ドリップ・ドリップバッグ・ドリップポッドの3WAY仕様!
タイガーからコーヒーメーカー ACT-E040が登場
ドリップ・ドリップバッグ・ドリップポッドの3WAY仕様!タイガーからコーヒーメーカー ACT-E040が登場

タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

タイガーから、新たなコーヒーメーカー ACT-E040が発売される。

今回のタイガーのコーヒーメーカーの特徴は、なんと言っても3way仕様

通常のコーヒー粉を使用したドリップに加え、
ドリップバッグUCCのドリップポッドの計3種類の抽出方法を搭載している。

タイガー コーヒーメーカー ACT-E040
Tiger コーヒーメーカー ACT-E040
タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

Tiger タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

Tiger タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

以下に、特徴を挙げてみる。

まず、ボタンはTigerらしく見やすく簡単。

タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

下のトレイが調節できるので、

タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

コーヒーサーバーやマグカップ、ステンレスボトルなどを置くことができる。

また、コーヒーサーバーは真空二重構造のまほうびん。

給水タンクは取り外し可能な着脱式水タンクとなっているので、
水が入れやすく、お手入れにも便利。

レギュラードリップで使用する時

タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

ドリップで使用する時は、『コーヒーフィルターと散水板』を取り付けて使用する。

その他必要なものは、コーヒー粉ペーパーフィルターのみ。

コーヒーフィルターに散水板をつけて本体にセットすれば完成。

マイルドストロングの2つから濃さを選ぶことができる。

タイガー独自の機能としてはスチームをあてて、蒸らすということ。
通常は少量のお湯を淹れて蒸らすのだが、
スチームにすることでコーヒー粉全体にまんべんなく行き渡らせることができるのだとか。

その後、数回に分けて注湯される。
また、カップに直接1杯分も抽出できるようになっている。

ドリップバッグで抽出する時

タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

今回私が一番いいなと思ったのがこのドリップバッグも抽出できるという機能。

ボタン1つで最適なお湯の温度、適切な蒸らし時間を実現。
ドリップバッグって手軽な分、ついササッと淹れてしまったりしてしまうのよね。
フック式にも、上置き型にも対応で安心。

140180mLの2つから抽出量を選ぶことができる。

あれば絶対便利。

ドリップポットを使用する時

タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

ドリプポッヂは、UCCドリップポッドに対応。
ドリップポッドの種類に合わせて、70,140,180mLの抽出量を選ぶことができる。

使う時は、付属のドリップポッドホルダーを使用して抽出する。

なんだか至れり尽くせりですごく良さそう。
ボタンとかも分かりやすいし、両親とかにプレゼントしても喜んでくれそうだな。

発売は、2020年8月21日から開始。
楽天などではすでに予約受付中。

タイガー コーヒーメーカー ACT-E040
Tiger コーヒーメーカー ACT-E040
タイガー コーヒーメーカー ACT-E040

Follow me!