東屋が製品化。
【大坊珈琲】のコーヒーポットとネルフィルター
東屋が製品化。【大坊珈琲】のコーヒーポットとネルフィルター

大坊珈琲のコーヒーポットとネルフィルター

ネルドリップの巨匠と言うのがぴったりでしょうか。
ネルドリップと言えば、必ず名前が挙がる大坊珈琲店

38年間、ネルドリップでコーヒーを淹れ続けてきた名店です。

2013年、ビルの取り壊しにより、惜しまれながら閉店しています。

一度行ってみたかった、、。

さて、その大坊珈琲店が使用していたというコーヒーポットネルフィルター
東屋から製品化されています。

少しだけ探してみましたが、売っているお店少ない。

でも、スコープさんで取扱いがある。

大坊珈琲のコーヒーポットとネルフィルター
大坊珈琲 コーヒーポット・ネル
大坊珈琲

大坊珈琲店

コーヒーポット

大坊珈琲のコーヒーポット

コーヒーポットはクラシカルなフォルム
艶ありです。

容量は、750ml
熱源にかけることはできません。

注ぎやすいように、注ぎ口はキュッと曲がっています。

大坊珈琲のコーヒーポット

大坊珈琲 コーヒーポット

・サイズ:幅20.5cm × 奥行10cm × 高17.5cm
・材質:ステンレス
・重さ:約約490g

ネルフィルター

大坊珈琲のネルフィルター

ネルフィルターの方は、サイズがの2種類。

片面起毛のネルで、帝国ホテルでコンソメスープを濾す為に使用していた生地と同じなのだそう。
丁寧に手縫いされています。

私、ネルはお手入れが、、と躊躇していますが。

大坊珈琲のネルフィルター

でも、いつか、ネルもしたいな、、、とずっと思っています。

また、このコーヒーポットとネルが発売されたのを記念して
限定1000部で『コーヒーのつくり方(大坊珈琲店式)』という本が出版されています。

東屋 / コーヒーのつくり方 大坊珈琲店式

東屋 / コーヒーのつくり方 大坊珈琲店式

この本は、アーティスト立花文穂さんによるもの。

紙の選択、当然装丁も含めて1冊づつ立花さんにより製本されているのだそうで、、
ちょっとすごい。

大坊珈琲のコーヒーポットとネルフィルター
大坊珈琲 コーヒーポット・ネル
大坊珈琲

そうそう、ちょうど、今月大坊珈琲店のマニュアルという本も発売されます。

大坊珈琲店のマニュアル

大坊珈琲店のマニュアル

店主の大坊勝次さんが大坊珈琲店での日々を振り返り、心掛けていたことをまとめたエッセイ集

【目次】

・閉店
・焙煎・抽出・テイスティング
・珈琲屋になるまで
・心掛けていたこと
・キムホノ陶
・私の平野遼
・塩﨑貞夫の鎮魂

コーヒーのノウハウというより、
大坊珈琲店を知るための本といった感じですね。

2019年5月14日発売予定。

大坊珈琲店のマニュアル
大坊珈琲店のマニュアル
大坊 勝次 著

お店、行ってみたかったな、、

Follow me!