2020.6.26
  • 0

Cores(コレス)の定番ドリッパー『ゴールドフィルター』がリニューアル!【レビュー】

Cores(コレス)ゴールドフィルター C246BK

Coresコレス)の定番ドリッパー『ゴールドフィルター』がリニューアルしている。

頂いて以来、何度も使っているのだけど、ものすごく使いやすい。

ゴールドのメッシュのところ以外はポリプロピレンを使用しているからとても軽いのだ。
よくあるプラスチックのドリッパーが軽くて丈夫で使いやすいのを想像すると、わかり易いと思う。


ゴールドコーンフィルター&サーバーチタンコーンフィルターもとても気に入っているのだけど、少し重くて重厚感ある。

それと比べると、これはいろんなコーヒーサーバーにポンッと置けて、
しかもペーパーフィルターが必要ないからすぐにドリップができる。



また、今回リニューアルした箇所は、フィルターホルダーの形状
ゴールドフィルターのところに目安となるメモリがついたこと。


発売は、2020年6月26日)から。


Cores(コレス)ゴールドフィルター
Cores GOLD FILTER
コレス ゴールドフィルター C246BK/C286BK



Cores コレス

ゴールドフィルター C246BK

Cores(コレス)ゴールドフィルター C246BK

このCoresのゴールドフィルターは、サイズが2種類(C246BK/C286BK)。

C2462-4杯用C2862-8杯用



今回リニューアルにあたってメモリがついている。

Cores(コレス)ゴールドフィルター C246BK


2-5 杯用のC246には約2カップ3カップの位置に、
2-8杯用のC286には約2カップ4カップ6カップの位置に。

コーヒー粉は、煎り具合(中煎りや深煎り等)によって重さが変わってくるので、あくまで目安に。
特に、いつも同じコーヒー豆を使用している場合はすごく便利だと思う。




また、もう1つ、今回リニューアルされたのが、このドリッパーホルダー。

Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK

Cores(コレス)ゴールドフィルター


以前のドリッパーホルダーはこんな感じ。

Cores(コレス)ゴールドフィルター





今回の方がどこからでも持てるようになっていて、全体的に空気が開放されやすい形状に見える。

Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK

このドリッパーホルダーは下の突起でのみ支えるので
ゴールドのフィルター部分にはこのドリッパーホルダーが当たらないようになっている。

隙間があるの、わかるかな。




そして、Coresのゴールドフィルターの特徴を挙げておくと、まず純金コーティングを使用。


ゴールドは、最も酸化しにくく、金属イオンを発生させにくいとされている。

そのため、Coresの純金コーティングしたゴールドフィルターは、
化学変化しにくく、コーヒー豆のピュアな風味・香りを引き出すことができる


Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK

また、よ〜く見るとわかるように、Coresのフィルターの穴は縦長
縦長の穴にすることで、目詰まりを起こしにくくなり、スピーディーに抽出できるようになっている。




お湯の抜けがスムーズになるようメッシュの穴開けはメッシュ裏側から表面に向かって打ち抜いている。
さらにこの穴はエッチング加工されていて、滑らかな形状になっている。

Cores(コレス)ゴールドフィルター エッチング加工


これによっても、お湯が抜けやすくなり、短時間抽出をさらに促進させ、
スペシャルティコーヒーのフルーティな味をも美味しく抽出できるようにと工夫されている。




ちなみに、このゴールドフィルターはサイズさえ合えば他のコーヒーメーカーにも使用することが可能

Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK

そのため、取り出しやすいように取っ手付き。




ドリップする!

Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK

さて、実際にドリップしてると、その軽さがとても使いやすい。
とにかく、とても手軽

ペーパーフィルターをセットすることも必要なく、粉をいれてすぐに抽出を開始することができる。

Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK

また、隙間からも見えるので小さいサイズ(C246BK)だとマグカップにそのままセットしてもいいと思う。

Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK


ペーパーでないのでコーヒーのオイル分まで抽出できてコクがある美味しいコーヒーを淹れることができるのがメリット。

Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK

抽出の際の分量の目安は、説明書によると以下の通り。
  • 豆の挽き具合:中挽き〜中粗挽き
  • 粉の量:1カップにつき8g
  • お湯の量:1カップにつき150ml

デメリットを挙げるなら、微粉が抽出されてしまうこと。
どうしても粉っぽいのが苦手な方はペーパーフィルターのほうがいいかもしれない。

ちなみに、私は抽出後、一度撹拌して少し待つと粉が下の方に落ちるのでそれからゆっくりカップに注ぐようにしている。
ブラックで飲む時は、下の粉が溜まっている最後の部分は注がない
ミルクを入れる時は、私はあまり微粉は気にならない

もう1つはお手入れかな。
ペーパーフィルターのようにまとめてポイではないので少しだけ手間がかかる。
しかし、フレンチプレスと比較すると粉は捨てやすいので、
私個人としてはそんなに気になるほどではないかな、と思っている。


Cores(コレス)ゴールドフィルター ドリッパーホルダー C246BK

    【メリット】
  • ペーパーなしで使えてエコだし手軽
  • ほどよいオイル感のあるコーヒー本来の味を楽しめる

  • 【デメリット】
  • 洗うのがペーパーより少し手間
  • 微粉が抽出される(好みによる)


私は、すごく使ってる。

やっぱり、毎日使う道具は、手軽って大事。



Cores(コレス)ゴールドフィルター
Cores GOLD FILTER
コレス ゴールドフィルター C246BK/C286BK

Total 21Share

見てくださって、ありがとうございます。

amazon コーヒー用品
YOUTUBE始めました。

  • これぞ理想のステンレスジャグ! Cores のジャグ B FLASK GRANDE を使ってみました。
  • Coresから美しいデザインのステンレスジャグ 『ビーフラスクグランデ』が登場!
  • 味も価格もデザインも! 【レビュー】Cores(コレス)チタンコーンフィルター&サーバー
  • おしゃれすぎる! Cores(コレス)のコーンゴールドフィルター&サーバーが最高。
NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2020.7.9
    ブルーボトル × ボダムのダブルウォールグラスマグが登場! サマーブレンドも。
  • 2020.7.6
    珈琲考具からお手軽な回転式ロースターが登場! 自家焙煎を始めるなら回転式がやっぱり便利。
  • 2020.7.2
    ペットボトルの水が2秒でお湯に!温度調節も! 絶対便利なレコルトのホットウォーターサーバー
  • 2020.6.29
    初めてのネルドリップに挑戦するなら。 陶器のネルドリッパー【soupir -スピール-】
  • 2020.6.27
    Flair Espresso Maker /Flair PRO 2を使って、 お家で極上エスプレッソ。
  • 2020.6.26
    Cores(コレス)の定番ドリッパー 『ゴールドフィルター』がリニューアル!【レビュー】
  • 2020.6.23
    GLOCAL STANDARD PRODUCTSから、TSUBAME W&M Mug とブラックマットのキャニスターが登場!
  • 2020.6.22
    【#02 わたしの愛用品】 お菓子作りのきっかけをくれたレシピ本と道具
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報メディア。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
  • YouTube
    暮らしの中でコーヒーを。 
    コーヒー器具も紹介してます。
    その他VLOG、旅行など。
  • Instagram
    カフェや暮らしなど。
  • Twitter
    記事の更新情報を主に。
  • Facebook
    レビュー記事などを中心に記事更新の投稿を。
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.