PAGE
TOP
コーヒードリッパー

KEY クリスタルドリッパー使ってみました。

KEY COFFEEから発売された『KEYクリスタルドリッパー』、かなりリーズナブルなお値段なのも手伝って早速購入してみました。
早速使ってみた感想・レビューをまとめてみたいと思います。

KEY クリスタルドリッパー

2014年11月1日より発売になっている
KEY COFFEEのKEY クリスタルドリッパー
ゆたかなコクを安定的に引き出すというこの形は
キーコーヒーの技術の結晶なのだとか。


早速買ってみて、何度か使ってみました。



ちなみに、価格は550円(税抜)。
安い!
気軽に買えるお値段です。



では、さっそく。

ディテール

KEY クリスタルドリッパー


計量スプーンつきです。

KEY クリスタルドリッパー 計量スプーン

見て、触った感じは
思ったよりも分厚くて心地よい重み。

HARIOのプラスチックのドリッパーと比較してみると、
HARIOのより少し厚み・重み、ともにあります。

ダイヤ模様が、綺麗。
凹凸の高さは想像してたぐらい。


KEY クリスタルドリッパー

見て触った感じ550円以上。




淹れてみる

ドリップするにあたって
専用のペーパーフィルターもありますが、
円錐型ならなんでも使えそうなので
私は手持ちのペーパーフィルターを。

HARIO V6002(1〜4杯用)を使いました。

KEY クリスタルドリッパー

上のほうが結構はみ出るけど、
使う分には問題なさそう。



早速ドリップです。
このダイヤの形状ですが
こんな風にお湯が流れるそう。

KEY クリスタルドリッパー


まずは蒸らしの段階で様子をみます。

KEY クリスタルドリッパー

ダイヤの凸の部分でフィルターを支えてるイメージですね。



お湯を注いでいきます。

KEY クリスタルドリッパー

うーん…
見た感じはダイヤの形状にお湯が流れているかは
あんまり分からない。

当然なのかもしれませんが、
あの絵のようにキレイにはお湯は流れないみたいですね、

でもフィルターの接点がというのは、
とてもいい気がします。
お湯の流れがゆっくりになるから、
確かにコクがあるしっかりとしたコーヒーを淹れることができそう。

KEY クリスタルドリッパー

出来上がったコーヒー。


そう言われれば濃い目にはいってる気がするけど…
ハンドドリップだから味が変わることがあるから
コクがいつもと違う!!!とは断言できませんが…

でも、ちゃんとおいしい。



とにもかくにも、このお値段でこれはとてもいいな..
と思いました。


KEY クリスタルドリッパーは店舗(売ってる店舗と売ってない店舗がある)他、
オンラインショップでも売られています。


私は店舗で買いました。



KEY クリスタルドリッパー
Key クリスタルドリッパー
キーコーヒー クリスタルドリッパー

ドリッパーに関する記事

  • ハリオ V60透過ドリッパー、ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)別注カラーはブラック
  • Kalita(カリタ)のウェーブフィルター用ドリッパーに、波佐見焼の陶器ドリッパーが登場!セットできるコーヒーポットも。
  • BARISTA & CO(バリスタ アンド コー)、2016年秋に日本上陸!スタイリッシュで素敵です。
  • cores(コレス)から、1杯用のシングルカップゴールドフィルターが登場です。
  • Kalita × B:MING by BEAMSのTSUBAMEシリーズ、いいなぁ。
  • GLOCAL STANDARD PRODUCTSのツバメシリーズに、ラタンを巻いたシリーズが登場しています。
  • ブルーボトルコーヒーのドリッパーが新しく! 発売は12月5日から日米同時発売!
  • SHIPS Days別注、Kalita×TSUBAMEのドリッパーが限定再入荷!

関連記事: ,

  • ILCANA(イルカナ)× IFNi ROASTING&CO.コラボシリーズ、『MT.FUJI DRIPPER』と『マルチキャニスター』[レビュー]
  • miyacoffeeのシングルドリップを使ってみました[レビュー]
  • miyacoffeeのドリップケトル、使ってみました[レビュー]
  • cores(コレス)のゴールドフィルタードリップセット、 使ってみました[レビュー]。
NEW ENTRY
SEARCH