ROK W1 Filter ドリッパー

手動式のエスプレッソメーカーコーヒーグラインダーなどで知られる
イギリスのコーヒー器具メーカーROK Coffeeから発売されているドリッパー
W1 Filter』が見たことないフォルムで斬新。

コーヒーミルと一緒に頂いたので使ってみる。

一番の特徴はなんと言ってもこの中の円錐状の出っ張りだろう。

ROK W1 Filter ドリッパー

これがあることで、ドリッパー内はW型になり、抽出の際の圧力差が軽減され、誰でも美味しくドリップできるという。

ROK W1 Filter ドリッパー

この考え方ちょっとおもしろい。

また、素材も竹とガラスの複合材プラスチックとガラスの複合材からできていて、
プラスチックの様に軽いのに安っぽくない質感がすごく気に入っている。

ROK W1 FILTER

ROK W1 Filter ドリッパー

W1 Filterは、2つに分解できる。

ROK W1 Filter ドリッパー

筒状のものはフィルターをフィットさせるためのもので、実際にドリップする時には使わない。

このドリッパー受けの部分に、

ROK W1 Filter ドリッパー

軽くドリッパー本体をはめるだけで固定される。

ROK W1 Filter ドリッパー

なので穴自体は細い円状のものになり、あまい大きいとは言えない。

フィルターは、どうやってはめるんだろう、、と最初見たときに思ったものだが、

ROK W1 Filter ドリッパー

こうやって先端部分を合わせて押し込むだけで思った以上に簡単にセットできる。
(普通の円錐形ペーパーフィルターが使える 例:HARIO 02)

ROK W1 Filter ドリッパー

手である程度セットしたら、この筒状のものでしっかりと折り目をつける感じ。

ROK W1 Filter ドリッパー

これは対して手間にはならないと思う。

ROK W1 Filter ドリッパー

あとは粉を入れてドリップするだけ。

ROK W1 Filter ドリッパー

ドリップ方法は色々試してみたけれど、好みもあるし、
初めての形状なのでいろいろ自分なりのドリップ方法を考えるのもまた楽しみの一つになると思う。

だが、圧力差を考えて作られたドリッパーであるから、お湯は中央の円錐部分より超えないほうがいい気がする。

ROK W1 Filter ドリッパー

あとは穴が大きいわけじゃないのでしっかり濃く抽出できるというのも特徴だ。

ROK Coffee GrinderGCは細く挽く方が得意だから、細めに挽いてじっくり濃いコーヒーをいれて加水(お湯でうすめる)してもいいし、粗目に挽いて抽出するのも私は結構好きだった。

ROK W1 Filter ドリッパー

軽くて扱いが楽なので気軽に使えるのも、私には高ポイント。

ROK W1 Filter ドリッパー

新しい器具を試すのは楽しい。

Makuakeにて、2020年9月6日まで。