【カリタ × カフラーノ】Kalita GO BREWは
アウトドアやオフィスに最高!
【カリタ × カフラーノ】Kalita GO BREWはアウトドアやオフィスに最高!

Kalita GO BREW

Cafflanoカフラーノ)のGO BREWカリタのコラボ『Kalita GO BREW』。

今回は、ちょっとお借りしたのでレビューを。

CafflanoGO BREWを先に説明しておくと、
これ一つでドリップでき、淹れたコーヒーはそのままボトルで持ち運びもできるというもの。


Kalita GO BREW

持ち運びしやすい点から、アウトドアに特に向いているように思う。

今回、カリタとのコラボで変わった点は、&Kalitaのロゴが入っている点と、

Kalita GO BREW

カリタならではの3つ穴にできるシリコンがついていて、カリタウェーブ式のドリップができるということ。

Kalita GO BREW

実際に外で使ってみたけど、
コーヒー意外にもウォーターボトルして使え、
蓋をして持ち運べるというのは思った以上に便利だった。

Kalita GO BREW
Kalita GO BREW
カリタ × カフラーノ Cafflano

カリタ × カフラーノ

Kalita GO BREW

Kalita GO BREW

Kalita GO BREW(カリタ ゴー ブリュー)は、一見ウォーターボトル。

だが、ボトルの上の部分をひっくり返すことでドリッパーとして使えるようになっている。

使い方は簡単で、下の画像のように分解できる。

Kalita GO BREW

回してカチッとセットすることで、ドリッパーがセットできるようになる。

Kalita GO BREW

Kalita GO BREW

Kalita GO BREWの場合は、ここに3つ穴のシリコンをセットしたら、
これをひっくり返してドリッパーとして使用する。

Kalita GO BREW

こんな感じ。

Kalita GO BREW

ドリッパー自体が少し深いフォルムになっているので、
豆にしっかりお湯が行き渡り、しっかりと浸っている感じでドリップしやすい。

Kalita GO BREW

Kalita GO BREW

いれ終わったら、そのままマグカップとしても使えるし、

Kalita GO BREW

Kalita GO BREW

蓋をしてボトルとしても使える。

Kalita GO BREW

その時に、注意すべき点が1つ。

ここにシリコンがあるのだけど、このシリコンがないと、コーヒーが漏れ出てひどい惨状になる。
→私はしっかり経験済み…

Kalita GO BREW

気をつけてくださいね。

家でいれて、そのまま外へ持っていくなんていう使い方もいいかも。

ボトルの容量は、500ml。
コーヒー抽出容量は、約380ml。

カラーは、以下の5色。

  • Kalita GO BREW(Black)ブラック
  • Kalita GO BREW(Red)レッド
  • Kalita GO BREW(Baby Pink)ピンク
  • Kalita GO BREW(Ivory)アイボリー
  • Kalita GO BREW(Mint)ミント

ピンクとミントは、パステル系。

  • 本体サイズ:直径8cm × 高20cm
  • 本体重量:290g
  • 容量:約500ml
  • コーヒー抽出容量:約380ml/スタンド上げている状態

アウトドアの時はこのボトルの中にコーヒー豆やフィルターなどすべて入れて持っていけるので、すごく便利だった。

Kalita GO BREW
Kalita GO BREW
カリタ × カフラーノ Cafflano

使用している関連動画

Follow me!