2019.8.28
coffeetools
  • 5

ドリテックから、豆から挽ける全自動コーヒーメーカー【ブエノカフェ】登場!

dretex(ドリテック)CM-200 全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」

最近すっかり多くなってきた豆から挽けるコーヒーメーカー
価格も下がってきているところがうれしいところ。


今回dretecからも、コーヒー豆から挽ける全自動コーヒーメーカーブエノカフェ』が登場。



ミルの刃は、カット式。
いわゆるプロペラのように刃を回転させてコーヒー豆を挽くタイプです。

カット式手軽な分、安価でコンパクトなものが多いですが、
微粉が出やすく粒の揃い具合は臼式のものと比較するとバラツキがあるのが短所です。


私も全自動コーヒーメーカー使ったことがありますが、
味に拘るのであれば、やはりコーヒーミルとコーヒーメーカーは別々がおすすめ。
ですが、手軽さ、便利さを求めるのであれば全自動コーヒーメーカーはすごく便利です。


また、ミルが別で使えるコーヒーメーカーなんかもあって、これとかは理想ですね。



さて、今回のドリテックの全自動コーヒーメーカーは、
すでに発売されている他のコーヒーメーカーと比較して機能的に目立った違いはないです。



価格が、税抜で1万円より安いという手軽さコンパクトなところが魅力かと。


dretex(ドリテック)CM-200 全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」
dretec 全自動コーヒーメーカー
ドリテック 全自動コーヒーメーカー ブエノカフェ CM-200




dretec ドリテック

全自動コーヒーメーカー ブエノカフェ

dretex(ドリテック)CM-200 全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」

コロンとしていてどこか可愛らしいけど、
ブラックでシンプルなデザインはどのキッチンにも馴染みそう。



dretex(ドリテック)CM-200 全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」

ミル部分は、カット式の刃(画像左)。

コーヒー豆の挽き具合が粗挽き・中挽きを選択できるほか、コーヒー粉からもコーヒーを淹れることができます。


また、付属品として、メジャースプーンもついています(画像右)。




フィルターは、ステンレスのメッシュフィルター

dretex(ドリテック)CM-200 全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」

何度も使えるタイプです。



また、ウォータータンクが取り外せるようになっています。

dretex(ドリテック)CM-200 全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」

個人的には、ウォータータンクが取り外せるのはすごくいい!
水って結構淹れにくいの多いんですよ、、


容量は、最大約600mlまで抽出可能で、
約40分の自動保温機能(オートオフ機能付)がついています。



    dretex CM-200 全自動コーヒーメーカー ブエノカフェ
  • サイズ:約W17.7cm × D26cm × H29.8cm
  • 最大使用水量:約600ml


価格は、今日現在(2019.08.28)で、9,800円(税抜)で発売しているところを見かけました。


全自動コーヒーメーカー、ほんとに増えてきましたね。



dretex(ドリテック)CM-200 全自動コーヒーメーカー「ブエノカフェ」
dretec 全自動コーヒーメーカー
ドリテック 全自動コーヒーメーカー ブエノカフェ CM-200

amazon コーヒー用品
Total 6 Share

見てくださって、ありがとうございます。

NEW
recent posts & pages!
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報ブログ。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.