ビタントニオからコーヒープレスボトル【COTTLE】が登場!
絶対便利だと思う。
ビタントニオからコーヒープレスボトル【COTTLE】が登場!絶対便利だと思う。

Vitantonio(ビタントニオ)コーヒープレスボトル COTTLE

最近 Vitantonioビタントニオ)は、かなりコーヒー器具商品に力をいれている。

、、、と、思う。

なぜなら、これ以前に発売になったのは、温度調節可能な電気ケトルコードレスコーヒーグラインダー
そして全自動のコーヒーメーカー

見てみると発売されるものが、新しいというか流行のというか、今の時代の流れにのっている

特に先日発売されたコードレスコーヒーグラインダーなんて、すごく良かった。
電気ケトルに至っては、私も愛用しているが、やはり便利。

そして今回発売されたのは、コーヒープレスボトルの『COTTLE』というもの。
簡単に言ってしまえば持ち運びできるコーヒープレス

似たような他社商品と比較してみると、エスプロトラベルプレス
ボダムトラベルプレスも思い浮かべたけど、こちらは密閉はできない。

ということで、結構ありそうでなかったタイプ。
ビタントニオのコーヒー企画担当の方は、きっとかなりのコーヒー好きに違いない。

Vitantonio(ビタントニオ)コーヒープレスボトル COTTLE
Vitantonio COFFEE PRESS BOTTLE 『COTTLE』
ビタントニオ コーヒープレスボトル コトル
Espro トラベルプレス
ESPRO TRAVEL PRESS
エスプロ トラベルプレス
Bodum トラベルプレス
BODUM TRAVEL PRESS
ボダム トラベルプレス

Vitantonio ビタントニオ

COFFEE PRESS BOTTLE 『COTTLE』

Vitantonio(ビタントニオ)コーヒープレスボトル COTTLE

中の構造は上の画像の通り。
フレンチプレスそのまんま。

実容量は420mlで、実際にコーヒーの抽出容量は300ml
本体部分は真空2層のステンレスで、保温保冷効果がありコーヒーを抽出したあともそのままの温度で楽しめる。

使い方も通常のフレンチプレスと何も変わりなく、コーヒー粉とお湯注いで4分待ったら、プレス!で、できあがり。

Vitantonio(ビタントニオ)コーヒープレスボトル COTTLE

フィルター部分は、『目の細かいステンレスメッシュフィルターと外周のパッキンを使用し、
粉っぽさのないコーヒー本来の味わいに仕上がる
』となっているんだけど、
微粉が全く無いことはないと思うのでここは試してみてから、、になると思う。

ちなみに、上で紹介したエスプロのトラベルプレスは、コーヒーを飲ませてもらったことがあるが、本当に微粉が少ない。

カラーは、ナイトクラウドフォレストの3カラー。

Vitantonio(ビタントニオ)コーヒープレスボトル COTTLE

ベーシックな、ブラックやホワイトもいいけど、こうやって写真で見るとフォレスト(グリーン)も、カジュアルでいい。

Vitantonio(ビタントニオ)コーヒープレスボトル COTTLE

特にアウトドアには絵になる。
残念ながら私はアウトドアはしないんだけど。

さて、実際使う時だが、実際外に持ち運ぶとなると、
コーヒーをプレスしてずっとコーヒー粉が中に残ったままとなるので少しエグみなどが出てくると思う。
だから、プレスしたら、早めに飲むか、粉を入れて外にでかけてお湯を入れるのがベスト。

また、アウトドアや外でだけでなく、家で使ってもすごく便利なことは間違いない。コップいらないし。

COTTLEの発売開始は、2019年10月下旬から。

Vitantonio(ビタントニオ)コーヒープレスボトル COTTLE
Vitantonio COFFEE PRESS BOTTLE 『COTTLE』
ビタントニオ コーヒープレスボトル コトル
    コーヒープレスボトル『コトル』VCB-10-N/C/F

  • サイズ:約幅7.2cm × 奥行7.2cm × 高24.7cm
  • 質量:約320g
  • 実容量:420ml
  • コーヒー抽出容量:300ml
  • 保温効力:86℃以上(1時間) 59℃以上(6時間)/ある一定の条件下において
  • 保冷効力:8℃以下(6時間)/ある一定の条件下において
  • 原産国:中国

Follow me!