リキッドコーヒー
リキッドコーヒー

リキッドコーヒーとは、
いわゆる「缶コーヒー」や「ペットボトル入りコーヒー」などのように
コーヒーを抽出した状態で売っているもの。

その呼び方はコーヒーに含まれる生豆の量によって分類されている。

5% 以上生豆を使用しているものが『コーヒー
2.5% 以上 5%未満のものが『コーヒー飲料
1% 以上 2.5%未満のものが『コーヒー入り清涼飲料

また、コーヒー飲料でも
乳固形分3%以上のものは『乳飲料』と表示される。

前の記事

インスタントコーヒー

次の記事

缶コーヒー