現在、コーヒーの発見については2つの有力な説があります。

1. アラビア説

昔、イエメンに「オマール」というイスラム教の僧がいました。
彼は、思わぬことから町を追われ、空腹でさまよい歩いている時、
山にある赤い実がなっているのに気づきました。
オマールは空腹のため迷わずその実を口にします。
すると、なんということでしょう。
疲れはとれ、清々しい気分になり元気が湧いてきました。

ちょうどその頃、町では伝染病が猛威をふるっていました。
そこで医者でもあったオマールは、
この不思議な力を与えてくれた赤い実を皆に食べさせました。
このことでオマールは多くの人びとの命を救ったのです。

その後、オマールは、「守護聖人」として
人々に崇拝され、無事町に戻ることができたそうです。

2. エチオピア説

エチオピアに「カルディ」というヤギ飼いがいました。
彼はヤギが牧草地に生えている赤い実を食べると興奮して騒ぎ出すのに気づきました。
不思議に思ったカルディはそのことは修道院の僧に話しました。

その僧はその話に興味を持ち、実際にその実を食べてみることにしました。
実際に食べてみると、なんと疲れがとれ、元気が湧きすっきりとした気分になりました。

そこでその僧は、さっそくその赤い実を持ち帰り、
他の修道僧たちにも勧めてみました。
それ以来、徹夜の修行でも眠くならずに
修行に励むことができるようになったそうです。