PAGE
TOP

【レビュー】山中漆器『安清式木製ドリッパー』、使ってみました!

精度と耐久性に優れる山中漆器で作られたという『安清式木製ドリッパー』。
木地師がろくろで丁寧に挽きあげたという木地は、触るだけですぐにその良さが分かります。
手にとって、使って、更にその良さを確認できるドリッパーです。

安清式木製ドリッパー

山中漆器を使用し、
しかも全て木製という安清式木製ドリッパー


山中漆器は、
石川県加賀市の木々で作られているもので
ろくろで一つ一つ丁寧に挽きあげているのだそう。

ドリッパーまで全て『』製のものって、
かなり珍しい気がします。


カラーも意外に豊富で
ナチュラルブラウンブラックなどがありますよ。


ではでは、さっそく使ってみました。

Branding Coffee 安清式木製ドリッパー

まずは、細部をチェック


まずは、ドリッパーの細部を紹介。

安清式木製ドリッパー

円錐型で、穴は一つ穴
結構、というかかなり大きめの穴です。

私が今までみた中で一番かも。


そして、横にリブ、、というか
丸みのあるラインが入っています。

安清式木製ドリッパー

しかも均一でなく
下に行くに連れて、
段が大きくなる感じ。


下からは、こんな感じ。

安清式木製ドリッパー

触った感じは滑らかで、
すごく丁寧に仕上げられているのが
すぐに分かるほど。

そして、軽い


早速、淹れてみます!

安清式木製ドリッパーでドリップ

フィルターは、円錐型使用。
サイズは、1〜2人用です。


安清式木製ドリッパーでドリップ

蒸らして、、、

安清式木製ドリッパーでドリップ

中央に注いでいきます。

なんかね、
穴が大きいからか
スムーズに下に注がれていって
とても淹れやすい。

安清式木製ドリッパー

淹れ終わり。

安清式木製ドリッパー

すっきりとしたコーヒーを淹れることができました。

安清式木製ドリッパー

使ってみた一番の感想は
ドリッパーが軽いから扱いやすい。
プラスチックの軽さや使いやすさそのままに
木の質感にグレードアップした感じです。

しかも、ドリッパーの外側があまり熱くならないので
外すのも簡単です。

さて、気になるお手入れですが、
もちろん食洗機などの使用はできません。
そして、漆器なのでできるだけ
早めに洗ったほうがいいと思います。


思った以上に使いやすかった、、、
というのが正直な感想。


そして、デザインの雰囲気が
和室にもぴったりですよね。

ちなみに安清式木製ドリッパーは、
ブランディング・コーヒーというネットショップの
オリジナルのドリッパーですよ。


安清式木製ドリッパー
安清式木製ドリッパー
ブランディングコーヒーオリジナル『安清式木製ドリッパー』

  • フレンチプレスとは違う『アメリカンプレス』、使ってみました。
  • 約1分でホットコーヒーがアイスコーヒーに!Hyperchiller(ハイパーチラー)使ってみました。
  • ありそうでなかった1人用!cores(コレス)のシングルカップゴールドフィルター、使ってみました。
  • デロンギ、全自動コーヒーマシン『MAGNIFICA』のある生活。
NEW ENTRY