PAGE
TOP
The revolutionary ROK coffee grinder

The revolutionary ROK coffee grinder、使ってみました【レビュー】

キックスターターのサイト『INDIEGOGO』で金額達成していたコーヒーグラインダーThe revolutionary ROK coffee grinderがやっと届きました。さっそく使い倒してレビューです。

キックスターターのサイト INDIEGOGO で、
出資していて、金額達成していたコーヒーグラインダー
The revolutionary ROK coffee grinderがやっと、届きました。


届いてさっそく使って、
いろいろ試してみたので
早速レビューを書いてみたいと思います。

届きました


出資したのは去年(2014年)の12月。
待ちに待ってやっと届きました。

2個届きます。
中国から届きました。

The revolutionary ROK coffee grinder

さて、開封。

The revolutionary ROK coffee grinder


小さな方には、替刃THE BURRS)が入っていました。

全て開封すると、入っていたのはこんな感じ。

The revolutionary ROK coffee grinder

左のグレーの替刃2つL字のねじ回しが小さなダンボールに入っていた替刃です。



とりあえず、使ってみる


まずね、説明書ですがすごく少ない…
もちろん、英語です。
でも、その理由が分かります。

組み立て


組み立ては、とりあえず取っ手をつけるだけ。

The revolutionary ROK coffee grinder

ぐるぐる回してつけるだけ。
ちなみに、こんなのが付属品的についていますが、

The revolutionary ROK coffee grinder

これは、挽き具合を調整するダイヤルの上につけてあって
その予備というか、替えです。


挽いてみる


ハンドルを取り付けたらさっそく挽いてみます。
内側に2つ目盛りがあって、
1目盛り エスプレッソシングルです。
(大体、1目盛りドリップコーヒー1杯分ぐらいでしたよ。)

The revolutionary ROK coffee grinder


上の目盛りまでいれて挽いてみます。

The revolutionary ROK coffee grinder

ガリガリガリ….
えっと、正直に書くと、結構音します
もっと静かかと思ってましたが…

一応説明では、こんな感じでしたが。

The revolutionary ROK coffee grinder

ちょっとショック。
普通に、私にはうるさく感じます。


そして、下をしっかりと固定してさえおけば
力はそこまでいらないかな。
だからか底には、しっかりと固定できる粘着力の強いゴムがついてます。


また、一応、下の図のように説明だと回転数は少なく挽けるようなんですが、
やっぱり結構回す必要、ありますね。
手がだるくなります。

The revolutionary ROK coffee grinder

電動に慣れてる私は、やはり時間がかかる。
忙しい朝、これは私には無理かな…

いや、なんか説明の動画をみると、
電動ミルの代わりにつかえるぐらい便利で
早くて高性能と思ってましたが
やっぱり手動ミルの域は超えてないです、、。


ただ、挽き具合は、かなり細かくて均一です。

The revolutionary ROK coffee grinder 挽き具合

で、ダイヤルで、挽き具合調整できるんですが、
調整しても結構細かめです。

上のほうで替刃も送られてくると書いてあったように、
最初からついている金属刃は、
なんとなくエスプレッソ向きかな、と感じました。


刃を変えてみる


刃を変えると、もっと粗挽きになりますが、
説明書によると、
粉の均一性がなくなり、大きさにばらつきが出るのだそう。


ということで、さっそく刃を変えてみました。

まず、ダイヤルを回転させて外して、
下のような部分を外します。

The revolutionary ROK coffee grinder

なかなか外れなかったんですが、
ハンドルを回すと外れました。


それから、L字ねじ回しで、
くるくるとネジをとって、
刃の外側の部分を外します。

The revolutionary ROK coffee grinder

これは、内側に指をいれて力をいれると
すぐに外れましたよ。


あとは、外した手順で刃をつけるだけ。

The revolutionary ROK coffee grinder

最初は四苦八苦しましたが(汗)、
慣れるとそこまで大変じゃないですが
毎回変えるとかいうのは現実的じゃない感じです。

いつも使う方を決めて使って、
たまに替えるという感じですね。



さて、実際挽いてみるとこんな感じです。

The revolutionary ROK coffee grinder 挽き具合の差

左が最初からついてる金属刃で挽いたコーヒー。

The revolutionary ROK coffee grinder 挽き具合の差

右が、変えた刃(THE BURRS)で挽いたコーヒー。

The revolutionary ROK coffee grinder 挽き具合の差


明らかに違いますね。





結果…
期待したほどではなかったですが、
(私が期待しすぎただけかもですが…)
こういうかっこいい感じのデザイン手動ミルが好み方とか、
エスプレッソ好きな方とかに、特に良さそう。


この会社、ROKというんですが
手動で簡単にできるエスプレッソマシーンも出していて、
それは普通にネットとかでよく売られているから
このThe revolutionary ROK coffee grinder
そのうち販売されると思います。




ROK 手動 エスプレッソメーカー
ROK エスプレッソメーカー
ROK Espressomaker

コーヒーミル・コーヒーグラインダーに関する記事

  • Kalita(カリタ)から、『セラミックスリムミル』が新登場!
  • Kalita(カリタ)のダイヤミル、復活!!!
  • PEUGEOT(プジョー)のコーヒーミルに、『アンティーク 31152』コレクションが出てる!素敵すぎ。
  • Kalita(カリタ)から新しいコーヒーミル『KV』シリーズが登場!
  • 持ち運べるミル付きコーヒーメーカー、 Cafflano Klassic(カフラーノ クラシック)
  • HARIO(ハリオ)から、本格的なコーヒーミル『V60 electric coffee grinder』が登場!
  • &Kalita × 波佐見焼シリーズに『 B:MING LIFE STORE』別注アイテムが登場!
  • Kalitaの新作コーヒーミルは、 日本の伝統を受け継いだKIRI(桐)とのコラボ!

関連記事: ,

  • ILCANA(イルカナ)× IFNi ROASTING&CO.コラボシリーズ、『MT.FUJI DRIPPER』と『マルチキャニスター』[レビュー]
  • miyacoffeeのシングルドリップを使ってみました[レビュー]
  • miyacoffeeのドリップケトル、使ってみました[レビュー]
  • cores(コレス)のゴールドフィルタードリップセット、 使ってみました[レビュー]。
NEW ENTRY
SEARCH