2019.1.11Saga・ARITA
  • 0

【窯元訪問】技術と手間がすごすぎる!水を変えるコーヒードリッパー『LOCA』ができるまで

久保田稔製陶所 久右エ門


今回、先日紹介していた LOCA セラミックフィルターを作られている窯元
久保田稔製陶所 久右エ門』へ行く機会をいただきまして。


LOCA、はファンプロジェクトという会社が主体となり立ち上げたブランドで、
デザイン、販売などは、このファンプロジェクトさんがされています。

今回使用した円錐ドリッパーと、コーヒーサーバーのデザイン、すごくいいんですよね。
ちなみに、ファンプロジェクトさんではLOCAを盛り上げてくださる取扱店さん、バリスタさん、デザインコラボなども募集されているとのことです



さて、このLOCAのドリッパー、
似たようなアイテムもちらほら見かけますが、
30年前に久保田さんのお父さんが、開発したもので
久右エ門が最初に開発された技術なのです。


質の高さはもちろん言うまでもなく、実感済み。


そして、久右エ門さんはですね、
ブルーボトルコーヒーのドリッパーも作られている方なのです。



LOCA も、ブルーボトルコーヒーのドリッパー も、
予想以上にかかる手間と、職人技にため息ばかり。


いやー、これぞ日本のモノづくりという感じ。


こういうの見させてもらうと、道具への愛着も何倍にも。
値段の意味も分かりました。






さて、、、
ということで、福岡市内の我が家から、高速使って2時間弱、やってきました。

久保田稔製陶所 久右エ門

大きな煙突が目印。



久保田稔製陶所 久右エ門

LOCAができるまで

久保田稔製陶所 久右エ門

まず、最初に言っておくと、
LOCAセラミックフィルターは、他のドリッパーと比べても、
かなりの繊細な技術と手間を要する
ということが、素人の私でもすぐに分かりました。


こんなに手間と技術が必要なんだ」ということを、ぜひ私以外にも知ってほしい。



さっそく、順を追って、できるまでを。

独自で開発された特殊な材質

久保田稔製陶所 久右エ門

まず、材料となる土。

これが、久右エ門さんだけが作ることのできるものだそう。


しかも、材料とかだけなくて、こんなに綺麗に混ぜ合わせるのもすごく大変で
それも独自のノウハウによって作られるものなんだとか。

久保田稔製陶所 久右エ門

ねっとりしてる。

わかりやすく言うと、砂場の砂をこんなにねっとりさせるのってすごく難しいですよね。
そんな感じだそうです。


そして、これを型に入れると、LOCAセラミックフィルターになるんです。



手間と技術がすごい、、成形工程


さて、この特殊な土は管を通って、、

久保田稔製陶所 久右エ門

下から型に注入されます。


久保田稔製陶所 久右エ門


型の1つ1つは、こんな感じで。

久保田稔製陶所 久右エ門

この型は石膏で、できてます。

石膏は吸水性があるので、柔らかい土を流し込んで、
圧をかけて石膏に給水させてることで、土が脱水状態になり成形されるのだそうです。






久保田稔製陶所 久右エ門


しかも、この型、100回ぐらい使うと摩耗してもう使えなくなります。
いわゆる消耗品

特にLOCAは、材質が荒いので摩耗が早いんだそう。


、、これ聞いただけでも大変だということが分かる。



さて、成形されたドリッパーは、エアー(空気ですね)を使って取り出します。

久保田稔製陶所 久右エ門


オープン。

久保田稔製陶所 久右エ門



で、ここからドリッパーを外すんですが、
これがですね、、、すごく繊細な作業で、、、

久保田稔製陶所 久右エ門

柔らかいのでちょっと手荒に扱うと、もうすぐだめになってしまうんですよ、、

こんな感じで、、

久保田稔製陶所 久右エ門

めちゃくちゃ繊細、、、、


ちなみに断面を見せてもらったんですが
外側から圧をかけるので、外側から脱水されて内側がレアな状態。

久保田稔製陶所 久右エ門

通常の陶器なら、1日でこの作業10回転ぐらいできるそうですが
LOCAセラミックフィルターの場合は、1日3回転


いやー、、、そりゃこんなに繊細なら、、、





で、丁寧に丁寧に型から外されたセラミックフィルターは、こうやって並べて、自然乾燥。

久保田稔製陶所 久右エ門

ずらり。

久保田稔製陶所 久右エ門

綺麗。

久保田稔製陶所 久右エ門

見てて飽きない。



そして、乾燥したら、セラミックフィルターの先端の部分との部分のバリをとります。

久右エ門 LOCAセラミックフィルター バリをとる





そして、きれいに並べて、窯の中へ。

初めて近くで見る窯。

久保田稔製陶所 久右エ門 窯

中はこんなふうに。

久保田稔製陶所 久右エ門


断熱材が敷き詰められていて、中に少し入るとほんのり暖かい感じが。



そして、焼くこと12〜13時間

久保田稔製陶所 久右エ門

その後、自然に窯の中で冷ますので、出すのは大体2日後ぐらいだそうです。

上が焼く前、下が焼いたあと



LOCAセラミックフィルターの用途と可能性


さて、できあがった LOCA セラミックフィルター
触ってみないとイメージがわからないと思うんですが、
砂場の砂が固まったようなイメージのドリッパー。

久保田さん曰く、インスタントコーヒーでも味がぜんぜん違うのだそうですよ。


用途は、ドリッパーとしてだけでなく、
普段飲むお水はもちろん、焼酎用にと買う方も多いそうです。

まろやかになって、甕仕込みの焼酎のようになるのだとか。

お水は、お米炊く時にも使えますよね。



また、農業用、工業用の活水器としても。

久保田稔製陶所 久右エ門

考え方次第で使う用途はどんどん広がる材質。


他にもですね、KYUEMON 自動給水型プランター SUISUI/スイスイというのを発売されていて。


KYUEMON 自動給水型プランター SUISUI/スイスイ


水が下から浸透していくタイプのプランター。
必要な分だけ土が吸い上げてくれるんです。

目で見て水が必要なときが分かる上、泥水なども出てきません。
普通の土で植えるだけでいいそうです。

これ、、すごく良い。


水を入れるガラスの部分は、自分が持っているもので自由に

お花屋さんとコラボして発売したりなどもされてるそうです。


プランターは、久右エ門さんのオンラインショップでのみ。


久保田稔製陶所 久右エ門
久保田稔製陶所 久右エ門
有田焼


ドリッパーだけどコーヒー以外にも使えて
それがものすごく便利っていうのが本当にいい。



LOCAセラミックフィルターを知ったとき
私も最初は、「ほぉ〜」ぐらいに思ってましたが、
実際に水を飲み比べると驚くほどの違いに、今やすっかり虜です。


しかも、作ってる現場を見ると、信頼感も全然違う。




最後に、窯元ですね、技術を見るのも説明聞くのもすごく楽しかったんですが、写真撮るのも楽しかった!
どこを撮っても絵になる感じで。

テンション上がりまくりでした。



そして、久保田さん、ありがとうございました。

久保田稔製陶所 久右ヱ門


一度騙されたと思って、まずは水から試してほしいです。


Total 8 Share

見てくださって、ありがとうございます。

, ,

  • 【窯元訪問】最新技術と、伝統技術と、コーヒーへの熱い想いで ブルーボトルコーヒーのドリッパーはできている。
  • 【日本のモノづくりと】Allpress Espresso Arita Porcelain Cup、 惚れ惚れするほどかっこいいです。
  • 【レビュー】セラミックテクノロジーってすごい! LOCA セラミックフィルター、使ってみました。
  • MARNI × 有田焼コラボ、 コーヒーカップやティーポットなどを発売!
NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
  • 2019.6.12
    COFFEE COUNTY SUMMER BREND for DEAN & DELUCA
  • 2019.6.11
    【珈琲時間】2019年 08月号は、クールなCOFFEE。買うと思う。
  • 2019.6.7
    猿田彦珈琲 【新宿店限定】スヌーピーのドリップバッグコーヒー
  • 2019.6.4
    【KINTO × SINGLE O】目からウロコの コーヒーワークショップ、とても有意義でした。
  • 2019.6.1
    ティファールから、遂に! 丸洗いできる電気ケトル『ウォッシャブル 0.8L』が登場。
  • 2019.5.28
    Stumptown Coffee Roasters SKATE TEAM コロンビア
  • 2019.5.24
    こういう本を求めてた。 蕪木祐介さん著『珈琲の表現』
  • 2019.5.22
    STANDART 8号も、読み応えたっぷり。 Drop Coffee Roastersのコーヒーと。