2019.1.21
  • 2

【窯元訪問】最新技術と、伝統技術と、コーヒーへの熱い想いでブルーボトルコーヒーのドリッパーはできている。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー

今回素敵なご縁を頂きまして、
ブルーボトルコーヒードリッパーを製造されている
佐賀・有田焼の窯元 久保田稔製陶所 久右ヱ門さんへお邪魔しました。



ブルーボトルコーヒーのドリッパーといえば、
2016年12月に独自で研究開発したというオリジナルドリッパー

ブルーボトルコーヒー
Blue Bottle Coffee
ブルーボトルコーヒー


製造過程を見る中で、その緻密な設計と、
有田焼だからこそ作り出せる職人技にすっかり魅了されました。


モノづくりって、すごい!



ここがすごい!ブルーボトルコーヒーのドリッパー

ブルーボトルコーヒー ドリッパー


このブルーボトルコーヒーのオリジナルドリッパーは、
より多くの人に、自宅や職場などでおいしいコーヒーをハンドドリップしてほしい!』という想いから
米国の科学者チームの協力のもと開発されました。


コーヒーをドリップするって、想像以上に奥が深く、
淹れる人によって(淹れ方)で、大きく味が変わってしまうんですよね。




開発の際に着目したのは、『デリシャスネス』『一貫性』『スピード』の3つ。

それを実現したのは、一番の特徴でもある
ドリッパー内側の40本もの細かな突起したライン


この突起によって、抽出口から遅すぎず、早すぎず、
一定の流れでコーヒーが抽出できる
ようになっています。




また、この1つの穴なのですが、理想の流れを作り出したというだけあって、
驚くほど、まっすぐコーヒーが落ちていくんですよ。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー

これによって、最もおいしいドリップコーヒーを淹れるために必要な理想の流れが生み出され、
コーヒーが本来持つ最高な成分のみ抽出されるのだそうです。


このドリッパーで初めてコーヒーを淹れた時、
いつものコーヒーが、より美味しく感じたのは、気のせいじゃないと思う。



そして、この最新技術と知識によって作られたドリッパーですが、製造は、日本
Made in Japanなんです。

ブルーボトルコーヒーは、日本の工芸品やモノづくりをリスペクトしてくれていて、
日本磁器発祥の地として有名な佐賀 有田町の久保田稔製陶所-久右ヱ門-で製造することになったのだそう。


ちなみに有田焼の一番の特徴は、製品の厚みを薄くして軽くてシャープな形状を実現できる点だそうです。
製品の厚みが薄いと、熱伝導がとてもいい。
コーヒー抽出時にはお湯の温度を下げないでドリップしないといけないため、有田焼はドリッパーに最適なのだとか。




つくることができるという、『技術』

ブルーボトルコーヒー ドリッパー

さて、『同じ品質のドリッパーを作る』ということ、
実は、私たちが思っている以上に、すごく大変で技術を要することなんです。




確かに、穴の大きさ違ったらコーヒーの味、変わっちゃいますよね、、。




ブルーボトルコーヒーのドリッパーができるまで

ブルーボトルコーヒー ドリッパー

製造現場に入るとズラリと並べてあるドリッパー。

綺麗です。



ブルーボトルコーヒー ドリッパー

ブルーボトルコーヒーのドリッパー、月に数千個は製造しているそう。




型も見せてもらいました。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー

コンピュータを使って作られるという緻密な型。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー 型

すごく細かくって、、

ブルーボトルコーヒー ドリッパー

美しい、、と言ってしまうレベル。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー


ブルーボトルコーヒー ドリッパー

この型ですが、ある程度(100回ほど)使うと摩耗して形が変わってくるので
型を新しいものに変える必要があるんだそうです。




この型にいれて、成形して乾燥させて、窯へ。

久保田稔製陶所 久右ヱ門 窯


これが、素焼き前の状態。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー


リブの多さと、精巧さがやっぱりすごい。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー


そして、釉薬を塗って焼いたあと、
お湯が出てくる穴の部分は、サイズが決められているので、全て測って確認して。
サイズが合わない場合は、修正して再度焼くのだそうです。

ブルーボトルコーヒー ドリッパー


例えば、小さい場合は、コンクリートドリルで穴を空けて、また釉薬を塗って調整、、といった感じで。
すごく手間が、、、




ちなみに、このドリッパーが出来上がるまでは、
何度も試行錯誤があったそうで、様々な形状を試したそうです。


できあがるまでの試行錯誤

久保田稔製陶所 久右ヱ門 ブルーボトルコーヒードリッパー

様々なリブの形を試し、、
最初は、四角いドリッパーはどうか、、という提案もあったんだとか。

面白いです。




そしてですね、形状はもちろん、美しい白と質感にもこだわっていて。

久保田稔製陶所 久右ヱ門 ブルーボトルコーヒードリッパー

有田焼きというと、うっすら青みがかった感じのイメージなんですが(左側のような)
ブルーボトルコーヒーのドリッパーって、少しだけベージュがかったというか
優しい絶妙な色合いなんですよね。




こうして満を持して完成したドリッパー。

久保田稔製陶所 久右ヱ門 ブルーボトルコーヒードリッパー

ドリッパー1つでも、
どういう想いで開発され
どうやって作られているのか現場を知ると、
愛着がグンと湧きますね。




そうそう、ブルーボトルコーヒーでは、ドリッパーのみならず、ペーパーフィルターも独自に開発しています。

このペーパーフィルターは、竹の繊維で30通りぐらい紙の配合を試したりされたそうで。

ドリッパーの形状に合わせ、ウェーブ状になっているのが特徴で、フィルターは折る手間もなく
また、きめ細やかな竹パルプを適切な割合で配合しているため、湯通しの必要もなし。

ブルーボトルコーヒードリッパー ペーパーフィルター

このペーパーフィルターですね、
素人じゃ見ただけで、材質の良さというのはさすがに分からないですが、形状が結構独特なんです。

特に底はドリッパーよりも結構狭く、
フォルムは、縦に長い
印象。


ブルーボトルコーヒーのドリッパー使う時は、このフィルターが必須のような気がします。





最後に余談ですが、
久保田さん、製造の依頼を受けた際
試行錯誤してドリッパーができあがって、
最後に、「このマークをドリッパーにつけてください」というマークを見て
これが、ブルーボトルコーヒーのドリッパーだと知ったんだそうです。


すごい、笑。



今回、取材させてくださった久保田稔製陶所 久右ヱ門の久保田さん、ありがとうございました。

久保田稔製陶所 久右ヱ門 ブルーボトルコーヒードリッパー


開発までのこだわり
製造する上での技術や、手間
こういうのを知ってドリッパーを使うと、
なんだか毎日のドリップが、より特別なものになりますね。


大切に使っていきたいです。









久保田稔製陶所 久右ヱ門

この記事を書く上で、開発などについて、快く教えてくださったブルーボトルコーヒーの方へも、心から感謝です。
ありがとうございました。

amazon コーヒー用品
Total 82 Share

見てくださって、ありがとうございます。

,

  • ブルーボトルコーヒー別注、 ハリオのコールドブリューボトルに新色グレー!
  • 【BLUE BOTTLE COFFEE】 ブルーボトルコーヒードリッパーでのドリップの方法と分量
  • 【窯元訪問】技術と手間がすごすぎる! 水を変えるコーヒードリッパー『LOCA』ができるまで
  • ブルーボトルコーヒー × FELLOW(フェロー)限定モデル 『スタッグ ミニ ポア オーバー ケトル』、すごくいい!
NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2019.7.18
    Coffee Soldier ケニア『キアンジュキ』
  • 2019.7.16
    コーヒーのための【水】の選び方
  • 2019.7.16
    九州中のコーヒーショップのTシャツが集まる 【COFFEE T-shirts Store 2019】へ。
  • 2019.7.14
    博多の下町感あふれるカフェ『珈琲と麦酒』。 みんながふらりと挨拶しに寄る憩いの場所でした。
  • 2019.7.11
    WEEKENDERS COFFEE グアテマラ『LA LIBERTAD CUEVITAS』
  • 2019.7.9
    HARIOから、スマートG 電動ハンディーコーヒーグラインダーが登場。
  • 2019.7.9
    【福岡 ランチ】人気のCHOCOLATE BARで、ランチ。 パスタにカレーに、デザートに。
  • 2019.7.9
    FILTER SUPPLY(福岡・中央区高砂/薬院)