メリタから、プロペラ式電動コーヒーミル 【バリエ シンプル】・【バリエ ピアッツア】が登場!
メリタから、プロペラ式電動コーヒーミル 【バリエ シンプル】・【バリエ ピアッツア】が登場!

Melitta/メリタ バリエシリーズ コーヒーミル

コーヒー器具メーカー Melittaメリタ)から、プロペラ式電動コーヒーミル2種類と、
ミルクフォーマーが新たに発売。

プロペラ式の電動コーヒーミルは、バリエ シンプルバリエ ピアッツアの2種類。

プロペラ式コーヒーミルとは、その名の通りプロペラのようにミル刃がぐるぐる回転してコーヒー豆を粉砕するコーヒーミルのこと。

プロペラ式コーヒーミル

今回発売されたのはデザイン違いで2種類。

そして、ミルクフォーマーは電動タイプ。

プロペラ式コーヒーミル

冷たいままはもちろん、温めながらも泡立てることができるほか、
ホットミルクも作ることができる。

Melitta バリエシリーズ コーヒーミル
Melitta バリエシリーズ コーヒーミル
メリタ バリエ プロペラ式コーヒーミル
Melitta/メリタ クレミオ2
Melitta クレミオ2
メリタ クレミオ2 ミルクフォーマー

Melitta メリタ

バリエ シンプル

Melitta(メリタ)バリエ シンプル

これは、すでにあったメリタの電動コーヒーミルのリニューアル製品。
カラーは、ダークネイビー。
至極シンプルなプロペラ式のコーヒーミル。

スイッチを押している間だけコーヒーミルを挽くことができる。

最大コーヒー容量が70gとなっているので、結構大きめな気がする。

プロペラ式のコーヒーミルは、ムラができやすいため、
私がプロペラ式を使う時は、少し振ったりしながらコーヒー豆をひく。

    メリタ バリエ シンプル/ECG64

  • 最大コーヒー容量:70g
  • サイズ:幅9.8cm x 奥行9.8cm x 高18.3cm

バリエ ピアッツア

Melitta(メリタ)バリエ ピアッツア

ボタンの形が四角。
ブラック色のプロペラ式コーヒーミル。

プロペラ式コーヒーミルといえば丸い形のしか見たことがないんだけど、これはなんと四角形。
重厚感や安定感を重視した結果だそう。

もちろん、操作はスイッチを押すだけ。

Melitta(メリタ)バリエ ピアッツア

このボタンのデザインがいい。

説明から見るに、バリエ シンプルとバリエ ピアッツアの違いはデザインだけなような気がする。

デザインは、ピアッツアがやっぱりいいな。
最大容量は、こちらも同じ70g。

    メリタ バリエ ピアッツア ECG65

  • 最大コーヒー容量:70g
  • 幅9.2cm x 奥行10.7cm x 高19.4cm
Melitta バリエシリーズ コーヒーミル
Melitta バリエシリーズ コーヒーミル
メリタ バリエ プロペラ式コーヒーミル

そして、ミルクフォーマー。

メリタ ミルクフォーマー クレミオ2

ミルクフォーマー クレミオ2

このミルクフォーマーは、本物のフォームミルクをご家庭でをテーマに開発されたのだとか。

ミルクは一部でも70°C以上の高温になると、
ミルク内のたんぱく質が変質、味が落ちてしまう
のだそう。

よって、フォームミルクをおいしく作るためには、
ミルクをきれいに撹拌させながら、均等に適温まで温める
というのが理想。

このクレミオ2は、磁石とヒーターの力でミルクを泡立て、
底部に装着されたヒーターで、おいしいミルクの温度(65°C前後)になるように自動調整

温かいふわふわのホットミルクだけでなく、
コールドフォームミルク、フォームになっていないホットミルクも作ることができる。

フォームミルクは最大150mLホットミルクは最大250mLを一度に作ることができる。

こういうミルクフォーマー、購入したことがあるんだけど、
本体が電気だから丸洗いできなくて、
内側だけを気をつけて洗わないといけないのが少々不便だった。
そして、そのうち壊れてしまった、、、。(購入したのはメリタではない)

ミルクを温める部分は丸洗いできないのは、個人的にちょっと不便かな。

ちなみに、丸洗いできるタイプはこれしか私は知らない。

Melitta/メリタ クレミオ2
Melitta クレミオ2
メリタ クレミオ2 ミルクフォーマー

Follow me!