アラビカ種
アラビカ種

エチオピア原産のコーヒー豆の種類のひとつ。

コーヒー豆として
  • 市場の65%〜70%を占める
  • 高級で豊かな風味
  • 高温多湿、低温、霜、病気や虫に弱く、
    育てるのに手間がかかる
  • カネフォラ種と比較すると高値


味が洗練されており、手間もかかるため
残りの約30%の市場を占めるカネフォラ種と比較すると、
高値で取引されている。

植物的なこと
  • 1株で種子を作れる(受粉がひとつの木で行える)
    そのため、優れた種を植えれば優れた実ができるので「種」で植える
  • コーヒー豆の形は比較的かたちが左右対称で
    センターカット(コーヒー豆の中央の線)が端から端までキレイにある
  • アラビカ種の葉っぱは約15cm(カネフォラ種と比較すると小さい)

次の記事

レギュラーコーヒー