PAGE
TOP

miyacoffeeのドリップケトル、使ってみました!

Made in 新潟県燕市、『miyacoffee』のドリップケトルを使ってみました。
今までにはない計算されたケトルの取っ手の位置に、どこか可愛らしいデザイン。実際に使ってみた感想をレビューしてみたいと思います。

miyacoffeeのドリップケトル

新潟県燕市で作られている
miyacoffeeドリップケトル

直火IH200V
ともに対応していて
何よりそのままドリップしやすい形状。

注ぎ口の直径は、なんと7mm


種類は、マットミラーの2種類あって
サイズも0.9リットル1.2リットルの2種類あります。

今回は、マットの0.9リットル、
何度も使ってみた感想を早速レビューしてみます。

細部をチェックしてみる


まずは、細部をチェックしてみたいと思います。

注ぎ口

まずは、気になるお湯の出てくる注ぎ口。

miyacoffee ドリップケトル

最近、このドリップしやすいように
こんな風にグイッと細くなっている
ドリップケトル、多いですね。


注ぎ口ですが、
横から見ると綺麗にビシッとななめ。

miyacoffee ドリップケトル


実際お湯を注ぐ時は
お湯は、この斜めに沿って注がれます。

miyacoffee ドリップケトル


蓋(フタ)


そしてフタ
きっちりしまり、湯気はここから出てきます。

miyacoffee ドリップケトル

蓋の取っ手のデザイン、かわいい。



持ち手


miyacoffee ドリップケトル

miyacoffeeのドリップケトルの特徴は
なんといっても、持ち手が上についているところ!

黒い部分は耐熱シリコーン樹脂を使用していて、熱くなりません。





、、、と、細部をチェックしてみたところで
次は実際に使った感想です。


早速使ってみる


お湯を沸かす

miyacoffee ドリップケトル

うちは、IH。
熱伝導がいいのか、
シュンシュン言い出すのが、早い気がします。


キッチンに置いた見た目も良い感じ。

ちなみに、取っ手は
驚くほど熱くならないんだけど、
湯気をでるところを横に向けると
湯気が取っ手にあたらず
なお、良い感じがしますよ。

miyacoffee ドリップケトル





ドリップ、ドリップ。

そして、ドリップ!!

先程も述べましたが
取っ手が全然熱くなりません。
ストレスフリーな感じ。

miyacoffee ドリップケトル

取っ手が上についているので
余計な力がいらず
思った以上にドリップしやすい。

miyacoffee ドリップケトル



そして、お湯は安定の細さで注がれます。

miyacoffee ドリップケトル

ドリップしやすい。


良い感じです。

何度も使ってみましたが、
今のところ文句なし。

すごく使いやすい。




完全にケトルなんだけど、
テーブルに置いても、絵になる。


miyacoffee ドリップケトル



お湯を沸かしてそのままって
思った以上に便利です。



miyacoffee ドリップケトル

Miyacoffee ドリップケトル

0.9リットル
 ミラー(MCO-1)/艶消し(MCO-3)
 サイズ:231×130×188
 価格:5,000円(税抜)

1.2リットル
 ミラー(MCO-2)/艶消し(MCO-4)
 サイズ:238×130×216
 価格:6,000円(税抜)





miyacoffee
Miyacoffee ドリップケトル
宮﨑製作所 ミヤコーヒー ドリップケトル

,

  • 約1分でホットコーヒーがアイスコーヒーに!Hyperchiller(ハイパーチラー)使ってみました。
  • ありそうでなかった1人用!cores(コレス)のシングルカップゴールドフィルター、使ってみました。
  • デロンギ、全自動コーヒーマシン『MAGNIFICA』のある生活。
  • ハリオのV60カパードリッパー、使ってみました。正直、いいです。
NEW ENTRY