2019.8.15
coffeetools
  • 2

珈琲考具の微粉を取り除ける【パウダーコントロールミル】

珈琲考具の微粉を取り除ける【パウダーコントロールミル】

Makuakeでクラウドファンディングされていた
珈琲考具の微粉を取り除けるパウダーコントロールミルが既に一般発売もされています。



見た目はよくある手挽きのコーヒーミルなんですが、
微粉が落とせるがついているところが他とは違う最大のポイント。

ちなみに、珈琲考具シリーズは、コーヒーミルだけじゃなくドリッパーやコーヒーポットなど、
コーヒー器具たくさん発売されていてどれもステンレス製で、Made in 燕三条です。



珈琲考具
珈琲考具
COFFEE KOGU


珈琲考具

パウダーコントロールミル

珈琲考具 パウダーコントロールミル

さて、デザインは持ち運びもしやすいステンレスの細長いタイプ。
よくあるタイプですね。



何が違うかと一言で言うと、このメッシュの網がついているところ。

珈琲考具の微粉を取り除ける【パウダーコントロールミル】

挽かれたコーヒー豆が入るところが2段階構造になっていて
メッシュから微粉が落ちてくれるという仕組み。

珈琲考具の微粉を取り除ける【パウダーコントロールミル】

微粉は、とても細かなコーヒー粉で、舌触りの悪さや雑味の原因になります。
フレンチプレスなどでコーヒーを淹れた時に粉っぽくなるのもこの微粉のせい。



実は私、粉っぽいの結構苦手。
それもあって、基本はペーパードリップ派です。


この網は、特殊なメッシュと説明で書かれていますが、普通のと何が違うのかはちょっと実際見てみないと分からないですね。
そして、どの程度微粉が取れるのかも使ってみないと不明。


また、本体はステンレスですが、
刃は、セラミック刃でこれも国内で生産されています。
Made in Japan

更にセラミックで臼式の刃も、国内生産。

セラミックなので水洗いも可能です。




挽き具合は、細挽きから、粗挽きまでできるように。



そして、滑り止めグリップは、シリコーンゴムでハンドルを収納することもできるようになっています。

珈琲考具の微粉を取り除ける【パウダーコントロールミル】


    珈琲考具 パウダーコントロールミル
  • サイズ(本体):直径4.7cm × 高15.7cm
    (ハンドル収納時):幅8.5cm × 奥行5cm × 高16.7cm
  • 重量:約260g



個人的には、メッシュの網がついていることももちろんですが、
made in 燕三条というところもポイント高いです。




アウトドアにもいいですよね。



珈琲考具
珈琲考具
COFFEE KOGU

amazon コーヒー用品
Total 5 Share

見てくださって、ありがとうございます。

,

  • ビタントニオからコードレスコーヒーグラインダーが登場。 至れり尽くせりで文句なし!
  • HARIOから、スマートG 電動ハンディーコーヒーグラインダーが登場。
  • アウトドアにも! RIVERS(リバーズ)から、わずか14gのドリッパーホルダー【ポンドF】が登場。
  • すごくいいかも! 最近【珈琲考具】のシリーズが、気になってます。
NEW
recent posts & pages!
About CAFICT
CAFICTはコーヒーに関する情報ブログ。
コーヒー器具、コーヒーウェア、おいしいコーヒーショップやカフェについてなど、コーヒーに関する情報を紹介しています。趣味はカメラとアニメ。
SNS
Copyright © CAFICT All Rights Reserved.