バリスタ機能付き!温度調節可能な電気ケトル 『アクティ』が
ビタントニオから新登場です。
バリスタ機能付き!温度調節可能な電気ケトル 『アクティ』がビタントニオから新登場です。

Vitantonio ELECTRIC DRIP KETTLE ACTY ビタントニオ ドリップケトル アクティ

ビタントニオから、新たに温調ドリップケトル アクティが登場してます。

一番のポイントは、温度調節ができること。
最近、多いですね、温度調節できる電気ケトル。

監修は、向山 岳さん。
元 BLUE BOTTLE COFFEE JAPAN 初代リードバリスタだそうです。

お!
期待高まりますね。

Vitantonio ビタントニオ

電気ドリップケトル アクティ

Vitantonio ELECTRIC DRIP KETTLE ACTY ビタントニオ ドリップケトル アクティ

さて、機能ポイントを以下に挙げてみます。

ハンドドリップに適した設計

Vitantonio ELECTRIC DRIP KETTLE ACTY ビタントニオ ドリップケトル アクティ

  • 狙ったポイントに、思い通りの湯量を落とせるような設計
  • ハンドルは使い込むほど手に馴染む、天然木製
  • → デザインにも手にフィットしやすいような工夫が
  • 手を添えて注げるようにとフラットなフタ
  • 熱くならないのかな、、、

温度調節

Vitantonio ELECTRIC DRIP KETTLE ACTY ビタントニオ ドリップケトル アクティ

  • 温度設定モード
  • 50℃~100℃まで、1℃刻みで設定可能
    設定温度に達したらブザーでお知らせ
    ブザーがなるって珍しい。OFFにもできるみたい。どんな音なんだろ。
  • 30分保温機能
  • → 設定温度に到達したら、30分保温後、自動で電源OFF
    → 保温中、ケトルを電源プレートから外すと電源OFF
    → 96℃以上に設定している場合は、96℃で保温
  • バリスタ機能
  • → ケトルを電源プレートに戻すと、設定温度に再加熱・保温する独自機能
    → 最後にケトルを電源プレートに戻した時からさらに30分保温
    → ケトル本体を電源プレートに15分以内に戻さないと自動的に電源OFF
  • メモリー機能
  • → 温度設定モードに切り替えると、前回設定した温度から設定がスタート

バリスタ機能が、新しいですね。
かなりこだわる人向けだ。

これは、完全に私の個人的な使い方になりますが、
コーヒー淹れる写真撮る時、すごく役立つと思う。

さて、その他にも
空焚き防止機能付きで、
うっかり指が触れても熱くない、熱が伝わりにくい素材を使用。

安全面もばっちり。

また、「お湯の何度でコーヒー淹れるのが自分好みなの?」という方は、
ひとつの基準の温度(93℃がおすすめ)を設定し、
その温度で酸味が強いと感じれば温度を上げる、
苦みが強いと感じれば温度を低くするなど調整する
といいそうですよ。

温度調節機能は、コーヒーに限らず、
ぬるめの温度がいいとされる日本茶にもいいから
需要が高そうですね。

Vitantonio ELECTRIC DRIP KETTLE ACTY ビタントニオ ドリップケトル アクティ
Vitantonio ELECTRIC DRIP KETTLE ACTY
ビタントニオ 温調ドリップケトル アクティ VEK-10-K

Follow me!