2019.4.29
coffeetools

コーヒー淹れて浸すだけ。BARISTA&COから、『Brew It Stick』登場!

BARISTA&CO Brew It Stick

BARISTA&COから、Brew It Stickというコーヒー器具が発売になってます。


簡単に言うと、フィルターに粉を入れてお湯を注いで、待つだけで
コーヒーが淹れれるという便利なもの。

イメージとしては、簡単に浸漬式のドリップバッグコーヒーが作れるという感じでしょうか。




似た感じので言うと、AOZORA(あおぞら)のコーヒープレスかな、、


AOZORAはプレスできるのに対し、
こちらのBrew It Stickは、浸しておくだけという違いがありますが。

デザイン的に似てる。



BARISTA&CO Brew It Stick
BARISTA&CO Brew It Stick
バリスタ & コー ブリュー イット スティック



BARISTA&CO バリスタ & コー

Brew It Stick

BARISTA&CO Brew It Stick

カラーが4色展開で、ブラックホワイトネイビーピンク



ピンク、、、ちょっと意外です。
今までのBARISTA&COのイメージとちょっと違う。

かわいいけど。




容量は、カップ1杯分くらい。





さて、構造はいたってシンプル。

BARISTA&CO Brew It Stick

一番左のは、スティックホルダー
収納時や、使ったのをおいたりするものですね。

中央がハンドルで、右側は、フィルターバスケット


Brew It Stick
Brew it stick
・本体価格:1,800円/税抜
・サイズ:W6.4cm x D6.4cm x H20cm
・素材:スティックホルダー・ハンドル/ABS樹脂 フィルター/ナイロン



使い方も、ものすごく簡単で。

Brew it Stickを使ったコーヒーの淹れ方

分量・時間

  • コーヒー豆の量:コーヒー豆15g
  • 粉の粗さ:粗挽き


HOW TO

  1. コーヒー粉15g(約2/3ぐらいまで)をフィルターバスケットに入れてハンドルをセット
  2. セットしたものをカップに入れて、お湯を注ぐ
  3. 約1分ぐらい混ぜてお湯を浸透させる
  4. 2〜3分待つ
  5. できあがり




さて、気になる味なんですが、
私、AOZORAコーヒープレスを持っているんですが、
すごく薄いというか、軽い感じのコーヒーになるんです。


これも、濃さがLightと説明に書いてあるので
アメリカンな感じのコーヒーが入るんじゃないかなぁと、勝手に想像しています。

お湯の量でも調整できるとは思いますが。


好みの問題ですね。



BARISTA&CO Brew It Stick
BARISTA&CO Brew It Stick
バリスタ & コー ブリュー イット スティック

Total 6 Share

見てくださって、ありがとうございます!

  • BARISTA&COからも、浸漬式のドリッパーが! ステンレスフィルターも使用可能『Brew Thru /ブリュースルー』
  • お湯を注いで待てば完成。 BARISTA&COの『One Brew / ワンブリュー』
  • おしゃれすぎる。BARISTA&CO の 『Corral Coffee Press / コラールコーヒープレス』
  • BARISTA&COから、コールドブリューカラフェが登場!やっぱり、スタイリッシュです。
NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2019.5.24
    こういう本を求めてた。 蕪木祐介さん著『珈琲の表現』
  • 2019.5.22
    STANDART 8号も、読み応えたっぷり。 Drop Coffee Roastersのコーヒーと。
  • 2019.5.20
    【sarasa design store】のコーヒードリッパーと ドリッパースタンド、絵になる。
  • 2019.5.17
    KINTOから、プアオーバーケトルのミニサイズが登場! サイズ感が良すぎる。
  • 2019.5.15
    ブルーボトルコーヒー別注、 ハリオのコールドブリューボトルに新色グレー!
  • 2019.5.15
    Coffee Wrights エチオピア『COLD BREW COFFEE BAGS』
  • 2019.5.13
    【dotcom space別注】カリタウェーブドリッパーのDripカラーが、すごくかっこいい。
  • 2019.5.13
    TAOCA COFFEE インドネシア『ワハナ農園』