2018.8.31
coffeetools
  • 1

象印、味にこだわったミル付き全自動コーヒーメーカー『珈琲通 EC-RS40型』を発売。

象印 全自動コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40型

象印から、コーヒー豆から挽くことができる全自動珈琲メーカー
珈琲通 EC-RS40型』が発売されます。



象印のミル付きコーヒーメーカーといえば、
1つは、珈琲通 EC-VL60で、
こちらはミルが付属してあるというだけで全自動でないもの。

象印 珈琲通 EC-VL60


もうひとつは、ほぼ機能は今回発売されたのと一緒のようなんだけど
今見ると、現在在庫限定品となっている珈琲通EC-NA40型

象印 珈琲通EC-NA40型

象印のサイトを見る限り、ドリッパー部分が少し違っていて
こちらはステンレスのドリッパー採用。
今回発売されたのには、代わりにステンレスメッシュフィルターがついていますよ。



象印 ZOJIRUSHI

全自動コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40型

象印 全自動コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40型

簡単に機能・特徴を挙げてみます。

マイコン予熱とダブル加熱95℃抽出

象印こだわりのマイコン予熱 & ダブル加熱95℃抽出では、
約20秒間の蒸らし時間を確保できる機能を搭載し、
経路をしっかり予熱することで高温のお湯でコーヒーを抽出できるようにしているのだそう。

とにかく高温でドリップ!!というのが、特徴のようですね。



ステンレスメッシュフィルターを付属

ここが、以前と変わったところですね。
もちろん、ペーパーフィルターも使えるようになってます。



挽き分けフィルター

また、コーヒーミルに取り付ける挽き分けフィルターで、
粗挽き中細挽きの2つの粒度に挽くことが可能になっています。


コーヒーの濃さを選べる

また、コーヒーの濃さも普通濃いの2つから選ぶことができます。



まほうびん構造のステンレスサーバー使用

抽出したコーヒーは、「まほうびん構造のステンレスサーバー」で保温できる仕組み。
ここは、象印だもん、そこがいいよね、といった感じですね。


サーバー以外にも抽出可能

サーバー以外にも抽出できるように高さが調節できるので
高さ16.8cm以下の手持ちのステンレスボトルや、
コーヒーカップに直接抽出ができるようになっています。


お手入れ簡単

ミルケースの内側についた珈琲粉を抽出時のお湯で流すミルクリーン構造になってるほか、
ミルケース丸洗いできるのでお手入れ簡単。


この、お手入れ楽なのは、ほんと嬉しいですよね。
パナソニックのコーヒーメーカーと同じような仕組みですね。


珈琲通 EC-RS40型
・サイズ:幅24cm × 奥行25cm × 高37.5cm
・容量:コーヒーメーカー/540ml・ミル/30g


発売開始は、2018年9月11日からとなっていますが、もう発売されているところもあります。

ミル付き全自動コーヒーメーカー買うときの候補にいれたいところですね。
少しお値段しますけれども。



象印 全自動コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40型
象印 全自動コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40
Zojirushi coffeemaker 珈琲通 EC-RS40

amazon コーヒー用品
Total 4 Share

見てくださって、ありがとうございます。

  • 象印『STAN.』シリーズに、コーヒーメーカーやポットが新登場! このシリーズの、デザインおしゃれ。
NEW
recent posts & pages!
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報ブログ。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.