コーヒーメーカーの理想形かも!
recolt(レコルト)から『レインドリップコーヒーメーカー』が登場。
コーヒーメーカーの理想形かも!recolt(レコルト)から『レインドリップコーヒーメーカー』が登場。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

レコルトから、新たに登場した『レインドリップコーヒーメーカー』。
コーヒーメーカーだけど、気分でハンドドリップもできる。

デザインもすごくかわいくて、これって結構私が理想とするコーヒーメーカーかも。
なんとなくイメージとしてはハリオやWilfaのコーヒーメーカーと似ているけれど、価格とサイズ感が違う。

私の場合、コーヒーメーカーはあってもハンドドリップや他の器具でも淹れることが多い。
4,950円(税込)なら気軽に買えるし、普段はハンドドリップだけど面倒くさい時ように、、なんていいのでは。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

娘が一人暮らしする時なんかに買ってあげたい。

発売は2021年2月下旬予定となっていたけど、まだ見つけられないのでもう少し先になるのかも。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー
recolt Rain Drip Coffee Maker
レコルト レインドリップコーヒーメーカー

recolt レコルト

レインドリップコーヒーメーカー

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

カラーはブラックホワイトの2カラー。

レコルトのコーヒー器具のデザインは、シンプルだけどかわいらしい感じが好き。

使い方は、通常のコーヒーメーカーと同じ。

水をセットして、

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

フィルターとコーヒー粉をセットしたら、コーヒーメーカーにセットして、スイッチカチッ.. でできあがり。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

この時、上部12カ所のドリップ口からお湯を雨のように注ぐことでお湯がコーヒー粉にまんべんなくいきわたり、美味しいコーヒーを淹れることができる。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

これが、名前の『レインドリップ』の所以かな。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

容量は1度に4杯までのコーヒーを淹れれるサイズ。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

ドリップが終わったら自動で保温開始。
20分経過すると電源が切れる「オートオフ機能」付き。

そしてハンドドリップで淹れたいときは、コーヒー粉をセットしたら、

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

いつものようにドリップするだけ。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

これって、他のドリッパーもサイズあったらつけたりできるのかな。

そしたらもう文句なし!なんだけど、どうだろ。

お手入れは、本体以外取り外して洗えるので簡単。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー

これで4,950円(税込)は、す〜ごく良さそう。

発売は2021年2月下旬予定。

recolt(レコルト)レインドリップコーヒーメーカー
recolt Rain Drip Coffee Maker
レコルト レインドリップコーヒーメーカー

Follow me!