PAGE
TOP
アイスコーヒーの淹れ方とその種類

美味しいアイスコーヒーの淹れ方とその種類

家で美味しいアイスコーヒーを淹れる時の種類とその方法を紹介してみます。
急冷式や、水出しポットで淹れる方法など様々な方法がありますので、ぜひ自分に一番合った方法を見つけてみてください。
目次

アイスコーヒーの淹れ方の種類

アイスコーヒーの作り方として、大きく分けると、
浸漬法(しんしほう)』と『透過法(とうかほう)』の2つの方法があります。

何だか小難しい言葉ですが、簡単に言うと、
つけおきしておく方法』と『ドリップする方法』です。

浸漬法(しんしほう)

浸漬法とは、コーヒーの粉をお湯や水に浸して、コーヒーを抽出する方式。

有名なところでは、HARIOの水出し珈琲ポットなどがありますね。
ハリオの水出し珈琲ポット


コーヒー粉を入れて、水を注いで待つこと数時間…で出来上がり!というやつです。
ハリオの水出し珈琲ポット

とても簡単な方法ですが、
実際缶やペットボトルで売っているアイスコーヒーなどと比べると、かなりおいしいコーヒーが出来上がります。

ただ、少し目が粗いので、微粉と呼ばれる細かい粉状のものが多く出ます。
フレンチプレスのような感じ。
だからできあがりは濁っています。
でも、味には影響ないです、ちゃんとおいしい。
ただ、微粉がすごく苦手という方にはちょっと向かないかな?


このハリオの水出し珈琲ポットは、私も実際使っています。
詳細なレビューは以下に。
HARIO 水出し珈琲ポット
HARIO 水出し珈琲ポット
ハリオ 水出しコーヒーポット
その他、フレンチプレスやサイフォンも浸漬法です。

フレンチプレス・サイフォン

これらで抽出したコーヒーを
たっぷりの氷で一気に急冷することでも
おいしいアイスコーヒーはできあがります。

急冷のポイントは、グラスにいっぱいの氷を入れて、
出来たてを一気に注ぎ、スプーンで上下にかき混ぜること。
上下にかき混ぜると効率よくコーヒーが冷えます。
(ぐるぐる混ぜるより、氷にコーヒーが接しやすいから)

フレンチプレス・サイフォン

また、売っているロックアイスを使うと、
氷がしまっていて溶けにくいので、薄くなりにくいです。
あと、見た目もキレイ。


あとは、浸漬法の最も簡単な方法として、
いろんなコーヒー屋さんが夏になると、
水出しコーヒーバッグ(コーヒーパック)をいうのをよく売り出しています。

これは、お茶パックのようなものにコーヒー粉が入っているので、
水にそのコーヒーバッグをポンと入れて
数時間置くだけでできる!というものです。

これは簡単でとても便利!


私が買ってみて、特に気に入ったコーヒーショップは、
東京にある『堀口珈琲』のと北海道の『森彦』の水出しコーヒーバッグ。
特に森彦のはまろやかでとても印象に残っています。
もちろん通販で買えますよ。
というか、私は通販で買っています。


スーパーなどで買うなら、
個人的には『キーコーヒー 香味まろやか水出し珈琲』がオススメ。
きらしてしまった時によく近くのスーパーで買うのですが、
とてもおいしくて、お手軽なので気に入っています。

ネットでも売ってます。


KEY COFFEE 香味まろやか水出し珈琲
KEY COFFEE 香味まろやか水出し珈琲
キーコーヒー 香味まろやか水出し珈琲
その他、気軽に買える大手チェーン店では、カルディとかにもあります。
カルディコーヒーファーム
KALDI COFFEE FARM
カルディコーヒーファーム
次に、上記の浸漬法(しんしほう)に対して、『透過法(とうかほう)』と言いますが、
分かりやすく言えば『ドリップ』してアイスコーヒーを抽出する方法を紹介します。

透過法(ドリップ)

まず、おいしいアイスコーヒーを作るには、
アイスコーヒー用に濃い目にドリップしたコーヒーを急冷するのが一番。

コーヒーは常温のままで冷ますと
香りが落ちる上、濁ったり、味にえぐみがでることがあるようで。

そのため、ドリップしたコーヒーを
アイスコーヒーとして美味しく飲むためには、氷ですぐに冷やすことが重要。


アイスコーヒー用のドリップのポイント
急冷する方法のコツなどは、
長くなりそうなので以下のページに詳しく載せています。

水出しアイスコーヒー

水出しアイスコーヒーとは、
ほんとにそのままですが、お湯でなく、水で抽出したコーヒーのこと。
水で抽出するわけですから
氷のグラスに入れても薄まりにくいというのも
水出しコーヒーのいいところですね。

当然ながら、上の浸漬法でも紹介したハリオの水出し珈琲ポットや水出しコーヒーバッグ(コーヒーパック)で抽出したコーヒーも水出しコーヒーです。
ハリオの水出し珈琲ポット




そして上記のように浸漬法での水出しアイスコーヒーの他に、
ゆっくり時間をかけて水出しでドリップする方法があります。

温度が低いためゆっくりと時間をかけて抽出することになるのですが、
出来上がりはマイルドでおいしいコーヒーになります。
私は、この方法で抽出したアイスコーヒーが一番好きです。



ただ、探してみると、
各社の水出し用のドリッパー(ウォータードリッパー)は、
結構高くて本格的なのが多いんです….。

そんな中、iwaki(イワキ)のウォータードリップコーヒーサーバーは、
リーズナブルで、何よりデザインがとてもいい。
グッドデザイン賞も受賞しています。

イワキ 水出しコーヒーサーバー

これで淹れたコーヒーは微粉もほとんどなく、
クリアーでマイルドなアイスコーヒーが出来上がります。
とってもオススメです。

こちらは、レビュー記事を近いうちに掲載予定です。

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー
iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー
イワキ ウォータードリップコーヒーサーバー
最後に、今まで紹介したアイスコーヒーを抽出するための道具、
アイスコーヒーメーカーについてまとめておきたいと思います。

アイスコーヒーメーカー

今までの流れから分かるようにアイスコーヒーメーカーは、
大きく分けて3種類です。


1つめはドリップして急冷するタイプ

ドリップ急冷タイプ

ドリッパーの下に氷を入れるところがあって、
抽出されたコーヒーがその氷で急冷されて下に落ちる..というもの。
急冷式アイスコーヒーメーカー
これは、ホットも兼用できるものがほとんどです。


2つめは、水出しのドリップメーカー

水出しドリップコーヒーメーカー

普通はお湯で抽出するところを水でゆっくりとドリップして抽出するもの。
ポタ…ポタ…とコーヒーが抽出されていきます。

ウォータードリッパー


3つめは、浸漬法で抽出するアイスコーヒーメーカー

浸漬法 水出しコーヒーポット・ジャグ

コーヒー豆を水につけておくタイプ(浸漬法)のアイスコーヒーメーカー。

ハリオの水出し珈琲ポット



アイスコーヒーメーカーは、
多くのメーカーから、様々なデザインで発売されていますので、
どうぞお気に入りを探してみてくださいね。
おすすめのアイスコーヒーメーカー一覧は以下のページからどうぞ。

,

  • ハリオのコーヒーメジャースプーンに、木製『V60計量スプーン Wood』と陶器製『V60計量スプーン セラミック』が登場です。
  • ハリオのV60カパードリッパー、使ってみました。正直、いいです。
  • HARIO(ハリオ)から、初の保温サーバー『V60 保温ステンレスサーバー』が登場です!
  • HARIO(ハリオ)の水出しコーヒー器具『フィルターインコーヒーボトル』、使ってみました。
NEW ENTRY
SEARCH