと考えていいと思います。
水出しコーヒーのときは、お茶っ葉と比べるとたくさんのコーヒー粉が必要です。

なので、コーヒー粉がたっぷり入るように大きめ。

コーヒーパック(水出し用フィルター)は、カルディやスーパーでも買えます。

カルディオリジナル 水出しコーヒー用フィルター 25枚
Kaldi original coldbrew filter



お茶パックで作るときは、小さいのでいくつもいれるといいと思います!


ちなみに、、普段の私は、基本的には急冷式ドリップなんですが、
ストック用と言うか、いつでも飲めるアイスコーヒーとして、夏は水出しコーヒーも常備しています。

ひとことメモ
よく、コーヒーを淹れる方法として『浸漬法しんしほう)』と『透過法とうかほう)』という言葉が使われます。
浸漬法は、漬け置きしてコーヒーを抽出する方法(フレンチプレスなど)
透過法は、お湯や水を通してコーヒーをする方法(ドリップなど)。
覚えておくと、便利かも。
Total 36 Share

見てくださって、ありがとうございます。

NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
POPULAR
polular posts in the past 24hours
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報ブログ。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.