コーヒーの味や香りは産地によって異なります。
コーヒーは赤道を中心に南北約25度の地域で栽培されています(コーヒーベルト)。

コーヒー生産地別の風味と特徴

コーヒーは生産地の気候や標高などの条件の違いから産地によって大きく風味が異なります。
産地の風味の違い、特徴などを知って自分好みのコーヒーに出会うのも コーヒー豆を選ぶ大きな楽しみのひとつです。
コーヒー世界地図

中南米

クセがなく飲みやすい
キリッとした鮮やかな風味
ブレンドのベースとなることが多い
コーヒー生産国
中米
  • グアテマラ
  • メキシコ
  • エルサルバドル
  • コスタリカ
  • ホンジュラス
  • ニカラグア
  • パナマ
  • キューバ
  • ドミニカ共和国
  • ハイチ
  • ジャマイカ
  • コロンビア
南米
  • ブラジル
  • エクアドル
  • ペルー
代表的なコーヒー豆
  • ブルーマウンテン
  • ハイマウンテン
  • ジャマイカ
  • クリスタルマウンテン
  • グァテマラアンティグア
  • コロンビアスプレモ

アフリカ

ブルーベリーやドライチェリーのようなフルーティな風味が特徴
温度によってはチョコレートのような風味のコーヒーもある
複雑な風味を持っていることが多い
香りの良い豆が多い
コクがありどっしりとしていて、
飲みごたえのあるものが多い
コーヒー生産国
アフリカ
  • イエメン
  • エチオピア
  • ケニア
  • タンザニア
  • コートジボワール
  • ウガンダ
代表的なコーヒー豆
  • モカハラー
  • モカマタリ
  • キリマンジャロ

アジア・太平洋

9割がロブスタ種を生産している
酸味が少ない
コクがあって重いのが特徴
寒い季節に美味しく感じられる
コーヒー生産国
太平洋
  • ハワイ
アジア
  • ベトナム
  • インドネシア
代表的なコーヒー豆
  • トラジャ
  • カロシ
  • ガヨマウンテン
  • マンデリン
  • ハワイコナ
Total 0 Share

見てくださって、ありがとうございます!

NEW
about coffee, coffee tools, coffeeware....
2018. 10. 2STARBUCKS COFFEE