公開日:2021/03/04
最新更新日:2021/03/25
coffeetools
  • 4

SubminimalのNano Foamer(ナノフォーマー)がすごすぎる!ラテアートも描けるフォームミルクがあっという間に。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

ラテアートが描けるようなスチームミルク、
見た目だけじゃなくって、カフェで飲むようなきめ細やかさでクリーミーなミルクってやっぱり美味しい。

でもそれを家で作るとなると結構手間がかかるから諦めよ..と思っているのは私だけじゃないと思うんだけど。

まず、エスプレッソマシンがないといけないし、
あっても、まずマシンに水をセットして、電源入れて、マシン温めて。
いざ!と作り始めても、結構練習しないとクリーミーなミルクって作るの難しい。

かと言って、ミルクを泡立てる市販のミルクフォーマーは、ブクブクと泡立ってとてもクリーミーとはいい難い。


今回日本で正式に販売される SubminimalNano Foamerナノフォーマー)は、
使う工程は普通のミルクフォーマーと変わらないのに、驚くほど滑らかで超極細のマイクロフォームミルクを作ることができる。


正直使った時感動した..

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

また、このナノフォーマーと同時にフロー チップ ジャグFlow Tip Jug)と
マイクロサーモメーターMicro Thermometer)も発売される。
特に触れることなく温度をはかれるマイクロサーモメーター、お気に入り。

Makuakeでの開始日は、2021年3月中旬を予定。
(正確な日程は決まり次第、このページに追記するほかinstagramとTwitterでも紹介する)


2021.03.21 -追記-
2021年3月25日(木) 12:00〜 Makuakeにて開始




Subminimal サブミニマル

Nano Foamer ナノフォーマー

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

さて、まずはやっぱり気になるナノフォーマーから。


電気は単3の乾電池が2本で動く。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

USB充電などになっていないのは、防水仕様になっているから。
ミルクフォーマーって、使ってみると分かるけどミルク飛ぶから結構汚れる。
丸洗いできるのは本当の本当に便利なんだ。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

私の場合、お手入れが面倒だと使うのがだんだん億劫になってくる。
この丸洗いできるのは感謝しかない。




そして、ミルクを泡立てる先端部分は扇風機の羽根のようなものに、
ナノスクリーン』というフィルターのようなものがついている。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

このナノスクリーンFine(ファイン)とSuperfine(スーパーファイン)の2種類あって、
スーパーファインの方が更にきめ細かいフォームミルクを作ることができる。
私の場合はだけど、どっちも使ってみたけど結局スーパーファインの方ばかり使っている。
この辺は好みだと思う。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー



さて、スイッチを入れると、羽根部分が回転。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

これでミルクがかきまぜられ、ナノスクリーンを通ることできめ細やかな泡になる。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー


ちなみにスイッチを押している間だけ動く仕組み。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー


早速フォームミルクを作ってみる

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

大きな気泡のない滑らかな泡を作るには少しコツがいる。
私は最初の方は何度か失敗。

下の画像みたいに少し大きめの気泡ができてしまったり。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

しっかり言い訳させてもらうと、ラテアート、私できない。やっときゃよかった、、
このミルクフォーマー頂いて練習。
ハートができたり、できなかったり。まだそんなところ。

簡単だけど、ラテアートできるくらいクリーミーに泡立つから気軽に練習できるのがいい。
そのうち上達したら、トップ画像を自信作ラテアートに変更する!…予定。


さて、説明書通りに作ってみると、最初は中央にナノスクリーンが少し見えるくらいで回す(大体2秒〜10秒くらい)。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー


2〜10秒ほど経ったら、羽根の部分を沈めていく。
説明書のように少し斜めの角度をつけるとうまくいく。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

こんな感じで。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー


あとは、中央でなく、サイドに寄せて、見えなくなるまで沈めて約10秒ほど。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

説明書は約10秒と書いてあるけど、私はミルクがなめらかになるまで回してる。

私の場合少しななめにすると、やりやすかった。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー


慣れると毎回滑らかなミルクができるようになってくる(まだ、たまに失敗するけど)。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

飲んでみると滑らかで口当たりが良くて、美味しくてほんと幸せ。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

家でこんなラテが手軽に飲めるってやっぱりいい。



ちなみに、今回のこのナノフォーマーを公式に日本で取り扱うのは、Flair Espressoと同じ会社。

Flair Espressoは、手動式の本格的エスプレッソメーカー。
エスプレッソはすごく美味しいけど、電動じゃないからミルクスチーマーはついていない。



つまり、、このナノフォーマーとは相性抜群!というわけだ。

Flair Espresso Maker

エスプレッソをいれてる間にミルクをレンジで温めて。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

朝から笑顔になれる。



また、ナノフォーマーは、収納しやすいようキャップがついていて、

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

キッチンなどに設置できるように、ナノフォーマーを壁にかけて置くためのものもついている。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

壁につけるのは、両面テープで。

Subminimal サブミニマル Nano Foamer ナノフォーマー

うちのキッチンのにもつけたいなと思っているけど、どこにつけるか悩み中。


Flow Tip Jug ミルクジャグ

Subminimal サブミニマル Flow Tip Jug ミルクジャグ


そして、Subminimalのミルクジャグ、通常と違うのはIHにかけれること。

Subminimal サブミニマル Flow Tip Jug ミルクジャグ

付属品のブラシは、底面に牛乳が残ったままIHにかけてしまうと焦げ付き易くなるので、ミルクをしっかり清掃するため。

弱火での加熱、使用後早めの洗浄をすると、ジャグの底面の焦げ付きは発生しにくくなるそう。

ちなみに、IHだけど焦げ付いたら嫌だな..っていうのと、洗うのが面倒そうだな..と思ってIHでは使ってない。
ミルクはレンジで温めてる。(いつもは冷蔵庫から出したミルク200mlを600wで1分半ぐらい)
この辺は好みで..になると思う。

持ち手はよくあるミルクジャグとは少し違って、ガッチリしっかりしている。

Subminimal サブミニマル Flow Tip Jug ミルクジャグ

持ちやすい。


中には目安となるメモリ入り。

Subminimal サブミニマル Flow Tip Jug ミルクジャグ

私はいつも200ml(下から2番目の丸のところまで)ミルクをいれて泡立ててる。



Subminimal サブミニマル Flow Tip Jug ミルクジャグ

Micro Thermometer マイクロサーモメーター

Subminimal サブミニマル Flow Tip Jug ミルクジャグ

そして、最後はこのマイクロサーモメーター
これは、下にセンサーがついていて、触れることなく温度をはかれるというもの。

ボタンは2つだけで、下の小さなボタンはC/F(摂氏・華氏)の切り替え。

Subminimal サブミニマル Micro Thermometer マイクロサーモメーター

もうひとつが温度計測ボタンで、押してある間にセンサーが感知したところの温度をはかってくれる。
例えば、上の写真のようにな何もないところでボタンを押すと「26.9℃」。このあたりの空気の温度。

でも、ミルクに下のセンサーをあててボタンを押して温度をはかると「58.8℃」となる。

Subminimal サブミニマル Micro Thermometer マイクロサーモメーター

つまりミルクの温度は58.8℃。

もちろんドリップのお湯にも使える。
最近なんでもこれではかってる。

ドリップしている時のコーヒーの温度とかも。

触れずに温度はかれるって最高。


Makuakeでの開始日は、3月中旬予定。

2021.03.21 -追記-
2021年3月25日(木) 12:00〜 Makuakeにて開始

以下の3セット登場するよう。


A. ナノフォーマー、フローティップジャグ、コンタクトサーモメーターの3点セット
B. ナノフォーマー、フローティップジャグの2点セット
C. ナノフォーマー単品





そして、、もしナノフォーマーでミルクがうまく泡立たたなかった場合、
以下のことで改善するかもしれない。
私が結構最初悩んでしまったので、もし同じ悩みになった人のために。

実は最初、ミルクがさらっとしか泡立たたなくて2日ぐらいひたすら試していたんだけど、
どうしようもなく困ってLULUさん(福岡にあるカフェ)のもとへ。


プロがやってもやはり少しサラッとしている…

COFFEE & CAKE LULU

結局原因は、、、電池の電力不足。
付属されていた電池をつかっていたんだけど、試し新しい電池に変えてみたら回転速度が全然違うじゃないか…

LULUさん、気づいてくれて感謝。


電池変えたらちゃんと層もしっかりあるラテに。

Subminimal サブミニマル Flow Tip Jug ミルクジャグ

もしミルクの泡立ちがわるい…!と感じたら、電池変えてみてね。
2日間悩み続けた私の苦労も役に立てば嬉しい。




Subminimal サブミニマル Flow Tip Jug ミルクジャグ

Total 41Share

見てくださって、ありがとうございます。

NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2021/04/11
    STANDART 第15号は、 スイス『MAME Coffee』のコーヒーと、サステナビリティ。
  • 2021/04/05
    メリタから波佐見焼のドリッパー『プレミアムフィルター』登場! メリタ愛用者にはたまんないかも。
  • 2021/04/05
    MonoMaster 2021年5月号は『おいしいコーヒーを求めて』
  • 2021/03/30
    おすすめ!コーヒーの通販【まとめ】
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報メディア。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
  • YouTube
    暮らしの中でコーヒーを。 
    コーヒー器具も紹介してます。
    その他VLOG、旅行など。
  • Instagram
    カフェや暮らしなど。
  • Twitter
    記事の更新情報を主に。
  • Facebook
    レビュー記事などを中心に記事更新の投稿を。
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.