2020.5.8
  • 1

【レビュー】BRRREWER(ブルーワー)が、とにかくおしゃれ。

BRRREWER(ブルーワー)

先日紹介していたイタリア発の水出しコーヒー器具 BRRREWERブルーワー)を頂いた。

実はこのBRRREWERは、インスタの広告を見て以来「おしゃれだなぁ..。」とチェックしていた水出しコーヒー器具。

イタリアのコーヒーレーベル essense coffee が長年の知識と技術で作り出したというもの。
イタリアと言えばエスプレッソの本場。
期待が高まる。




私が思う最大の魅力は、やっぱりデザイン。
ミニマルでスリム。
家にあったらおしゃれだろうなと妄想広がる器具に間違いない。


  1. 器具の詳細
  2. BRRREWERの使い方
  3. BRRREWER のお手入れは思ったより簡単!
  4. BRRREWERのメリット・デメリット






BRRREWER ブルーワー

BRRREWER 器具の詳細

BRRREWER(ブルーワー)

さて、BRRREWER(ブルーワー)は、滴下式の水出しコーヒー器具で、
ポタ… ポタ…と点滴のようにドリップするもの。

BRRREWER(ブルーワー)



他と違うのは、コーヒーを抽出する上下にフィルター(精密ろ過膜)をセットすることぐらいかな。

BRRREWER(ブルーワー)

上部分のフィルターは、一滴一滴が満遍なくコーヒー粉の間を通るのを助けてくれる。

こういう水出しドリッパーの場合、上に丸形のペーパーフィルターを置くことが多い。
でも、これは何度も使えるフィルターがあるので、買わなくていいからすごく便利だ。

BRRREWER(ブルーワー)


そして、私が一番この器具で好きなのは、このカラフェ(サーバー)部分。

BRRREWER(ブルーワー)

ダブルウォールになっていて、コーヒー以外でももちろん使える。

想像より、ちょっと重いけどね。


そして、このサーバーを置く部分だけが木製になっていて、これがまたなんともいい感じ。

BRRREWER(ブルーワー)






BRRREWERの使い方


早速、BRRREWER を使って水出しコーヒーを淹れていこうと思う。


フィルターを水に濡らして、コーヒー粉をセット


BRRREWER(ブルーワー)


まず、ダブルウォールのサーバーにコーヒーバスケット(ドリッパー部分)をセットして、フィルターを濡らして底面に置く。

BRRREWER(ブルーワー)


その上にコーヒー粉を入れる。

BRRREWER(ブルーワー)


ちなみに、このコーヒー粉はエッセンスコーヒーのもの。


BRRREWER(ブルーワー)

このエッセンスコーヒーのコーヒー粉は、コールドブリューに合うようにブレンドされ、
BRRREWER に合わせて挽いてあるので、より簡単にBRRREWERで美味しい水出しコーヒーをいれることができる。

ブレンドの種類は3種類。
パッケージもかわいい。

BRRREWER(ブルーワー)

ちなみに、このQRコードを読み込むとコーヒー豆の詳細が分かるようになっている(英語だけど)。




コーヒー粉を入れたら、上から濡らしたフィルターをのせる


BRRREWER(ブルーワー)

コーヒーバスケットにコーヒーを入れたら、フィルターを濡らして上からもセット。
これで、コーヒー粉全体に水を行き渡らせることができる。



上から水をセット


BRRREWER(ブルーワー)

コーヒーをセットしたら次は水をセット。
暑い時期は氷を入れてもいいかも。

水をセットする部分は、上に置くだけでしっかり固定される。

BRRREWER(ブルーワー)


下から落とす水の量の調整は、この部分をねじって行う。
(最初は水が出ないようにバルブを閉めておく)

BRRREWER(ブルーワー)


水を線まで(450ml)入れたら、ホコリが入らないようにフタをする。

BRRREWER(ブルーワー)



最初は、多めに水を出してコーヒー粉全体が湿るまで水を出す

BRRREWER(ブルーワー)


その後、2−3秒に1回に落ちるようにするのを目安に水が落ちるようにする。

BRRREWER(ブルーワー)



あとは、待つだけ


BRRREWER(ブルーワー)

あとは、待つだけ。
今回は、5時間ほどかかった。




そして、完成!


BRRREWER(ブルーワー)



あとは、コーヒー粉の部分を外して、氷の入ったコーヒーに注ぐだけ。

BRRREWER(ブルーワー)



まろやかで美味しいコーヒーができあがる。

BRRREWER(ブルーワー)

飲むときは、混ぜることを忘れずに。
(下のほうが濃くなってる)

さらに欲を言えば、このサーバーのまま冷蔵庫に入れられるように、
フタがあれば更によかったのになと思う。
そして、抽出後は早めに密閉して冷蔵庫へ。








BRRREWER のお手入れは思ったより簡単!

BRRREWER(ブルーワー)

さて、気になるお手入れだがパーツはすごく多いけど、
下のフィルターを押し出すことでコーヒー粉はさっと捨てれるので、洗いやすい。
(フィルター、間違って捨てないようにだけ注意しよう)


コーヒーサーバーにも手が入るのでしっかり洗える。
女性の私でギリギリ手が入るぐらい(手は大きめだと思う)だから、
大きな男性の手はもしかしたら入らないかも。





BRRREWER のメリット・デメリット

BRRREWER(ブルーワー)

最後に、私が思う BRRREWER のメリット・デメリットを。

    BRRREWER メリット
  • なんと言っても、デザインがスタイリッシュ!
  • 上下とも何度も使えるフィルターでエコ
  • フィルターが劣化してきても簡単に取り替えられる
  • 落ちる水の量が調節できるので、好みの味に調節できる
  • 収納しやすい


    BRRREWER デメリット
  • カラフェ用のフタがない


デザインは文句なし!

そして、やっぱり劣化していくのは、フィルター部分。
フィルターが別になっているというのは、ずっと使っていくことを考えるとすごくいいと思う。

収納の面で言えば、例えば夏場しか使わないとなると収納には少々場所をとる。
縦に長いからね。
でも、他のメーカーの本格的なウォータードリッパーは、更に場所を取る
(本格的なやつね)


それに比べて、これはウォータータンクをカラフェを置く部分に収納すれば、スッキリ。
カラフェは一年中使える。


唯一のデメリットと言うか希望だけど、そのまま冷蔵庫に収納できるよう
カラフェ用の密閉できるフタがあればいいのに、と使うたびに思う。


それ以外は、大満足!


Total 19Share

見てくださって、ありがとうございます。

amazon コーヒー用品
YOUTUBE始めました。

  • コマンダンテと1Zpresso Zproの比較レビュー! 最高峰のコーヒーミルは何が違う?
  • バリスタの味を完全再現してくれる【iDrip】がすごすぎる!
  • 微粉を感じない!? ESPRO/エスプロのコーヒーフレンチプレスを使う。
  • 【レビュー】滴下式水出しドリッパー 『Wiswell Water Dripper』
NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2020.8.8
    開けてすぐにエスプレッソ! LIGHT UP COFFEEの【エスプレッソキューブ】
  • 2020.8.7
    コマンダンテと1Zpresso Zproの比較レビュー! 最高峰のコーヒーミルは何が違う?
  • 2020.7.30
    お気に入り【のっけ食パン】のレシピ5つ。コーヒーとの暮らし。
  • 2020.7.28
    バリスタの味を完全再現してくれる【iDrip】がすごすぎる!
  • 2020.7.24
    ラッセルホブスから温度調節が可能な【Tケトル】が登場!
  • 2020.7.17
    【#03 わたしの愛用品】 IKEAの購入品と、HMMのコーヒー器具。洗面所収納。
  • 2020.7.15
    【LOVERAMICS】味が変わる3つのコーヒードリッパーがすごくいい。
  • 2020.7.13
    最高に美味しいサブスクコーヒーサービス 【PostCoffee】、進化してる!
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報メディア。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
  • YouTube
    暮らしの中でコーヒーを。 
    コーヒー器具も紹介してます。
    その他VLOG、旅行など。
  • Instagram
    カフェや暮らしなど。
  • Twitter
    記事の更新情報を主に。
  • Facebook
    レビュー記事などを中心に記事更新の投稿を。
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.