Kalita(カリタ)ニューカントリー102

今回は、大人数でのアウトドアにもぴったりな Kalitaカリタ)のニューカントリー102を紹介する。

カリタのニューカントリー 102 の特徴は、何と言ってもこのシャワーポット

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

コーヒー粉をセットして、このシャワーポットにお湯を注げば、
コーヒー粉にシャワー状のお湯がゆっくり落ちていき勝手にドリップされる
というもの。

家でももちろん、何かとバタバタしがちなアウトドアでは想像以上に便利だ。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102
Kalita ニューカントリー 102
カリタ New Country 102

Kalita カリタ

ニューカントリー 102

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

容量は、2〜4人用

フタシャワーポットドリッパーポットの4つのパーツから成っている。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

シャワーポットには無数の穴。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

アウトドアでも便利な容量のメモリ付き。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

とにかく使ってみるのが一番わかりやすいと思う。

まずは、ポット上にドリッパー置いたら、

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

フィルターにコーヒー粉をセットする(好みでフィルターに湯通し)。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

あとは、シャワーポットを上において、お湯を注ぐだけ。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

こうやって持ち上げてみると分かるのだが、お湯がシャワー状にゆっくりと落ちていく。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

また、シャワーポットで蓋をしながらドリップするため、コーヒー豆を蒸らすことができ、最初の30秒の蒸らしも必要ない

そう、つまり、ただコーヒー粉とフィルターをセットしてお湯を容量まで一気に入れたら
勝手にドリップコーヒーが出来上がる
ということ。

ちなみに、ここで、唯一私が感じる欠点を挙げるなら、ちょっとだけフィルターのサイズよりドリッパーが小さいので、シャワーポットでペーパーフィルターが押しつぶされフィルターがゆがんでしまうこと

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

もう少しだけドリッパー深くしてくれたらいいのにな…

でも、家では朝などに一度に作っておくのに便利だし、

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

アウトドアでも実際に使ってみたけど、すごく便利。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

のんびりコーヒーを淹れるだけならいいかもしれないが、
アウトドアでは食事を作りながら、合間にドリップする時は本当にバタバタする。
そんな時にすごく重宝する。
子どもがいるアウトドアでもね(すぐ呼ばれるので落ち着いてドリップできない…)。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

しかもほとんどステンレスで丈夫なので扱いも楽。

こういうのって意外に知られる機会が少ないけど、
実際に使ってみると想像以上に便利で、おすすめです。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

Kalita(カリタ)ニューカントリー102
Kalita ニューカントリー 102
カリタ New Country 102

ちなみに、夫の実家の山の中で使ってみている。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102

外で飲むコーヒーってなんでこんな美味しいんだろ。

Kalita(カリタ)ニューカントリー102