渋い風合いが素敵なOuur(アウアー)のドリッパー
渋い風合いが素敵なOuur(アウアー)のドリッパー

ふと素敵なドリッパーが目に止まりました。

Ouur(アウアー)のドリッパー


特徴的にまっすぐに伸びた持ち手と渋い風合い。

鹿児島の灰を混ぜた釉薬を使用しているそうです。

今回、初めて知った『Ouur』というブランドは、
オレゴン州ポートランド発のライフスタイル季刊誌『KINFOLK』(←これ知ってる)の
創刊者であり、編集長のネイサン・ウィリアムズ氏がクリエイティブディレクターとして立ち上げた
ポートランド発のジェネラル・ライフスタイルブランドなのだそう。

さて、このドリッパーですが、
鹿児島県で活動しているONE KILNとのWネーム。

あぁ、なるほど何だか見たカタチだと思いました。

以前このサイトでも紹介しましたが、
ONE KILN CERAMICS × Roam 松田創意 ワイヤースタンドのコーヒードリッパーセットでの
ドリッパーと同じ型ですね。

ONE KILN CERAMICS×Roam松田創意のワイヤースタンドのコーヒードリッパーセット

質感でガラっとイメージが変わっています。

Ouur(アウアー)のドリッパー

男性によさそう。

サイズは、φ11.9cm(底面) × 幅16.2cm × 高8.3cm。
1つ1つ手作りのため、それぞれ風合いや、釉薬の色合いが異なります。

一つ穴です。

Ouur(アウアー)のドリッパー

Ouur
Ouur DRIPPER
アウアー ドリッパー

Follow me!