PAGE
TOP
コーヒー豆の種類

KIND of COFFEE BEANS

コーヒーはアカネ科のコフィア属に属する熱帯植物です。
この植物にできる赤い実の種子が「コーヒー豆」となります。

コーヒー豆の種類

コフィア属の中でも多くの種類がありますが、現在市場に出回っているコーヒー豆の種類はこの2つです。

アラビカ種

エチオピア原産
コーヒー豆として
  • 市場の65%〜70%を占める
  • 高級で豊かな風味
  • 病気や虫に弱く、育てるのに手間がかかる
  • カネフォラ種と比較すると高値
  • アラビカ種のコーヒーの方がおいしい

カネフォラ種

中央アフリカ原産
コーヒー豆として
  • 市場の30%〜35%を占める
  • 味や風味の面でアラビカ種に劣る
  • 病気や虫に強く、丈夫なので育てやすい
  • アラビカ種と比較すると安値
  • カネフォラ種の代表的な栽培品種として「ロブスタ種」や「コニロン」がある
    カネフォラ種のことは一般的にロブスタ種と呼ばれることが多い。また、コニロンはブラジルで穫れるカネフォラ種で、生産量としては結構な量(約1,300万袋/年:2014年現在)生産されているがそのほとんどがブラジル国内で消費されるため市場に出回ることはほとんどない。
  • 味はチョット劣るけど安いよ
植物的なこと
  • アラビカ種の葉っぱは約15cm
    カネフォラ種と比較すると小さい
  • 1株で種子を作れる
    (受粉がひとつの木で行える)
    そのため、優れた種を植えれば優れた実ができるので
    「種」で植える
  • コーヒー豆の形は比較的かたちが左右対称で
    センターカット(コーヒー豆の中央の線)が端から端までキレイにある
植物的なこと
  • カネフォラ種の葉っぱは約22cm
    アラビカ種と比較すると大きい
  • 種子を作るには2株必要
    (違う木から受粉しなければならない)
    そのため、受粉した方の木が品質的に劣っている場合があるので、接ぎ木で育てる
  • 豆の形は少し厚みがあって丸っこい
    センターカット(コーヒー豆の中央の線)がまだらで
    形も均一でない
リベリカ種 について
少し前だと「リベリカ種」というのを聞いたことがある方も多いかもしれません。
リベリカ種は西アフリカの一部の国が消費しているだけで
現在は、ほとんど市場に出回っていません。

味は… とても個性的なコーヒーなのだそうです。

コーヒー豆に関する最近記事

  • 無印良品の、『Cafe & Meal MUJI オリジナルブレンドコーヒー豆』飲んでみました。
  • トフィーとコーヒーのお店 BALYET(バルイェット)の期間限定ドリップバッグ『CHOCOLAT』
  • 無印良品から、Café &Meal MUJIのオリジナルブレンドコーヒー豆が発売開始。
  • 秋元珈琲焙煎所のブレンドコーヒー
  • 2016年移転オープンしたMANLY COFFEE(マンリーコーヒー)でプラナチャイを。
  • コーヒーの新しい味『カスカラ』初めて飲みました、 『COFFEE COUNTYのCASCARA de Geisha』
  • 歴史がすごい! カフェーパウリスタがこだわった農薬不使用『森のコーヒー』
  • TRUNK COFFEE(トランクコーヒー)のケニア、カングヌファクトリー。
NEW ENTRY
SEARCH