公開日:2020/04/28
最新更新日:2020/09/11
coffeetools
  • 0

OXO(オクソー)から新しい電動ミル『タイマー式コーヒーグラインダー』が登場!

OXO(オクソー)タイマー式コーヒーグラインダー

2017年から、キッチン家電も日本での発売が開始されているOXOオクソー)。

以前スケール付きのコーヒーグラインダーを紹介していたが、
今回新たにタイマー付コーヒーグラインダーが登場している。




実際、スケールがついている方がすごく便利なんだけど、今回はスケールがついてないぶんお値段も約半分強。
スケール付グラインダーは 30,000円なのに対し、タイマー式は16,800円(税抜)。




OXO オクソー

タイマー式コーヒーグラインダー

OXO(オクソー)タイマー式コーヒーグラインダー


今回のタイマー式コーヒーグラインダーでは、フレンチプレスからエスプレッソまで43段階の挽きめ調節が可能
ちなみに、スケール付きの方は38段階。



OXOのサイトの説明では、最大30秒まで時間で挽き量を調節と書いてあるけど、
焙煎具合やコーヒー豆の粒サイズによって同じ時間でも重さや挽くことができる量が異なるので、
実際にはスケールではかった方がいい。

毎回同じコーヒー豆を使うなら、それでいいのかも。


挽き方はコニカル式。

OXO(オクソー)タイマー式コーヒーグラインダー



また、コーヒー粉のコンテナは帯電を抑えるステンレス製で、
ぴったりと本体に装着でき、コーヒー粉の飛び散りを最小限に抑える

こういうコーヒーグラインダーの場合、挽いたときはコーヒー粉は散らばらない。
散らばるとしたら、コンテナを引き出したあとにミルの方に残っていたコーヒー粉が落ちた時かなと思う。



また、刃は簡単に取り外してお手入れ可能。

OXO(オクソー)タイマー式コーヒーグラインダー


さらにホッパー(コーヒー豆を入れているところ)を取り外す時は、
コーヒー豆が中に入っていても豆をこぼさず取り外すことができる。

OXO(オクソー)タイマー式コーヒーグラインダー

私の持っているwilfaグラインダーは、機能などがほぼこのOXOのものと同じなんだけど、
たまに豆がひっかかって動かなくなることがある。

そういうときホッパーを外すと豆が全部溢れて、ひどい有様になったことが何度もある。

だから、OXOのこの作りはすごくいいと思う。




サイズは、約縦19.5cm × 横13.5cm × 高33cm。




OXOの家電はつかったことないけど、キッチン雑貨はいろいろ持っている。

どれもすごく考えられていて使いやすいから、私的にはすごくいいと思っているメーカーのひとつ。


使ってみたい。


Total 3Share

見てくださって、ありがとうございます。

  • OXO(オクソー)から新発売! コールドブリュー濃縮コーヒーメーカーは浸漬式のいいとこ取り。
  • OXO(オクソー)のオートドリップコーヒーメーカーに、新色チャコール登場!
  • OXO(オクソー)から、温度調整&タイマー機能付のドリップケトル登場。
  • OXO(オクソー)から、ガラスサーバーが発売。
NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2021/02/27
    コーヒーメーカーの理想形かも! recolt(レコルト)から『レインドリップコーヒーメーカー』が登場。
  • 2021/02/25
    ネルのようなコーヒーを!HARIO 粕谷モデル 『ダブルステンレスドリッパー』と『プアコントロールケトル』が登場!
  • 2021/02/24
    GLOCAL STANDARD PRODUCTSから、 コーヒードリップスタンドが登場!
  • 2021/02/11
    【レビュー】MARNAのコーヒーかす消臭ポット。 ドリッパー、キャニスターも使いやすい工夫がいっぱい
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報メディア。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
  • YouTube
    暮らしの中でコーヒーを。 
    コーヒー器具も紹介してます。
    その他VLOG、旅行など。
  • Instagram
    カフェや暮らしなど。
  • Twitter
    記事の更新情報を主に。
  • Facebook
    レビュー記事などを中心に記事更新の投稿を。
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.