DELTER COFFEE PRESS って、いい!
レビューとエアロプレスとの比較。
DELTER COFFEE PRESS って、いい!レビューとエアロプレスとの比較。

DELTER COFFEE PRESS / デルター コーヒー プレス

2019年、クラウドファンディングにて登場したオーストラリア発のコーヒー器具『DELTER COFFEE PRESS』。
気になってはいたものの形状がエアロプレスとそっくりだから、
なんとなく似たような器具かな〜とスルーしていたんだけど、原理は全然違った

使ってみた感想を最初に言っておくと、個人的にはすごく気に入っている。

淹れやすいし、味の調節もしやすくて、ドリップのようなんだけど、
もう少しだけコクがあるような、そんな美味しいコーヒーを淹れることができる。
デザインもシンプルでいい。
さらに、もう一つ重要なポイントとして、淹れるのがすごーく楽しい

DELTER COFFEE PRESS / デルター コーヒー プレス
DELTER COFFEE PRESS
デルター コーヒー プレス

DELTER COFFEE PRESS / デルターコーヒープレス

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

まずは、パーツの紹介と使い方から。
その後、エアロプレスとは実際にどう違うのかも比較説明できたらと思う。

DELTER COFFEE PRESS パーツの詳細

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

まずは、箱を開けると、本体フィルターBrewing Guideが入っている。

抽出時に使う本体のパーツはこの4つだけ。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス 本体

メモリがあるからコーヒー豆の量さえはかれば、スケールは必要ない
ちなみに抽出時の蓋となるこの部分は計量スプーンの役割も果たしてくれる。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス 本体

量ってみた感じ大体6〜7g
煎り具合によっても変わってくるので自分のいつもの豆で大体何gか分かっていると、とても便利だ。
アウトドア用のコーヒー器具としてもすごくいいと思う。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

説明書によると分量はコーヒー粉12g-15gに、お湯が約200ml
最初はこの分量で淹れてみて色々試したり好みで調節するのがおすすめ。

挽き具合は、色々試してみたけど、私の好みとしては少し細め(中細挽きぐらい)に挽く方がしっかり味が出て良かった。
でも、この辺はコーヒー豆によっても違うのでぜひ色々お試しを。

では、さっそく淹れてみる。

DELTER COFFEE PRESS でコーヒーを淹れる

手順としては以下の通り。

01 – フィルターをセットして湯通し
02 – 本体を重ねた状態で粉をセット
03 – お湯を注ぐ
04 – 少しお湯をプレスして蒸らす
05 – 好みで数回に分けたりしながらプレスする

01 – フィルターをセットして湯通し

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

まずは付属の丸いペーパーフィルターをセットする。
ちなみにこのペーパーフィルターは、エアロプレスのものとサイズは同じ。

そうしたら湯通し。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

この辺はエアロプレスとも同じ。
ドリップの時のようなリンスの意味合いももちろんあるかもだけど、
ペーパーが張り付くので蓋がしやすくなるという点でも湯通しはした方がいいと思う。

02 – 本体を重ねた状態で粉をセット

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス 重ねる

DELTER COFFEE PRESSは注射器のように2つ重ねて使うので、最初からしっかりと最後まで重ねておく。
私たまに忘れてしまう

抽出部分はこんな感じになっていて、

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス お湯が出る部分

ぎゅっと押すと、この隙間からポタポタとお湯が落ちる仕組みになっている。

本体を2つ重ねたら、逆さにしてコーヒー粉をここにいれる。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

今回粉は12gにしてみた。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

けど、私は最近は14gぐらいが多い気がする。

あとは、蓋をしっかりしめれば、粉のセットは完了。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

03 – お湯を注ぐ

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス お湯を注ぐ

そうしたら、メモリまでお湯をそそぐ
スケールいらないのがすごく便利

04 – 少しお湯をプレスして蒸らす

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

蓋をしたら、早速抽出していく。
方法としては、注射器のように重なっている中の本体部分を引き上げると、その下にお湯がたまる

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

上の写真はゆっくりとお湯が50のメモリにくるまで引き上げたところ。

あとは、下に押し下げれば、お湯が粉に向かって落ちていく。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

つまり、引き上げた分のお湯を下にむかってプレスすることでコーヒーが抽出できるようになっている。

05 – 好みで数回に分けたりしながらプレスする

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス

あとは、引き上げては下げて、引き上げては下げて、を繰り返す。
実際のところ、最初蒸らしてあとは全部引き上げて下ろしていくでもいいのだけど、
なんとなく高さが出てプレスしにくく感じる(私は)から、何度かに分けている。

プレスによる味の調節としては、例えば、最初の100mlはゆっくりゆっくりプレスして、
あとは早めにプレスするとか色々試してみるといいかもしれない。
私は、まだ模索中。

ちなみにプレスする時に必要な力は、エアロプレスの半分ぐらいかな。
そこまで力は必要ない。

出来上がったコーヒーは、ほんのわずかに濁りがある。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレスで淹れたコーヒー

が、飲んでみてざらつきなどを感じることはなく、ドリップよりも少しコクがある味わいになる。
美味しくて、好き!

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレスで淹れたコーヒー

エアロプレスとの違い・比較

Aeropress / エアロプレス

さて、気になるのがエアロプレスとの違いって結局なんなの?
ということになると思う。

簡単に言ってしまうと、エアロプレスは浸漬式DELTER COFFEE PRESSは透過式の器具ということになる。

エアロプレスは、こうやって、粉にお湯を直接注いで

エアロプレス

攪拌して約1分待ってから、プレスするという淹れ方が一般的。

エアロプレス

それに対して、DELTER COFFEE PRESS は、お湯を粉に通して抽出する器具。

DELTER COFFEE PRESS /デルター コーヒー プレス 抽出

DELTER COFFEE PRESSは、ドリップに近い感じになる。

ドリップ

エアロプレスはどちらかといえばフレンチプレスSteepShotと同じ系統の器具。

フレンチプレス

味はね、正直どちらもすごく美味しいというのが正直な感想。

ただ、淹れやすさでいうと、私はDELTER COFFEE PRESSの方が淹れやすい。
器具も安定して置けるし器具にお湯を淹れてカップのところへさっと移動する、、なんていうこともエアロプレスより簡単。
スケール使わなくていいというところもすごく手軽。

お手入れ方法に関してもエアロプレスとそこまで大差はない。
ほんのわずか、DELTER COFFEE PRESSの方がコーヒー豆が残るかなという程度。

アウトドアにも最高だと思う。
私はとっても気に入っています。

DELTER COFFEE PRESS / デルター コーヒー プレス
DELTER COFFEE PRESS
デルター コーヒー プレス

Follow me!