Cores(コレス)から
チタンコーンフィルター&サーバーが登場!
Cores(コレス)からチタンコーンフィルター&サーバーが登場!

Cores(コレス)チタンコーンフィルター&サーバー C761GY

Coresコレス)から、新アイテム チタンコーンフィルター&サーバー が登場。

このチタンコーンフィルター&サーバー
今までのゴールドフィルターと比較すべき一番のポイントはおそらく価格ではないかと。


上の『コーンゴールドフィルター&サーバー』は、ゴールドなだけあって価格が13,200円税込)。

一方、今回のチタンコーンフィルター&サーバーC761GYは、6,600円(税込)と半分の価格。
コーヒーサーバーとドリッパーがセットになって、この価格、そして構造は同じなので品質は間違いなし。

ということで、金属フィルタービギナー向け商品として位置づけられている。

気になるチタンとゴールドの違いだが、
素材のチタンは純金に次いでスペシャルティコーヒーに適しており、変色しにくく、錆びにくい

ゴールドと比較すると熱伝導などの点から味はゴールドフィルターのほうがいいとされている。
だが、プロが味比較をしてみて、少し違うかも、、と分かる程度だと聞いている。
もちろん「ゴールドフィルターのほうが良い」という少しの違い。

ちなみに、チタンではなくステンレスとゴールドを比較すると味の違いは分かりやすいそうで、
ステンレスはシャープな印象、ゴールドはマイルドな印象の味となるんだとか。

ステンレスの場合は、錆びにくいけれど錆びない素材ではないので、素材が酸化して、それがコーヒーの味に影響を及ぼしてしまうとのこと

個人的には、ステンレスでなくチタンでこの値段、さらにこのブラックの見た目がかなり好み。
すごくいいと思うんだけど。

Cores コレス

チタンコーンフィルター&サーバー C761GY

Cores(コレス)チタンコーンフィルター&サーバー C761GY

コレスステンレスフィルターの一番の特徴は、縦型の穴。

Cores(コレス)チタンコーンフィルター&サーバー C761GY

目詰まりにしくく、短時間で抽出できる構造となっている。

    コレス チタンコーンフィルター&サーバー

  • サイズ:幅17.5cm × D13cm × H18.5cm
  • 重量:470g
  • 材質:チタンメッキ(ステンレス)・ガラス
  • 容量:500ml
  • 抽出量:2〜4杯

そして、大きめのサーバーは、くびれ部分の内径も約8cmと大きく洗いやすい上、ハンドルも持ちやすい。

大きめなのでアイスコーヒーも余裕。

Cores(コレス)チタンコーンフィルター&サーバー C761GY

ちなみに、このコーヒーサーバー、フォルムがコーンゴールドフィルター&サーバーとはまた違う。

Cores(コレス)から、コーンゴールドフィルター&サーバー

ゴールドの方は口の部分が広がっているんだよね。

今回のサーバーはゴールドフィルターでももちろん使えるし、
また、チタンコーンフィルターだけでの購入も可能。

Cores(コレス)チタンコーンフィルター&サーバー C761GY

最近発売されたコーングラインダー C330と揃えると、見た目かなりかっこよくなると思う。

発売は、2020年3月6日)から。

Follow me!