PAGE
TOP
2017.1.31

無印良品から、『豆から挽けるコーヒーメーカー 』新登場!

無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー 』

コーヒーハンターこと、川島氏
ハンドドリップで淹れるコーヒーの味を目指したという
無印良品豆から挽けるコーヒーメーカー

製品はツインバードが作っています。(←TV『ガイヤの夜明け』でやってました)


MUJI 無印良品

豆から挽けるコーヒーメーカー

無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー』

ポイントを簡単に紹介してみます。

1. ミルはフラットカッターミル採用

ミルは、2つのカッターを使用して、
コーヒー粉をカットするフラットカッターミルを採用。

プロペラ式(グレードグラインダー)と比較すると、
挽いたコーヒー豆の粒度が均一になっていることが特徴です。


一般的に、おいしいコーヒーを淹れるためには
挽いた豆の大きさが均一であればあるほどいいと言われています。



2. お湯の温度は87℃

コーヒーを淹れるお湯の温度は、
87℃で温度管理されるようになっています。
川島氏おすすめの温度だそう。



3. 蒸らし時間は30秒

蒸らし時間は30秒
こちらも川島氏監修。



4. お湯を外側から内側へ

無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー 』

お湯を外側から内側へ向けることで、
コーヒーフィルターにお湯があたることを防ぎます。


5. 保温機能は20分

コーヒーは、長時間保温すると味が劣化してしまうので
保温時間を短く設定しています。



6. タイマー機能

時間をセットしておくと、
指定した時間に豆を挽いて、コーヒーを淹れてくれます。




コーヒー豆をいれるところはこんな感じ。

無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー 』


抽出量は1〜3カップ
150~450mlです。

豆から挽けるコーヒーメーカー 型番:MJ‐CM1
ミル方式:フラットカッター方式
フィルター方式:カリタ式
挽き目調節:5段階(粗挽き、中粗挽き、中挽き、中細挽き、細挽き)
保温機能:75~80℃(20分後に自動OFF)
付属品:計量カップ、お手入れブラシ、コーヒーフィルター(5枚入り)


今日(2017年01月31日)から予約販売が開始されています。
商品が届くのは2月中旬以降順次。



価格は、税込32,000円(税込)です。




無印良品
無印良品 豆から挽けるコーヒーメーカー
MUJI 豆から挽けるコーヒーメーカー

,

  • siroca(シロカ)から、コーン式全自動コーヒーメーカーが登場!予約できて、デジタル画面操作に、本格ミル搭載!
  • Vitantonio(ビタントニオ)から、ミル付きの全自動コーヒーメーカーが登場です。
  • なんと、焙煎からドリップまでを全自動で行なう全自動コーヒーメーカー『CAFEROID カフェロイド』登場!!
  • 無印良品の、『Cafe & Meal MUJI オリジナルブレンドコーヒー豆』飲んでみました。
NEW ENTRY