Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

先日、PanasonicのThe Roast Expert の体験会へ
Kalitaカリタ)さんへお邪魔したときに、
新たに発売されたというプロペラ式のコーヒーミル KPG-40をお借りしました。

カラーがブラックホワイトの2種類あるんですが、
ホワイトの方にレトロなイラスト入りのロゴマークが入っていて、
ブラックの方はかっこいいフォントのロゴです。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

ホワイトの方は、数量限定だそう。

見た目もコロンと可愛くて、サイズ感もコンパクトです。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40
Kalita コーヒーミル KPG-40
カリタ コーヒーミル KPG-40

Kalita カリタ

さて、今回新たに発売されたカリタのプロペラ式のコーヒーミルですが、
ポイントはコーヒー豆を入れるところが深くなっているところかなと。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

深さがある分ミルを回した時に、
コーヒー豆が大きく縦に回転するので、より均等にコーヒー豆を挽けるような感じがします。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

今までプロペラ式のコーヒーグラインダーは、
いくつか使ったことがありますが、同じようなタイプの中では一番コーヒー豆が挽きやすかったな。

あと、個人的な好みですが、中がグレーというのがまたいい感じ。

使い方は、コーヒー豆を入れたらフタをして、

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

ボタンをカチッ。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

プロペラ式コーヒーミルは、基本的にどのコーヒーミルでも音がかなり大きいです。
少しの間ですけどね。

音がすごく気になる方は、臼式のほうがおすすめです。

ちなみに、私が使う時は、豆が均等に刃にあたるように、ちょっと振ったりします。

挽き終わり。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

結構粒が揃ってる感じがします。

ただ、プロペラ式のコーヒーミルは微粉がどうしても多く出てしまうのがデメリットですね。
微粉とは、コーヒーのすごーくすごーく細かい粉のこと。粉っぽさ・雑味の原因になります。

あと気になる点としては、
このタイプのコーヒーミルは全てに言えると思うんですが、
コーヒー粉を取り出しにくいです。

逆に、このタイプのコーヒーグラインダーのメリットは、
コンパクトさとリーズナブルなところ。

私も一番最初は、このタイプのコーヒーミルを購入しました。
エントリー機としては、すごくいいと思います。

個人的にこのレトロさも、たまんないです。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40
Kalita コーヒーミル KPG-40
カリタ コーヒーミル KPG-40

Kalitaさん、60周年!

そして、カリタさんは今年で60周年
ということで、記念アイテムを頂きました。

かわいい、フィルターケース。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

多分非売品かな。
かわいい。嬉しい。

そういえば、話は変わりますが、カリタさんで、新たに発売される新しいドリッパーとサーバーも発見!

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

ボーンチャイナ製だそう。
ありそうでなかった、この雰囲気。

Kalita(カリタ)コーヒーミル KPG-40

細部にもすごいこだわってて、特に女性でこの雰囲気好きな人、多そう。