ブルーボトルコーヒー ドリップレシピ

ブルーボトルコーヒーが開発した
ブルーボトルコーヒー オリジナルドリッパーでのドリップの方法、分量を紹介。

ブルーボトルコーヒーのドリッパーは、
形状としてはカリタのウェーブドリッパーに似てるんですが
穴の数が1つであること、
リブを作り出す突起が40本もあることが特徴です。

なんと言っても、ドリップのときに
驚くほどまっすぐ落ちてくるコーヒーは
最もおいしいドリップコーヒーを淹れるために必要な理想の流れが生み出された結果。

コーヒーが本来持つ最高な成分のみ抽出されているのだそうです。

ブルーボトルコーヒー ドリップ

さて、ドリッパーを購入すると、
ブルーボトルコーヒー公式の淹れ方がついてくるんですが
かなり具体的に細かく書いてあります。
そのとおりに淹れてみました。

メモ的に。

ブルーボトルコーヒー ドリップの方法と分量

ブルーボトルコーヒードリッパーにコーヒー豆

BLUE BOTTLE COFFEE Brewing Recipe

【分量】

  • コーヒー豆:30g
  • お湯:350ml

【ドリップの方法】

  1. 600ml〜700mlの浄水を用意し、沸騰させる
  2. コーヒー豆30gを中細挽きに挽く
  3. フィルターにコーヒー粉を入れて平らにする
  4. お湯を4回にわけて注ぐ

     1回目)60gのお湯を15秒かけて、粉全体に行き渡るように注ぐ
     注ぎ終わったら、30秒蒸らす

     2回目)スケールが、150gになるよう90gのお湯を注ぐ
     この時、中心から外側にらせんを描くようにお湯を注ぐ
     2湯目のポイントは、表面にあるコーヒーの粉を沈めること(それにより、なだらかな水流がうまれる)

     3回目)2回目で注いだお湯が底辺近くまでさがってきたら
     15秒〜20秒かけて、250gになるよう100gのお湯を注ぐ

     4回目)3回目で注いだお湯が底辺近くまでさがってきたら
     20秒かけて、350gまで100gのお湯を注ぐ

ブルーボトルコーヒー ドリップ

秒数、お湯の量などしっかり細かいですね。

ブルーボトルコーヒー ドリップ

回数重ねて、体で覚える。

、、、ように頑張る。

ブルーボトルコーヒー
Blue Bottle Coffee
ブルーボトルコーヒー