フードファディズム
フードファディズム

フードファディズムとは、
食べ物が健康や病気など体に与える影響を課題に信じこむこと
科学的根拠もなく、課題に評価してしまうことをいう。

コーヒーで例えると、
数年前までは「コーヒーは胃に悪い」など
何の具体的な理由もなく迷信のように信じられている傾向があった。
これもフードファディズムの一種と言える。

また、最近では逆に「コーヒーはダイエットにいい」などの情報が飛び交っている。

これらは間違いではないかもしれないが、
フードファディズム要素が全くないわけではない。

フードファディズムに陥らないためには、
それらが単なる一事例に過ぎないのか、
またはちゃんとコンセンサスが得られたものなのか、
など多くの情報を得た上で判断する必要がある。

前の記事

エスプレッソ

次の記事

カネフォラ種