NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

以前、NPSコーヒードリッパースタンドという
ドリッパースタンドを紹介したのですが、
今回は、その1人用 ドリッパースタンドが登場です。

頂きまして、使ってみましたので
さっそく、レビューを。

まず、使った感想を一言でいうと、
作りがしっかりしてる!
安定感が全然違います。

NPS Self Coffee Dripper Stand

細部は、こんな感じ

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

さて、まずサイズ感ですが、
上には1〜4人用のドリッパーも置けますが、
下がコーヒーカップやマグカップが下に入るサイズなので1〜2人用です。

NPS Self Coffee Dripper Stand

・サイズ:約幅13cm × 奥行13cm × 高14cm
・カップ推奨高さ:6.5cm 〜 8.5cm
・材質:本体/ステンレス ・ 脚/ゴム
・付属品:取扱説明書、コーヒーの淹れ方 しおり2種(各1枚)

キズが目立ちにくい
長く連続した研磨目を持った『ヘアライン仕上げ』加工。

全体の形状は、とってもシンプル。

横から。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

後ろから。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

底面。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

底面は、滑り止めのゴムが付いていますが、
このゴムね、上からネジでしっかり留めてあるから
簡単に外れたりしません。

こういうのって、
すぐ外れるの多いんですよね、、、

でもこれは、そんな心配全くなさそう。
かなりしっかり固定されています。
こういうところが、しっかりしてて安心感ある。

ちなみに、Made in JAPANです。

そして、NPS ドリッパースタンドの一番の特徴は
トレイ付きなこと。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

ドリップした後、カップやサーバーを外しても、
下に垂れるの気にしなくていいのって
使ってみると、予想以上に便利。

1人用のドリッパースタンドで
トレイがついているのは、かなり珍しいと思います。

更にね、このドリッパースタンド、
なんとなんと食洗機で丸洗い可能
これ、すっごい嬉しいです。

どのドリッパーに合う?

NPSドリッパースタンドは、一般的な高台のサイズという
直径65mm以内のコーヒードリッパーに対応しています。

で、せっかくなので
我が家にあるドリッパーに合わせてみることに。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

左上)HARIO V60透過ドリッパー 02(1〜4人用)
右上)メリタ 陶器フィルター SF-T 1×1(1〜2人用)
左下)HMM Patio Dripper(1〜2人用)
右下)スリーフォードリッパー 101(1〜2人用)

HMM Patio Dripperは、はまるというより
上に乗るという感じですが、
意外に安定してます。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

左上)カリタ 101-ロト(1〜2人用)
右上)HARIO V60透過ドリッパー 01(1〜2人用)
左下)KONO式名門ドリッパー(1〜2人用)
右下)安清式木製ドリッパー(1〜2人用)

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

左)MT.FUJI DRIPPER(1〜4人用)
右)メリタ 陶器フィルター SF-T 1×2(1〜4人用)

ほどんど、いけます。
ただ、ZERO JAPANのドリッパー(1〜4人用)だけは、
サイズが合いませんでした。

下に置くマグカップ・サーバーは?

そして、もうひとつ気になる下に置くもの。

今回は、イッタラティーマを置いてみました。

オリーブグリーンのが、コーヒーカップで
イエローはマグカップ。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

どちらも、いけます。

が、HASAMIのブロックマグ ビッグなどは入りきらず。
少し小さめのマグカップがちょうど良い感じですね。

さて、ドリップ。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

早速、ドリップ。
今回は、上に安清式ドリッパー、
下には、先日紹介したHMM® Clever Coffeeシリーズ
コーヒーサーバーがぴったりサイズだったので、それを使って。

使ってみた率直な感想。
上でも、少し述べましたが、
トレイがついてるのが本当に便利

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

いつもは、サーバーを用意して
その上にドリッパーのせて、、、
それから、というのがドリップの手順でしたが
準備の順番も気にしなくていいし、
さっとサーバーやカップを取り外せるのが
こんなに快適なんて思いませんでした。

NPS Coffee Dripper Stand(コーヒードリッパースタンド )

ちょっとしたことですけどね。
でも、毎日のことだから、
意外に大きなことなんです。

このセルフコーヒードリッパースタンド
私は個人で使うので個人で使うレビューを紹介しましたが、
カフェなどのお店で、各個人でドリップしてもらう用に、、
とも考えられて作っているそうです。

お店などで使用を考えられる場合は、
サイズなど変更も可能なようですよ。

発売は、2018年1月22日から!

NPS
NPS セルフコーヒードリッパースタンド
NPS Self Coffee Dripper Stand