TIMEMOREのコーヒースケールがアップデートして
『BLACK MIRROR basic+』に。文句なし!
TIMEMOREのコーヒースケールがアップデートして『BLACK MIRROR basic+』に。文句なし!

TIMEMORE コーヒードリップスケール

私も愛用しているTIMEMOREのドリップスケールがアップデートして
BLACK MIRROR basic+』となって登場していたのだが、
最近になって正式に日本でも販売が開始されている。

ブランディングコーヒーさんに頂いたので、何がどう変わったのか紹介しようと思う。
(ブランディングコーヒーは、TIMEMOREの日本正規代理店)

ちなみに、日本に正規に入ってきているものは、日本語の説明書がついている。

TIMEMORE コーヒードリップスケール

さて、このアップデートしたというTIMEMOREのスケール、
最初見た時は「ちょっと変わったんだ〜」ぐらいにしか思ってなかったんだけどね、、、
すごくよくなってるんだな、これが。

ちょっとなんだけど、「これこれ、ここがちょっと使いにくかったんだよね」というところが、しっかりと改善されている。
やるなー!という感じ。

それでこの値段だから、もうコーヒースケールに関しては私は迷わずこれをすすめたいと思う。

TIMEMORE コーヒードリップスケール
TIMEMORE BLACK MIRROR basic+
タイムモア ブラックミラー ベーシックプラス

TIMEMORE タイムモア

BLACK MIRROR basic+ ブラックミラー ベーシック プラス

TIMEMORE コーヒードリップスケール

まずは、タイムモアのコーヒーミルについて基本的な性能を挙げると以下のようになる。

・重さがはかれる
・時間がはかれる
・音はON・OFF設定できる(タイマーボタン2秒長押し)
・お湯を入れると自動でタイマーが始まるオートモードがある(タイマーボタンを5回タップすると切り替わる)

そして、今回バージョンアップしたところは、横に電源がついているところ。

TIMEMORE コーヒードリップスケール

前は、電源ボタンの長押しでしか電源を操作できなかったけれど、今回は横にも主電源がついている。
ちなみに、今回新しくなったコーヒースケールでも電源ボタン長押しでも電源は切れる。
つまり横のスイッチは主電源という感じ。

TIMEMORE コーヒードリップスケール

充電式(Type-C)なのは変わらず。

さらに、もう1つ変わったところは電源ボタンのところに凹凸で電源ボタンマークが付いたところ。

TIMEMORE コーヒードリップスケール

正直、前の方は、電源消したらまっさらの黒い板という感じで、よく反対側を電源と間違えて押したりしてた。

TIMEMORE コーヒードリップスケール

上の写真は、左が以前のもので、右が新しいもの。
以前のは、電源を消すと電源ボタンの位置が全くわからなくなる(下の画像みたいに)。

TIMEMORE コーヒードリップスケール

大きな違いは、電源ボタンこの2つ。
たったこれだけの違いなんだけど、驚くほど使いやすく感じる。
こういう細かな部分の大切さを改めて知る。

ちなみに、私はTIMEMORE、HARIO、acaica(エスプレッソ用だけど)を持っている。
acaiaは、機能的にはもちろん最高だけれど、値段がね。
スケールにこの値段を出すなら、コーヒーミルの方に、、と思う人は少なくないだろう。

とりあえず、デザイン価格機能を総合的に見て、私は今回のTIMEMOREが間違いなくイチオシ

TIMEMORE コーヒードリップスケール
TIMEMORE BLACK MIRROR basic+
タイムモア ブラックミラー ベーシックプラス

amazonでは並行輸入品がほとんどなので、気になるならお気をつけください。

↓以前のバージョンの記事

Follow me!