公開日:2021/02/25
最新更新日:2021/03/11
coffeetools
  • 1

ネルのようなコーヒーを!HARIO 粕谷モデル『ダブルステンレスドリッパー』と『プアコントロールケトル』が登場!

HARIO 粕谷モデル ダブルステンレスドリッパーとプアコントロールケトル

World Brewers Cup 2016で世界チャンピオンに輝いた粕谷哲さんとのコラボモデルに、新しいアイテムが登場する。

今回新たに登場するのは、ダブルステンレスドリッパープアコントロールケトル


ダブルステンレスドリッパー・粕谷モデルは、
ステンレスフィルターでありながらネルドリップのような味わいを楽しめるようにと開発。

そしてプアコントロールケトル・粕谷モデルは、繊細な注湯ができるようにと考えられた取っ手の位置が特徴。
日本の急須からヒントを得ているらしい。

プアコントロールケトル・粕谷モデル

どっちも良さそうだけど、私としてはやはりドリッパーが気になる。

発売は2021年3月から。


HARIO/ハリオ 粕谷モデル
HARIO 粕谷モデル
ハリオ 粕谷モデル



HARIO ハリオ

HARIO 粕谷モデル ダブルステンレスドリッパー

HARIO 粕谷モデル ダブルステンレスドリッパー

ダブルステンレスドリッパーは、その名の通りフィルター部分がダブルメッシュになっていて
コーヒーのオイルを抽出しながらも、微粉が出にくいようになっている。


ネルのような』コーヒーを淹れることができるようにとあるが、
私が持つネルドリップで淹れたコーヒーの味のイメージとしては
ペーパードリップよりもコクがありながら口当たりは滑らか』。

丁寧にネルドリップで淹れられたコーヒーは、やっぱり美味しいと思う。

ただ、知られているようにネルは家で淹れるにはお手入れが大変というイメージがあり、
家でネルで淹れてます」という人は、ペーパードリップと比較してもやはり少数派だろう。


今回粕谷さんとのコラボでは、この「ネルを管理する手間」は必要ないが、
味はネルのようなコーヒーを突き詰めた結果、このダブルステンレスのドリッパーに行き着いたようだ。

味わいとしては、フレンチプレスとペーパードリップのいいとこどりの味を想像するといいかなと勝手に思ってる。



さて、その味を実現させているのは、側面のダブルメッシュ
コーヒーオイルをしっかり抽出しながらも微粉の出にくい構造になっていることにあるらしい。

HARIO 粕谷モデル ダブルステンレスドリッパー



また、底面もメッシュにすることでお湯抜けも良くなり、マイルドでクリアな味わいを実現している。

HARIO 粕谷モデル ダブルステンレスドリッパー


さらに、ネルドリップのようにサーバーに置いても手に持ってもドリップできるようなスタンド。

HARIO 粕谷モデル ダブルステンレスドリッパー

ネルドリップいえば、手に持って、、というイメージあるしね。
形状も他のドリッパーではあまり見られないフォルムで、どこかネルを連想させる。


ちなみに、ネルというと、深煎りのコーヒーを使うイメージが多い人も多いと思うけど、
以前六曜社の奥野薫平さんに聞いてみたことがある。


深煎りは特にコーヒー豆の油分が浮き上がった状態になるので、
そのオイルと共に抽出出来ることが、コクとまろやかな口当たりと飲み心地に繋がることが
さらなる旨みに感じるため、奥行きといった表現を楽しむことができ

浅煎りや中煎りに関してはその油分は浮き上がってこないので、
口当たりとしては冷めた時など特にザラッとしたり、印象として表面的な味で優しい印象
に。


なんだそう。


微粉もでないステンレスドリッパー、絶対いいよね。
どんな味になるんだろ。

サイズは、1〜4杯用。

    ダブルステンレスドリッパー・粕谷モデル
  • サイズ:幅12cm × 奥行10cm × 口径9cm
  • 1~4杯用
  • 原産国:中国


プアコントロールケトル・粕谷モデル

プアコントロールケトル・粕谷モデル

そして、プアコントロールケトル・粕谷モデルは、ネルドリップで重要な繊細な注湯のためにデザインされたもの。

大きな特徴は持ち手の位置


通常は注ぎ口の対角線上に持ち手があるが、
今回のプアコントロールケトル・粕谷モデルでは下の画像のようにちょうど急須のような位置に持ち手がある。

プアコントロールケトル・粕谷モデル

実はこうやって正式にリリースがある前に日経電子版に記事があがっていたので Twitter で共有してたんだけど、
左利きには無理ですね」というコメントがあった。
確かに、、。
私、右利きだから気づかなかった。
左利き用もいつかでそうだけど、どうだろ。


試しにエアードリップをしてみると分かるんだけど、この持ち手の位置だと手の使い方が大きく変わってくる。
もう今の位置にすっかり慣れていたけど、急須の位置に持ち手があるのって良さそう。
使ってないから、想像だけど。


ケトルはIH・直火ともに対応。

プアコントロールケトル・粕谷モデル


    プアコントロールケトル・粕谷モデル
  • 実用容量:600mL
  • サイズ:幅27cm × 奥行15cm × 口径7cm
  • 原産国:日本

発売は2021年3月から。


HARIO/ハリオ 粕谷モデル
HARIO 粕谷モデル
ハリオ 粕谷モデル


Total 24Share

見てくださって、ありがとうございます。

  • HARIO(ハリオ)から、新シリーズ【Simply HARIO】が登場! シンプルってやっぱり最高。
  • HARIO 100周年復刻版『珈琲狂時代』がかわいい。
  • HARIO(ハリオ)から水出しコーヒー器具 【ウォータードリッパー・ドロップ】が新登場!
  • ハリオから【ドリップケトル用温度調節IHヒーター】が登場!新しい..
NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2021/04/11
    STANDART 第15号は、 スイス『MAME Coffee』のコーヒーと、サステナビリティ。
  • 2021/04/05
    メリタから波佐見焼のドリッパー『プレミアムフィルター』登場! メリタ愛用者にはたまんないかも。
  • 2021/04/05
    MonoMaster 2021年5月号は『おいしいコーヒーを求めて』
  • 2021/03/30
    おすすめ!コーヒーの通販【まとめ】
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報メディア。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
  • YouTube
    暮らしの中でコーヒーを。 
    コーヒー器具も紹介してます。
    その他VLOG、旅行など。
  • Instagram
    カフェや暮らしなど。
  • Twitter
    記事の更新情報を主に。
  • Facebook
    レビュー記事などを中心に記事更新の投稿を。
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.