Eaves Coffee
台湾『雲林古坑コーヒー』
Eaves Coffee台湾『雲林古坑コーヒー』

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

先日台湾へ旅行に行った時、
Eaves Coffeeのリーさんに「買いたい」と
前もってお願いしていた台湾産雲林古坑)のコーヒー豆。

台湾で育てられる台湾産のコーヒーは、
日本統治時代に天皇に献上するために栽培したことが始まりと言われているのだとか。

台湾のコーヒーでは、
阿里山コーヒー雲林古坑コーヒー瑞穂コーヒーなどが有名。

台湾産のコーヒーは、その育てやすさとか手間とか関係あると思うんですが、
少し価格が高く、台湾で普段飲んでいるいう感じではなさそうです。

Eaves Coffeeは、先日も紹介したんですが、
本業がデザイナーということでパッケージがとにかく可愛いのです。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

Eaves Coffee

台湾 雲林古坑コーヒー

Eaves Coffee 台湾『雲林古坑コーヒー

コーヒーは、中深煎りぐらい。

さて、今日はカリタウェーブドリッパーでハンドドリップ。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

今まで基本的に円錐型のドリッパーを使うことが多かったんですが、最近使い始めてみてます。

海外に行くとハリオのV60をよく見かけるんですが、
日本のコーヒーショップではこのウェーブドリッパーを使ってるところも多いイメージ。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

ムクムク。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

使ってみるとわかるんですが、すごく淹れやすい。
淹れやすい』というか、『味が安定しやすい』ですね。

見た目も好きです。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

さて、味は、キリッと苦味が先に来て、あとはスッキリ。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

酸味は少しな感じでした。
アイスコーヒーにも合いそう。

ちなみにですが、このマグカップも Eaves Coffee オリジナル。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

美濃焼で、イラストは日本の方。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

書いてある文字は、『SWIM IN THE COFFEETAKE A BREAK IN THE BLACK』。
コーヒーの中で泳いで少し休んでというような意味だそうです。

コーヒーで泳ぐって言う表現、いいですね。

裏面は、Eaves Coffeeのロゴ。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

サイズも、マグカップにしては少し小さめなのが、ほどよくてまたいい。

そして、お土産にと頂いたコーヒーナッツ。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

ナッツにコーヒーがたっぷりまぶしてあるんですが、
シナモンとかスパイスが程よく効いてて、
甘さとコーヒーの苦味のバランスもちょうどよくて。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

ポリポリ止まらない感じ。

そして、パッケージがやっぱりかわいい。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

あと、パッケージを手掛けているというポップコーンはまだ食べてなくって、あとのお楽しみ。

Eaves Coffee 台湾 雲林古坑コーヒー

ポップコーン大好きなんです。

帰ってからも台湾を満喫。
ごちそうさまでした。

Follow me!