ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ

以前紹介していた微粉をあまり感じないコーヒープレス ESPROエスプロ)。


今回、私の記事を見てくださって、こんなのもありますよ、とエスプロコーヒーテイスティングカップを頂いた。

ESPRO、最近ドリッパーを出したことは知っていたけれど、カップもあるなんて知らなかった。

しかも、このコーヒーカップ、テイスティングカップとなっているように
特定のアロマとフレーバーと識別して、より高いテイスティング体験を実現』できるように作られている。

アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)のフレーバーホイールに則って開発されたのだとか。

わかりやすく言うと、コーヒー豆の特定のフレーバーをより感じやすくしている、、というところだろうか。

例えば、『スパイシー』と名付けられたこのカップは、コーヒーのスパイシーな部分をより感じることができると言った具合に。

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ スパイシーシナモン

テイスティングカップは、全部でスパイシー/左上、フローラル/右上、フルーティ/左下、ココア/右下の4種類。

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ

出典:Espro

カラーはグレーもある。

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ

出典:Espro

今回は、スパイシーフローラルを紹介する。

ESPRO エスプロ

コーヒーテイスティングカップ スパイシー

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ スパイシー

スパイシーはチューリップのような形状。

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ スパイシー

触った感じはツルリとしていて、口をつける時にちょうど沿うような形になっているため、すごく口当たりがいい
スッとコーヒーが入ってくる。

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ スパイシー

丸みでコーヒーの香りが循環し、ふわっと香ってくる。

持ち手は隙間がしっかりとある上、少し太めで持ちやすい。

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ スパイシー

エスプロのテイスティングカップは、フレーバー以外に産地も意識されていて、
このスパイシーは、スパイス感の出やすいアジア系の豆に向いているという。
必ずしも、産地と豆のテイストが一致するというわけではないだろうが、一応そういったことが意識されているという。

コーヒーテイスティングカップ フローラル

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップフローラル

フローラルは、先ほどのスパイシーとは全く逆で中央の部分が少しくぼんでいるような形状。

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ スパイシー

口元と持ち手部分は、先ほどのスパイシーと同じ。

持ちやすく、口にスッとコーヒーが入ってくる。
産地は、フローラルは中米系などが向いているという。

どちらも容量は、295mlとたっぷりのコーヒーが入る。

具体的に、私の味覚では「おぉ!スパイシー(フローラル)を感じる!」と分かるほどではないけれど、
コーヒーのフォルムによって味わいが変わるというのはとてもおもしろい。

コーヒー以外にもチャイを飲むときなんかはスパイシーを使うと良さそう。

 ESPRO(エスプロ)コーヒーテイスティングカップ スパイシー

今度からカップのフォルムにもちょっと意識してみようかな。