PAGE
TOP
COFFEE SERVER

おしゃれで人気のコーヒーサーバー、おすすめ紹介と最新情報まとめ。

コーヒーサーバー

抽出したコーヒーを入れるコーヒーサーバー。
形は様々ですが、注いだコーヒーの量が見えるように耐熱ガラスのものが一般的です。

美味しいコーヒーがコーヒーサーバーにたまっていくのを見るのは至福のひととき。
ここでは、おしゃれなコーヒーサーバーや定番のコーヒーサーバーなどを中心に紹介していきます。

また、定番のコーヒー器具メーカーのコーヒーサーバーなどは、
お使いのドリッパーに合わせて選ぶのが、いいんじゃないかと思います。
選ぶときには、サイズに気をつけて選んでくださいね。

定番コーヒー器具メーカーのコーヒーサーバー

HARIO(ハリオ)V60レンジサーバー クリア

2007年には、グッドデザイン賞も受賞した
ハリオのレンジサーバークリア。

波打った形が特徴的で、ハンドルまでガラスなのは
隅々までキレイに洗えて私的にポイントが高いです。

サイズは3種類で、360ml・600ml・800ml。
カラーはブラックもありますが、個人的にクリアが好みです。

Kalita(カリタ) サーバーG・サーバーN

カリタのコーヒーサーバーはいくつか種類がありますが、定番のサーバーNか、すべてガラスでできたウェーブシリーズのサーバーGがおすすめです。

個人的には取っ手もガラスのサーバーGが好みです。
写真のコーヒーサーバーは、サーバーG。

カリタのドリッパーに合わせるなら、同じカリタのコーヒーサーバーがやっぱりおすすめ。

Melitta(メリタ)グラスポット カフェリーナ

ペーパードリップを考案したドイツのコーヒー器具メーカーmelitta(メリタ)のコーヒーサーバーの定番と言えば、グラスポット カフェリーナ

茶こし付きで紅茶や緑茶にも使えるのがポイント。
サイズは4杯・6杯・8杯用の3種類。

コロンと丸みを帯びた形がかわいらしい印象のコーヒーサーバーです。

KONO(コーノ)式 グラスポット

プロにも愛用者の多いkONO式名門ドリッパーに合わせて作られた
コーヒーサーバー(グラスポット)。

ハンドルがクルリとなっているのが、特徴です。
大体ドリッパーとセットで売られているので、
KONO式を愛用されている方は、大抵これとセットで使用されているんじゃないかと思います。

カラーが豊富で、ブラック・ホワイト・イエロー・ライトグリーン・チェリーピンク・レッド・チョコレートなど。サイズも2種類。
その他、限定カラーなども発売されていることがあります。

おしゃれで人気のコーヒーサーバー

HARIO(ハリオ)コーヒーサーバー オリーブウッド

ハリオ オリーブウッドコーヒーサーバー
ハリオのコーヒーサーバーの持ち手がオリーブウッドになったコーヒーサーバー。

通常、ハリオのV60透過ドリッパーとセットになっているコーヒーサーバーとは少しだけ形状が異なります。
こちらの方が、少しだけ底の直径が広くて背も低いです。
上から少しだけギュッと潰した感じですね。

私は、このオリーブウッドのコーヒーサーバー愛用中です。

サイズは400mlと、600mlの2種類あります。

TORCH(トーチ)pitchii(ピッチー)

pitchii(ピッチー)
ドーナツドリッパーに合わせて作られたコーヒーサーバーですが、もちろんどんなドリッパーにもサイズが合えば使用可能。

無駄な装飾は一切なく、分量は付きだした形との距離をみてはかります。
最大容量は、600cc。

シンプルだけどピッチー(鳥のさえずり)と名づけられたように、どこか鳥の雰囲気に愛着を感じます。
これも、愛用中。

KINTO SLOW COFFEE STYLE SERVER(キントー)コーヒーサーバー

一躍人気のコーヒー器具の仲間入りを果たした
KINTO(キントー)のSLOW COFFEE STYLE(スローコーヒースタイル)。

コロンとした形がかわいいです。
サイズは2つあって、400mlと600ml。

また、お値段が400mlが1,000円、 600mlでも1,200円と、とても買いやすいのもポイント。

気軽に買い足せるコーヒーサーバーです。
ちなみに、私も持っています。

KINTO SLOW COFFEE STYLE S02 SERVER(キントー) S02 コーヒーサーバー

KINTO(キントー)のS02コーヒーサーバー。

上で紹介したコーヒーサーバーとは対象的に、
直線的なデザインが印象的です。

サイズは1つで600ml。
SLOW COFFEE STYLE SPECIALTY
ドリップスタンドに合わせて発売されました。

こちらもとても買いやすいお値段がうれしいです。

KINTO SLOW COFFEE STYLE COFFEE JUG コーヒージャグ

KINTO(キントー)のコーヒージャグ。

最近人気のビーカーのような形状のジャグ。

とてもシンプルで、目盛りは表面の小さなドットのデザインで抽出量の目安を計ることができるようになっています。

サイズは2つで300mlと600ml。

cores(コレス)ハンドメイドガラスサーバー

cores(コレス)ハンドメイドガラスサーバー
ステンレスフィルター・ゴールドフィルーターで人気のcores(コレス)のコーヒーサーバー。
ガラスはハンドメイド。

フタの木は、天然木(アカシア)です。

まんまるなフォルムに、するどく、くちばしのように突き出た注ぎ口、そしてフタの木の質感がとってもよくて、ひと目見て気に入りました。

サイズは、4カップ(C504)と6カップ(C506)の2種類。


カラフェタイプ(ドリッパー・コーヒーサーバー 一体型)

CHEMEX(ケメックス)コーヒーメーカー

愛好家の多いCHEMEX(ケメックス)。
アメリカの化学者ピーター・シュラムボーム博士が
実験室のものをヒントにデザインされたもの。

ドリッパーと一体型になっており、上にペーパーや金属フィルターなどをセットしてドリップします。

マシンメイドとハンドメイドがあり、お値段も異なります。


ケメックス専用のフィルターを使うと、より一層オシャレになるし、味も引き立つようです。

KINTO SLOW COFFEE STYLE(キントー)コーヒーカラフェセット

KINTO SLOW COFFEE STYLE(キントー スローコーヒースタイル)コーヒーカラフェセット
上にドリッパーをセットできるキントー スローコーヒースタイルのコーヒーカラフェセット。

セットできるドリッパーは、専用のものが必要ですが、ステンレスとプラスチックが用意されていて、プラスチックは、ペーパーフィルターを使用できるので、好みに合わせて選ぶことができます。
(写真は、ステンレスフィルターのもの)

サイズはそれぞれ2種類あって、300mlと600ml。
置いてあると、とても絵になります。

KINTO SLOW COFFEE STYLE(キントー)コーヒージャグセット

こちらもKINTO(キントー)のSLOW COFFEE STYLEのシリーズ。

今流行のビーカーのような直立的なコーヒーサーバーに、
ドリッパーがセットできるようになっています。

サイズは2種類あって300mlと600ml。

ホルダーが付属してあって、使用したドリッパーを置く他、
コーヒー豆の分量も量ることができるようになっていて、便利。

NEW
コーヒーサーバーに関する最新記事一覧です。
  • 2017. 4. 18
    melitta(メリタ)より、電子レンジ対応『メリタ グラスポット』が新発売。
  • 2017. 4. 15
    GLOCAL STANDARD PRODUCTSから、オリジナルの耐熱コーヒーサーバー『GSP COFFEE SERVER』が登場してます。
  • 2017. 4. 13
    スターバックスから、新たにコーヒーサーバー『グラスサーバー 946ml』登場してます。
  • 2017. 3. 3
    HARIO(ハリオ)から、遂にステンレスフィルターが! 『メタルドリップデカンタ』新登場です。
  • 2017. 1. 11
    BARISTA & CO(バリスタ アンド コー)、2016年秋に日本上陸!スタイリッシュで素敵です。
  • 2016. 12. 29
    Kalita(カリタ)からもビーカータイプ登場、『Jug400』と『Jug500』。
  • 2016. 12. 14
    RIVERS(リバーズ)の COFFEE SERVER FLOCK(コーヒーサーバー フロック)
  • 2016. 9. 12
    coresから『ゴールドフィルタードリップセット』が発売開始! セットで買いやすいお値段になってます。
REVIEW
[レビュー]コーヒー器具、コーヒーの道具、実際に使ってみました。
  • 【レビュー】山中漆器『安清式木製ドリッパー』、使ってみました!
  • 【特集2】パナソニックの焙煎機 The Roastのいろんな楽しみ方
  • 【特集】パナソニックの家庭用焙煎機 The Roast(ザ・ロースト)の生豆と、開発の想い。自分で焙煎するという付加価値。
  • 【レビュー】パナソニックから発売の焙煎機 The Roast(ザ・ロースト)、使ってみました!
  • 【レビュー】iwaki『SNOW TOP』シリーズのコーヒーカラフェ & ドリッパーセット、使ってみました。
  • ILCANA(イルカナ)× IFNi ROASTING&CO.コラボシリーズ、『MT.FUJI DRIPPER』と『マルチキャニスター』[レビュー]
  • miyacoffeeのシングルドリップを使ってみました[レビュー]
  • miyacoffeeのドリップケトル、使ってみました[レビュー]
  • cores(コレス)のゴールドフィルタードリップセット、 使ってみました[レビュー]。
  • The revolutionary ROK coffee grinder、使ってみました【レビュー】
  • FORM × amabro コラボのドリッパースタンド、買いました。
  • NPSドリッパースタンド、使ってみました[レビュー]
  • KEY クリスタルドリッパー使ってみました。
  • [レビュー]HARIO(ハリオ)の水出し珈琲ポット
  • 【レビュー】HARIO(ハリオ)の 『V60珈琲王コーヒーメーカー』買ってみました。
NEW ENTRY