PAGE
TOP
ROAST

好みの焙煎度合いを選ぶ

同じコーヒー豆でも「焙煎度合い」によって、コーヒーの味は大きく変わります。
ここでは焙煎によるコーヒー豆の味の違いについて説明します。

焙煎とは

コーヒー豆の焙煎
もともとコーヒー豆は「生豆」という
コーヒーの果実から果肉と種皮を取り除いた状態で緑色の豆。

この「生豆」を焙煎する(火で煎る)ことで、
私達が見慣れた茶色のコーヒー豆になる
のです。

コーヒー豆は焙煎されることで、
コーヒーの酸味や、苦味、甘みが引き出されます。

コーヒーの焙煎度による味の違い

コーヒーの焙煎度は、
一般的に浅煎りから深煎りまで以下の8段階に分けられています。
焙煎度合いによって味が大きく異なります。

自分好みの焙煎度を知ることで、
より自分に合ったコーヒーを選ぶことができるようになるので、
コーヒーを選ぶ楽しみも広がります。

焙煎度は浅煎りの方が酸味が強い反面苦味は少なくまろやか。
反対に、深煎りになればなるほど、苦味が強くなり酸味もへり、コクがでます。



一般に、コーヒー屋さんではロースト名でなく、
中煎り、中深煎り、深煎りなどで売られています。

コーヒー屋さんによって、煎り具合の判斷が異なるので、
あるコーヒー屋さんの中煎り
他のコーヒー屋さんでは深煎りだったりすることも。

目安にぐらいで考えるといいと思います。
コーヒーの焙煎度合い 8段階
酸味


































































苦味
浅煎り ライトロースト
1. ライトロースト(Light roast)
うっすらと焦げ目がついているぐらいの浅い煎り方。
色は黄色がかった小麦色。
香り・コクはまだ不十分で、酸味が強いです。
この状態で飲まれることはあまりありません。
シナモンロースト
2. シナモンロースト(Cinnamon roast)
色はシナモン色になるぐらいの浅い煎り方。
コクや苦みはまだ柔らかいままで、酸味を強く感じます。
さっぱりしているのでブラックコーヒーでも飲みやすいです。
中煎り ミディアムロースト
3. ミディアムロースト(Medium roast)
色が明るい茶色になるぐらいの煎り方。
軽い苦味と適度な酸味で口当たりが柔らかいのが特徴です。
ミディアムローストの煎り方は、
いわゆるアメリカンコーヒーと言われる軽いコーヒーに向いています。
ハイロースト
4. ハイロースト(High roast)
ミディアムローストよりやや深い炒り具合。
一般的に家庭でよく飲まれる市販のレギュラーコーヒーは、
このハイローストです。
酸味にほどよい苦味が加わったバランスがいいコーヒーになります。
深煎り シティロースト
5. シティロースト(City roast)
適度な酸味に苦味やコクが増し、ロースト感も強く感じます。
シティローストも市販でよく売られている煎り具合です。
フルシティロースト
6. フルシティロースト(Fullcity roast)
酸味が少なく苦みが強めです。
アイスコーヒーやエスプレッソにはフルシティローストがよく使われます。
また炭焼珈琲などもこの段階の煎り具合です。
フレンチロースト
7. フレンチロースト(French roast)
強い苦味とロースト感の強い香りが特徴です。
苦味が強いので、カフェ・オ・レやウィンナーコーヒーなど、
ミルクと合わせるアレンジコーヒーに向いています。
イタリアンロースト
8. イタリアンロースト(Italian roast)
豆の色はかなり黒っぽくなります。
強い苦みと濃厚なコクが特徴で、酸味はほとんどありません。
コーヒーでは最も深い煎り方で、
エスプレッソやカプチーノなどはこの煎り方のコーヒー豆が使われます。

焙煎の方法

コーヒー豆の焙煎
自宅で焙煎することも可能です。

焙煎方法を説明しているサイトも多く見かけます。
そして、生豆をうってくれるお店や通販ショップもあります。

ただし、コーヒー豆の焙煎は、
結構難易度が高いため、
よほどのこだわりがある方にオススメ。

ちなみに、私は焙煎しません。
大変ですから(汗)
今のところプロにお任せしよう!と決めています。

マァ…でもそのうち焙煎方法のページもアップするかも。しないかも。
NEW ENTRY
SEARCH