COFFEE COUNTY
エチオピア『Bensa KURUME Natural』
COFFEE COUNTYエチオピア『Bensa KURUME Natural』

COFFEE COUNTY  エチオピア『Bensa KURUME Natural』

COFFEE COUNTYのエチオピアのコーヒー豆、名前は Kurumeクルメ)。

そう、COFFEE COUNTYの本店がある久留米と同じ名前がついているんです。

クルメと付けたくなるほどのコーヒー豆がついに、、! と思ってみていたら、
地名の久留米からとった名前ではなく、『クルメ』というコーヒーの品種からこの名前が付けれられているだけでした。

なんだ、、と少し肩を落として、、でもやっぱり気になって購入したこのコーヒー。
飲んでみたら、これがもう格別な美味しさだったものですから、「さすが、、、」と唸った次第です。

実は、すでにCOFFEE COUNTYでは、このKurumeのエチオピアは終了。
ニュークロップになっていて、そちらも飲んだんですが、やっぱりこのコーヒーの美味しさが忘れられない。

また、来年も発売されるかなァ、、と期待を込めるとともに、
来年見かけたら皆さんもぜひ買ってみることをおすすめします。

COFFEE COUNTY コーヒーカウンティ

エチオピア Bensa KURUME Natural

COFFEE COUNTY エチオピア Bensa KURUME Natural

ちなみにですが、この生産地の農家の方々がコーヒーチェリーのサイズごとに呼び名を分けていて、
大きいものをウォリチョ、中くらいのものをベガ、小さいものをクルメと呼んでいるのだそう。

COFFEE COUNTY Ethiopia Bensa KURUME

・生産国:エチオピア
・地域:Bensa, Sidamo zone(シダモゾーン、ベンサ)
・生産者:シダモ地区ベンサ村周辺の小規模農家
・品種:Kurume(クルメ)
・標高:2,000m – 2,200m
・プロセス:Natural(ナチュラル)
・フレーバー:ラズベリー・ドライいちじく・アプリコット・フローラル・カルダモン

浅煎り。
確かに、豆の大きさ小さいかな。

COFFEE COUNTY エチオピア Bensa KURUME Natural

いい香り。

COFFEE COUNTY エチオピア Bensa KURUME Natural

コーヒーの写真撮るたびに、いつか匂いも伝わる技術が生まれればいいのに、、って思います。

今日のコーヒー器具は、全てHARIOです。

COFFEE COUNTY エチオピア Bensa KURUME Natural

ハリオのドリッパー、いろいろ持ってますが、カパー(銅)のドリッパーが一番使う。
温まりやすいからか、淹れやすい気がするんですよね。気のせいかもですけど。

そして、見た目も好きです。

アイスコーヒーで、キリッと。

COFFEE COUNTY エチオピア Bensa KURUME Natural

でも、もういよいよ、ホットの時期が近づいてきた感が。
コーヒーで季節感じる瞬間です。

そして、今日のコーヒーのおともは、パンストックのパン。

パンストックのパン

パンストックは、福岡ではかなり有名なパン屋さんです。
明太フランスが有名ですが、それ以外もぜーんぶ美味しい。
種類も多いし、日によってあるパンも違うから飽きないし。
何度も言いますが、ほんとに最高に美味しいパン屋さん!

パンストックのパン

どーんと大きなウインナーが入ったパンに、いちじくが入ったパン。

パンストックのパンは基本的にハード系。

このイチヂクも美味しかったですけど、
このウインナーのパンが肉汁もじゅわっとで好きでした〜。

パンストックのパン

最高に美味しいコーヒーと最高においしいパンで、至福。

COFFEE COUNTY エチオピア Bensa KURUME Natural

Follow me!