PAGE
TOP

「硬水」か「軟水」か

WHO(世界保健機関)による基準 硬度 ・軟水・・・・・・・・0~60mg/L未満 ・中程度の硬水・・・・60以上~120mg/L未満 ・硬水・・・・・・・・120以上~180mg/L未満 ・非常な硬水・・・・・180mg/L以上 硬度 (mg/L) ≒ カルシウム量 (mg/L)×2.5 + マグネシウム量 (mg/L)×4.1
水には「硬水」と「軟水」があります。 水に含まれるカルシウムと マグネシウムの含有量によって、 「硬水」なのか「軟水」なのかが決まります。 硬水はカルシウムマグネシウムが多く含まれ、 逆に軟水になるほど含有量は少なくなります。

コーヒーに合うのは「軟水」

ミネラルウォーター
一般的にコーヒーに合う水は「軟水」と言われています。
軟水」は、カルシウム・マグネシウムなどのミネラル分が少ないので、 コーヒー成分に影響を与えにくく、コーヒー本来の味を楽しむことができます。 ただ、「硬水」がダメかと言えばそうではありません。 硬水と軟水による味の違いや特徴を知って、 味の違いを楽しむと、また違ったコーヒーの楽しみ方ができますよ。 ちなみに、日本の水道水は基本的に軟水。 コーヒーをいれるのに適しています。

「硬水」と「軟水」によるコーヒーの味の違い

硬水と軟水の比較一覧

  軟水 硬水
味の特徴 口当たりがよく、マイルドな味わい コーヒー本来の味を抽出することができる 苦味が強くなる
具体例 日本の水道水 国産のミネラルウォーター ヨーロッパの水道水 外国産のミネラルウォーター

硬水の特徴

硬水と判断される 「カルシウム」や「マグネシウム」などのミネラル分は、 コーヒー成分と反応しやすく、 コーヒーに含まれる「クロロゲン酸類」・「タンニン」と 結合しすぎると風味を損なってしまう場合があります。 また、マグネシウムは苦味や渋味を感じやすくします。 硬水には、この「マグネシウム」が多く含まれているので、 苦味が強く出る傾向があります。 「非常に硬水」を使ってコーヒーをいれると、 コーヒーメーカーによっては、 ミネラル分が詰まって、故障することもあるようですよ。
[硬水の例]   ・ヨーロッパの水   ・外国産のミネラルウォーター    (エビアンやコントレックスなど)

軟水の特徴

「カルシウム」や「マグネシウム」など、 コーヒーの成分に影響を与えるミネラル分が少ないので、 コーヒー本来の味を楽しむことができます。 硬度が低いほど、まろやかな味わいになるようです。
[軟水の例]   ・日本の水道水   ・国産のミネラルウォーター    (南アルプス天然水など)

コーヒーをいれるのにオススメの水

水道水を使ってコーヒーをいれる時の注意点

カルキ臭をとる

お湯を沸かしてカルキを飛ばす
カルキ臭とはいわゆる水道水独特の塩素臭さのこと。 この水道水のカルキ臭は一度沸騰させるとある程度軽減できます。 なので一度沸騰させて、カルキを飛ばしたお湯でコーヒーをいれましょう。 また、蛇口に直接取り付けるタイプの浄水器などでもカルキを除去できます。

水道管にたまっていた水は使わないようにする

水道水
朝コーヒーを飲む方も多いと思います。 特に朝一番に水道水から出す水は、 前日から水道管にたまっていた水なので使わないほうがいいかも。 私は一応気になって、 少し水を出して水を流した後の水を使ってます。

コーヒーをいれるお湯の温度

水道水
コーヒーをいれるときのお湯の温度も おいしいコーヒーをいれるためには重要なポイントのひとつ。 コーヒーをいれる時に最適なお湯の温度は85°〜90°前後と言われています。
NEW ENTRY