コーヒードリップスタンド
コーヒードリップスタンドの種類と選び方

最近よくカフェなどで見かけるドリッパーとコーヒーサーバーをセットしているスタンド。
これらは、『コーヒードリップスタンド』や『コーヒードリッパースタンド』といわれている。
このページではコーヒードリップスタンドとして表記します。

さて、このドリップスタンド、見た目がとてもおしゃれになるというはもちろんだが、
使用する目的によっても選び方が変わってくるので、少し説明しておきたいと思う。

ドリップスタンドを使用する目的としては、大体以下の3つかな、と。

  1. おしゃれだから
  2. ドリップした容量が見えるから
  3. 実際に抽出されたコーヒーの量だけはかりたいから

1 と 2 に関しては、そのままの理由でわかりやすいと思う。

ドリップスタンドって、おしゃれ。
人にもよると思うけど、私が思うにコーヒー器具って見た目大事。
せっかく豆ひいて、丁寧にドリップして、、いい香りを楽しんでという時間を過ごすなら、
デザインだって気に入ったものを使うとテンションが全然変わる。
私の場合だけど、どんなに便利でもデザインがいまいちだと、購入しない。
あとは、ドリップする場所が固定されるというのも実は便利。

そして、2番目の理由は、マグカップなどガラスでないものにコーヒーをドリップする時は、
抽出されているコーヒーの量が見えないので、うっかりして溢れさせたりしないように。

重要なのは3番目の理由。
実は忘れがちなスケール置けるか問題。
見た目的にはドリップスケールがない方がいいに決まってるけど、ドリップする上ではかかせない。
実際にコーヒー粉にお湯を注いで抽出すると多少コーヒー粉がお湯を吸収するので、
実際に注いだお湯の量とコーヒーサーバーに抽出されるコーヒーの量に違いが生じる

この実際に抽出される量によって、コーヒーを抽出したい場合は、
ドリップスケールがドリップスタンドの上におけるものを選ぶ必要がある。

例えば、下の画像の場合はしっかりと抽出された量だけはかることができるけど、

ドリップスタンド

下のだと、ドリップスタンド自体もスケールにのっているので、実際に抽出された量だけをはかるということはできない。

ドリップスタンド

まあ、3番目の理由で選ぶのは、コーヒーの味にしっかりこだわりたい人向けかなと。
このスケールのことだけ注意して、ドリップスタンドを選ぶことをおすすめする。

人気・おすすめのドリップスタンド

さて早速、私のおすすめのコーヒードリップスタンドを紹介。
1つ用から2つ以上セットできるものなどサイズはもちろんデザイン、木製やアイアン、ステンレスなど材質もさまざま。
最近では、DIYされる方も多いみたい。

TIMEMORE タイムモア BLACK MIRROR2 コーヒースケール

TIMEMORE タイムモア BLACK MIRROR2 コーヒースケール
timemore.jp(出典)
TIMEMORE Black Mirror2
タイムモア ブラック ミラー 2
最初から、「ドリップスタンドじゃなくてスケールじゃ、、」と言いたくなるのは重々承知なんだけど、正直に私が今ドリップスタンドを買うならこれを選ぶかな、と思ったので最初に紹介。

今やすっかり日本でもメジャーになってきたコーヒー器具メーカーTimemore。
私はコーヒーミル NANO と普通のドリップスケールを愛用中だけど気に入っていて性能も信頼している。

そして、このドリップスタンドとスケールが一緒になったBlack Mirror2はなんと「注湯量」と「抽出量」を同時に測定することができ、注湯スピードまで直接確認することができる。

このBlack Mirror2、『2』となっているだけあって、その前のバージョンが存在する。
私はそれを試したんだけど、本当に便利だった。
結局Black Mirrorは、日本に正式に入ってこれず(電化製品はすごく大変らしい)、進化したBlack Mirror2がやっと日本に上陸した。
全く一緒というわけではないけれど、参考までにBlack Mirrorのレビュー記事を以下に紹介。

さらに、その性能の充実ぶりはもちろんなんだけど、私がドリップスタンドを使うなら絶対ドリップスケールおきたい。
でも、スケール置くとどんなにおしゃれなドリップスタンドでもちょっとデザイン性は落ちてしまうのよね。
これなら、それもない。
価格もちょっと高いけど、ドリップスタンドを使いたくて、さらにコーヒーの味にもすごくこだわりたいなら、絶対おすすめ。

KINTO SLOW COFFEE STYLE SPECIALTY ブリューワースタンド

KINTO(キントー)ブリューワースタンド
KINTO コーヒー ブリューワー スタンド
キントー COFFEE BREWER STAND
一躍人気になったKINTO(キントー)のSLOW COFFEE STYLE SPECIALTYから登場したドリップスタンド。
KINTOのコーヒーシリーズには、SLOW COFFEE STYLESLOW COFFEE STYLE SPECIALTYの2シリーズあって、特にSLOW COFFEE STYLE SPECIALTYの方は、職人の心意気や熱意からインスピレーションを受けたコーヒーウェアだという。
個人的に私はデザイン的にもSLOW COFFEE STYLE SPECIALTYの方が好みだ。

そして、KINTOには、ドリップスタンド(KINTOでは、ブリューワースタンドという)も2種類あって、写真のようなウォールナットを使用した土台に、真鍮でドリップスタンドが設置されている(ネジで高さの調節可能)SCS-S02 ブリューワースタンドとすべて鋳物で作られたSCS-S04 ブリューワースタンドと2種類ある。

どちらもサイズが合うものなら他のドリッパーも使用でき、ありそうでなかったシンプルでまっすぐとしたラインが何とも良い感じ。

どちらもベースの部分があまり大きくないので、ドリップスタンドごとスケールにのせるようなデザイン。
抽出量だけを量ることをはできないがそれでなくても十分魅力的なデザインを誇るドリップスタンドだと思う。

HARIO(ハリオ)V60オリーブウッドスタンド

HARIO ハリオ V60オリーブウッドスタンド
HARIO V60オリーブウッドスタンド
ハリオ V60 Olivewood Stand
V60透過ドリッパーで知られるハリオのドリップスタンド。

ハリオのガラスドリッパーをセットして使う。
もちろんサイズが合えば違うのも使えるが、見た目的にもガラスが雰囲気よく、このドリップスタンドに合っていると思う。
オリーブウッドのナチュラルな雰囲気がとても好み。
ドリップスタンドではないが、HARIOのオリーブウッドシリーズのドリッパーとコーヒーサーバーはとても愛用していてお気に入りのコーヒー器具の一つ。

ちなみに、ハリオのドリップスタンドは、このV60オリーブウッドスタンドのほかに、V60ドリップステーション、V60アームスタンドが発売されている。
V60ドリップステーションはドリップスケールがセット出来るようになっているが、抽出量をはかれるわけではないのでご注意を。
また、V60アームスタンドはドリップスケールがセットしにくい。

ということで、ハリオのドリップスタンドなら私はこれを選ぶ。

The Coffee Registry Pour Over Stand

The Coffee Registry Pour Over Stand
The Coffee Registry Pour Over Stand
ザ コーヒーレジストリー プアオーバースタンド
The Coffee Registryザ・コーヒーレジストリー)のPour Over Standポーオーバースタンド)。

The Coffee Registryのドリップスタンドには、ドリッパーを支える部分が曲がるタイプ、まっすぐなタイプ、2個同時にできるタイプなどいくつか種類がある。
基本的には、HARIOのガラスのドリッパーに合うように設計されているよう。
The Coffee Registry の公式サイトでは、全てHARIOのガラスドリッパーに合わせてある。
もちろんサイズが合えば、他のも使える。

ちなみにこの曲がるタイプは、ドラマ『珈琲いかがでしょう』でも使用されており、現在手に入りにくくなっている。
見た目は全くそっくりだけど、The Coffee Registry じゃないものも発売されているので、もし The Coffee Registry を探しているなら購入の際にはご注意を。

現在はベースの部分もすべて真鍮でできたFarrier Collectionも登場。
こちらもすごくかっこいいが、まだ日本のショップではほとんど見かけてない(2021.05.11現在)。
実際に使ったわけじゃないが、見た感じ Farrier Collection は下の隙間がとても狭く、コーヒーサーバーを選びそう。
購入の際にはそれも考慮したほうがいいと思う。


FORM × amabro ドリッパースタンド

amabroと大阪で活動する金属作家FORM花里政信氏とがコラボしたドリッパースタンド。

真鍮だけのシンプルなドリッパースタンドは、
軽くて扱いやすく、また比較的どのドリッパーでも使えるので便利です。