スノーピーク(Snow Peak)から1台2役
【フィールドコーヒーマスター】がいよいよ!
スノーピーク(Snow Peak)から1台2役【フィールドコーヒーマスター】がいよいよ!

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

まだかなぁとずっと詳細が気になっていた Snow Peakスノーピーク)のフィールドコーヒーマスター

特徴は何と言っても、ドリッパーを内包したパーコレーターであることだろう。

パーコレーターとは、ケトルにコーヒー粉をセットしたバスケットをいれて火にかけ、コーヒーを抽出するというコーヒー器具。

スノーピーク(Snow Peak) パーコレーター

沸騰したお湯がパイプを通ってバスケット上部へと上がっていき、上からそのお湯がバスケット内のコーヒー豆に落ちていくことでコーヒーが抽出される」というのを繰り返しながら、コーヒーの濃度を調節しできあがっていく仕組み。

大抵蓋がガラスになっている仕様で、コーヒーの濃さをそこから見ながら判断する。

今回発売されるスノーピークのフィールドコーヒーマイスターは、
抽出部分がバスケットでなくドリッパーになっているので、粉っぽさもなく、
さらにドリッパー単体としても使えるというのが大きな魅力。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

ケトルとしても使えるし、すごく1台何役にもなる器具は、さすがスノーピークという感じ。

2020年グッドデザイン賞受賞も受賞。
2020年12月に発売予定。

Snow Peak スノーピーク

フィールドコーヒーマスター

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

セット内容は、上の3つ。

パーコレーターで使用するときは、以下のようにセットして本体の中へ。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

ドリッパー部分には、ペーパーフィルターとコーヒー粉をセットしておき、火にかければコーヒーが出来上がっていく。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

蓋はガラスになっていて、コーヒーの濃さはここから確認できる。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

ドリッパーは1つ穴タイプで、ゆっくりとコーヒーが落ちていくので、しっかりとコーヒーを抽出できる仕組み。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

フィルターを通すので粉っぽさもおそらくない。
多分。

ドリッパーだけ使って、ハンドドリップもできる。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

ケトルの容量は、コーヒー約4杯分。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

ケトルだけとして使うことももちろんできる。

持ち運びしやすいように取っ手も外せる。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

パーコレーターは、沸騰したお湯を使うので香りが、、という意見もあるけど、キャンプの醍醐味だなぁと私は思う。
ふつふつコーヒーが入っているの見るだけでも楽しい。

  • サイズ:20cm × 13cm × 高19cm
  • 材質:ステンレス、ガラス、真鍮
  • 容量:760ml

ちなみに、スノーピークでは、このフィールドコーヒーマスター以外だと、通常のパーコレーター、

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

火にかけれるコーヒープレス、焚火台型コーヒードリッパーなどもすでに発売されている。

スノーピーク(Snow Peak) フィールドコーヒーマスター

左)チタンカフェプレス 3カップ(CS-111)
右)フォールディングコーヒードリッパー 「焚火台型」(CS-113)

それにしても、このフィルターをセットできるパーコレーター、
美味しくコーヒーが淹れられるならすごく画期的なんじゃないだろうか。

…欲しい。

2020年12月に発売予定。

Follow me!